ビットコイン・ニュースで英語も学ぶ

ビットコイン・ニュースで英語も学ぶ!① 7,000ドルとか余裕で突破する(smash)もんね!

 

最近になって仮想通貨関連の英語のニュースを読み始めたのですが、読みながら(これって英語の勉強にいいような気がする…ビットコインとかに興味のある人なら、英語で情報とったほうが速いし!)と思ったので、企画好きの私はさっそくブログ上の企画物にしてみました。

やり方を色々考えたのですが、あまり堅苦しく考えずに、出たとこ勝負でやってみて、飽きたらやめるという方法に決定!目についた単語やフレーズをちょこっと紹介していこうかなと思います。

タイトルは「ビットコイン・ニュースで英語も学ぶ!」ですが、正確には「英語のビットコイン・ニュースを読んで情報収集しながら、ついでに英語も学ぶ!」です。ついでにやっちゃいましょう!

とはいうものの、まだ英語をやりはじめて3年ほどの私ですから、あまり高度なことを自分にもとめてもしかたありません。3年生の内容でやっていきたいと思います。

さて、ビットコイン関連のニュースの特徴は…

  1. ニュースなので分かりやすい英語で書かれている
  2. 同じ単語が出てきやすい
  3. 英語が分からなくても、既に知っている関連知識で補える

 

以上のような点から、英語学習に向いているのではないかと思います。情報を得たい!という気持ちがある方が多いでしょうから、よく言われるモチベーションがどーたらこーたらという問題に悩むことも少なくなります。

↓は私の個人的な意見です。

モチベーション維持を考え始めたら、既にその計画は失敗している。

 

英語学習向けポッドキャストのESL Podcastのジェフさんも、「シリーズ物の小説を読むのがオススメ!」とアドバイスしてくれていました。ビットコイン関連ニュースもシリーズ物の小説と似たようなものです!

先に申し上げておきますが、私は「仮想通貨は今後世界的に禁止され、ブロックチェーン技術だけが生き残る」という予想をしていますので、ご了承くださいませ。

さて、栄えある第一回目の今回は、ビットコインの価格が初の7,000ドル超えを記録したのを記念して、それ関連の単語を選んでみました。

 

 

How big can this bubble get? Bitcoin has smashed through $7,000 for the first time

このビットコイン・バブルはどれほど膨らむ?(大きくなることができるのか?)

ビットコインが初めて7000ドルを突破した!

through:通って、貫いて

 

has(have)+過去分詞で現在完了形になるのですが、日本語にない言い方なので、現在完了の感覚を理解するのはなかなか難しいと思います。ですので

「現在完了とか分からない!」という方は、haveやらhasを無視して読んで下さい。重要なのは"smash"という動詞です。

それじゃあんまりです!という方は、「今、動詞が示す状態を持っている(have)」と考えてください。色々とニュースなどを読んでるうちに慣れてきますから、いま感覚が掴めなくても気にしなくてOK!

"smash"は、スマッシュで日本語でもよく使われますよね。テニスのスマッシュを決めるとか。"smash"は、粉々にする、粉砕する、打ち砕くといった意味で、名詞として使うと粉砕、強打、破壊といった意味になります。

 

smash 打ち砕く 粉砕する

 

"smash"の後ろにある"through"は、「通って、貫いて」といった意味でよく出てくる単語です。「7,000ドル(という大きな壁)を(スコーンと)打ち砕いて貫いた!」という躍動感を感じてください。

超えるのが困難と思われる難所、今回の場合は価格帯を突き破ったという状態を表す表現が、本文の中にもでてきます。

The price of bitcoin broke through(突破した) $7,000 for the first time in trading today, pushing the cryptocurrency’s gain(仮想通貨の利益) so far(これまでのところ) this year to well over (大幅に上回る)600%. (At the time of writing, in fact, bitcoin is trading above $7,300, a gain of more than 8% on the day.)

ビットコインの価格が本日の取引で、初めて7,000ドルを突破しました。仮想通貨の利益の上昇は、今年はこれまでのところ600%を大幅に上回っています。(この記事を書いている時点で、実際の所ビットコインは7,300ドルを超えており、利益は今日でさらに8%増えました。)

break through:押し通る、切り抜ける、突破する

broke:「壊す、切断する」という意味の動詞 break の過去形

 

こちらにも"through"がついてますね。壊して(broke)通った(through)というイメージで読んでください。

さて、どこまでビットコインの値段は上昇するのでしょうか?考えると面白いですね!

では、また!

 

 

 

-ビットコイン・ニュースで英語も学ぶ
-

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...