Podcast紹介 英語の勉強法

5分でOK!忙しい人の英語学習向け!お薦めポッドキャストとその使い方まとめ

 

今日は、お仕事や家事などで毎日忙しい方にぴったりの短時間の英語のポッドキャスト番組をご紹介します。そして5分でOK!な番組の組み合わせもご紹介。そしてそれを使った英語学習法もご提案します。

 

5分で聞けるポッドキャストの組み合わせ

組み合わせると5分になる3つのポッドキャスト番組をご紹介します。各ポッドキャストへのリンクは番組名に貼ってあります。

CNN Business Now(2分/ニュース)

CNNのビジネス関連のニュースの短いまとめ。たった2分

 

English, Baby!(1分/会話)

かなり速いダイアログですが、たった1分です。スラング多めでトレンディな話題満載。ダイアログの全文トランスクリプトつき。リンク先はモバイル版で、写真の下側に今日のレッスンのタイトルがありますので、それをクリックすると各レッスンへ行けます。下図の赤枠の文字がタイトルです。月曜から金曜まで毎日配信されますので、下図の写真とレッスンタイトルは変わります。ニワトリさん…

Method to One's Madness:一見無謀(めちゃくちゃ)な行動の裏にある合理性や綿密な計算

 

各レッスンページには、ダイアログの説明の「Introページ」、会話のスクリプトと音声の「Dialogue」のページ、ダイアログの内容に対する付加情報などの「Discussion」のページ、文法の解説の「Grammar Point」のページがあります。

お使いのデバイスなどにより、もしかしたらトップページへ戻れないかもしれません。上記でご紹介した「Grammar Point」の下にある「More Lessons」でレッスンのリストへと行くことができますので、そこから移動してください。

パソコン向けのページはこちらからどうぞ。オレンジの「!」マークが付いている箇所は無料会員か、有料会員になると使えます。日本のバンドのモンキーマジック(Monkey Majik)が話題に出ていたのでリンクしときます。

 

60-Second Science(2分/科学)

タイトルによると60秒のはずですが約2分の番組です。全文トランスクリプトつき。内容は専門的な雑学。例えば気候変動としろくま(Polar Bear)の関係とか、トカゲは赤色を見ると逃げるとかです。

 

3つ聞いてもたった5分!

以上、ご紹介した3つのポッドキャストを合計して5分です! 5分なら気軽に聞きやすいのではないでしょうか。

 

 

その他の短時間ポッドキャスト

代替となる他のポッドキャストもご紹介しておきましょう。ご自分で好みの番組を組み合わせて聞いてみましょう。時々、聞く番組を変えるのも気分転換になります。

WSJ Minute Briefing(1分/ニュース)

ウォール・ストリート・ジャーナルのポッドキャストで、ニュースを約1分程度にまとめている番組です。自動作成の全文トランスクリプトがウェブサイト上で見れます。1日に3番組が放送されます。全部聞いても3分。トランスクリプトは下図の赤枠で囲った「Show Transcript」をクリックすると出てきます。

下図のような番組ごとのページに行くと自動で音声が始まりますのでお気をつけください。上のタイトルに貼ってあるリンク先は、番組がリスト化されたページに行きますので音は自動では鳴りません。

 

BrainStuff(5分/雑学)

人気ポッドキャスト番組「Stuff you should know」と同じ製作チームが贈る5分程度の番組です。たまに時間が長い回もありますが、それでも10分以内。

内容は雑学的なもので、例えば「なぜアルミホイルを噛むと痛みを感じるのか?」とか「映画館のベストポジションはどの席か?」といった内容です。下記の音声は、「なぜドライアイスは危険なのか?」です。

 

Daily Easy English Expression Podcast(10分以内/会話)

アメリカ人の英語コーチ、シェーンさんのポッドキャスト「Let's Master English」の中の短い方のポッドキャストです。だいたい5分から8分くらい。スマホのポッドキャスト画面でダイアログ部分のトランスクリプトが確認できます。簡単な内容紹介もあるので英語を読む練習にもなります。毎回、英単語やフレーズを紹介して説明してくれます。

 

 

ポッドキャストを使った英語学習の方法

これまでにご紹介してきたポッドキャスト番組を使った英語学習方法をご提案します。私だったらこうするかなぁ…というやり方。

超簡単な学習方法:ただ聴くだけ!

え?って思うかもしれませんが、ただ聞き流すだけでも効果はあります。よく「1年聞き流しても英語が聞こえるようにならないでしょう?聞き流しは効果ありません!」と巷では言われていますが、そんなことはありません。私に言わせれば(1年で英語を完全に理解しようとか、どんだけ尊大なんだ!日本語の方言でも理解するのに1年はかかるって。)ですよ。

特に忙しい方は、英語のための時間をなかなか取れないと思うので、聞き流しは主力学習法にぴったりです。私は英語は質より量だと実感しているので、とにかく聞き流しでいいので聞くことをお勧めします。疲れたり嫌になったら止めればいいのです。気楽に聞いてください。どんどん聞いて英語の音やリズムになれましょう。

 

2番目に簡単:1個だけ単語を調べる

もし余力があったら、ちょっとだけ行動を付け足してみましょう。使っているデバイス(スマホやタブレットなど)に、マウスオーバー辞書を入れて、トランスクリプトのあるポッドキャストの文章から分からない単語をひとつだけ調べてみましょう。私はiPhoneを使っていますが、ポップアップ英語辞書の無料版を使っています。広告がちょっとうざいときもありますが、それなりに使えてます。

POP UP 英語辞書とTwitterのニュースで、気楽に英語が続けられる気がする

5分間だけポッドキャストを聞いて、1個だけ単語を調べる。これを続けてください。嫌になったらやめてOKです。疲れているときは聞き流すだけでOK。無理にやるようなことでもありません。

 

3番目に簡単:ちょっと英文を読んでみる

さらに余力があれば、スマホなどのポッドキャストの画面に出てくる番組説明や、レッスン内容、トランスクリプトなどを読んでみましょう。全部読む必要はありません。疲れちゃいますからね。1文だけでもOKです。

 

1年続けば、そこに新しいなにかが待っている

これまでご紹介してきた短時間で聞けるポッドキャストを組み合わせ、毎日5分間英語を聞き、さらにご提案した方法を付け加えても10分くらいで終わります。もちろん、それ以外のこと(TOEICの勉強など)もやっていただいて大丈夫です。

この10分間を、気軽に、無理せず、時にはお休み期間を入れながら続けると、1年後に、今までになかった新しい感覚のようなものを手に入れることができるかもしれません。訪れる変化は人それぞれだと思いますが、それは英語を聞いたり読んだりしていない人には訪れない変化なのです。

第二言語を学ぶということがどういうことなのか、英語とはどういう言語なのか、英語が理解できるというのはどういう感覚なのか、そんなことが体験できるのではないかと思います。時間と余力のあるかたは、どんどん英語を聞いたり読んだりしてください。もちろん書いたり話したりもしてください。

もし1年間続けることができたら、ぜひこのブログのコメント欄に感想を書いてください。私に訪れた変化が他の方にも訪れるのか興味深いです。私ももうすぐ英語をやりはじめて3年目が終わります。ポッドキャストを聞きはじめて2年ですが、まだまだ学ぶことは多いです。一緒に頑張りましょうー!

 

-Podcast紹介, 英語の勉強法
-

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...