糸電話のむこうから英語

Podcastで英語を勉強!

*

ESL Podcast

【ESL】English Café 537-3:スプリームス(The Supremes)

English Café537のふたつ目の話題で女性ボーカルグループのザ・スプリームス(The Supremes)についてです。今回は超長いです!気の向くままに書いてしまいました。

この前のお話と重要単語リストは以下のリンクからどうぞ。

English Café 537-1:詩人ウォルト・ホイットマン+重要単語

English Café 537-2:詩人ウォルト・ホイットマン

 

ザ・スプリームス

(The Supremes)

ザ・スプリームス(The Supremes)は、アメリカの黒人系女性ボーカル・グループ。1959年結成、1977年解散。

日本では従来、 supreme (「最高位の、最大級の」の意)の英音 [s(j)ʊpɹíːmz, s(j)uː-] から“シュープリームス”と表記されていた。近年は米音 [səpɹíːmz, sʊ-] に近づけて“スプリームス”と表記する例が多いが、より正確には“ザ・スプリームズ ”である。

Wikipediaより

 

2番目の話題、女性ボーカルグループ「ザ・スプリームス:The Supremes」に移りましょう。

究極という名のグループ

supreme:究極の、最高の

“supreme”は、最高のレベル、この上ないもの(the greatest)を意味します。

 

Supreme Court:(州・連邦)最高裁判所

ここアメリカには、最高裁判所(Supreme Court)と呼ばれる最高位の法廷(legal court)、法的な組織体(legal body)、司法制度(judicial system)があります。

ほとんどの州には州の最高裁判所があります。

最高裁判所(Supreme Court)連邦の裁判制度における最高裁は「U.S. supreme court」.州の裁判制度における最高裁の呼称は,一般には「supreme court」であるが,マサチューセッツ州他では「Supreme Judical Court」,ニューヨーク州のみ「Court of Appeals」

weblioより

 

デトロイト出身のグループ

ザ・スプリームスは、この時期に活動した多くの有名な音楽グループ同様、ミシガン州のデトロイトで活動を始めました。デトロイトはある音楽スタイルで有名になった場所です。

The singing group the Supremes began, as many famous musical groups did during this period, in Michigan, in the city of Detroit, Michigan, which became famous for a certain style of music.

重要な箇所だけにすると、

The Supremes began in the city of Detroit.

 

☑付加情報のコンマ

↑の文章のコンマの間は説明の付け足しです。読みにくい場合は飛ばしちゃいましょう

コンマについて参考になるページ:英語雑貨屋 Comma ,

 

☑名詞の形容詞的用法

「The singing group」「the Supremes」も名詞です。名詞が並んでいる場合は最後の名詞を前にある名詞が修飾します。日本語の「の」を名詞の間に入れると意味が取りやすいです。"of"が使われる方が一般的な単語もあります。

例: apple pie:林檎のパイ、アップルパイ

   baseball game:野球の試合

 

☑関係代名詞と関係副詞の違い

whichのとこです。デトロイトについての説明です。

参考になるページ:進研ゼミ、関係副詞と関係代名詞

 

ミシガン州はアメリカの中東部に位置し、カナダとの国境(border)に接しています。

デトロイト

デトロイト

 

黒人女性3人からなるグループ

スプリームスは3人の黒人女性、アフリカ系アメリカ人女性のダイアナ・ロス(Diana Ross)、フローレンス・バラード(Florence Ballard)、メアリー・ウィルソン(Mary Wilson)からなるグループです。

record label:レコード会社

この若い3人の女性は、モータウン・レコード(Motown Records)というレコード会社と1961年に契約(sign)をしました。

“record label”は基本的にレコードを製作し(録音した音源を製作する)、それを販売する会社のことです。

 

Motown:デトロイトの通称

“Motown”は、“Motor Town”もしくは“Motor City”が短縮されたもの(shorten version)です。デトロイトはよくそう呼ばれますが、車の巨大メーカーがデトロイトにあるからです。

少なくともかつてはそうでした。

They used to be.

かつてはそうでした。

色々なused toの意味

○used to不定詞~:かつては~だった、以前は~していた

例:I used to have a cat.

以前、猫を飼っていました。

○be used to~(名詞/動名詞):~に慣れている

例:I am used to spicy food.

スパイシーな料理に慣れています。

○get used to~(名詞/動名詞):~に慣れる

例:I got used to learning English.

英語を習うことに慣れました。

○not used to~(名詞/動名詞):~に慣れていない

例:I was not used to learning English.

英語を習うことに慣れていませんでした。

☑used toの発音は濁らない

I used his computer. ゆーずどぅ(どぅはごく小さく発音)

I used to play basketball. ゆーすとぅ

参考になるサイト:phrase-phrase.me

 

デトロイト(英: Detroit [dɨˈtrɔɪt]は、アメリカ合衆国ミシガン州南東部にある都市。

元々、馬車や自転車製造が盛んだったが、1899年に自動車工業が興る。そして1903年にヘンリー・フォードが量産型の自動車工場を建設、「T型フォード」のヒットとともに全米一の自動車工業都市として発展した。後にゼネラルモーターズクライスラーが誕生、フォード・モーターと共にビッグ3と呼ばれた。市はモーターシティと呼ばれるようになり、全盛期には180万の人口を数えたが、その半数が自動車産業に関わっていた。

Wikipediaより

 

モータウン・レコードの歴史

モータウン・レコードはこの時期最も有名なレコード会社でした。この会社の多くのアーティスト、シンガーはアフリカ系アメリカ人でした。

モータウン・レコードは1959年に設立され、この時代の一部のアフリカ系アメリカ人シンガー達の象徴(represent)ともなりました。

所属したシンガーには、マーヴィン・ゲイ(Marvin Gaye)、スモーキー・ロビンソン(Smokey Robinson)、後のスティービー・ワンダー(Stevie Wonder)、そしてマイケル・ジャクソン(Michael Jackson)などみなさんが聞いたことがあるかもしれないシンガー達が含まれます。

スプリームスはモータウン・レコードでレコードを録音し始めてから、すぐ(immediately)には成功しませんでした。

彼女たちは人気が出るまでに、ある意味(in a way)彼女たち自身の特徴的な音楽(signature sound)を創り上げる(develop)までに、色々な音楽を試し(try out)それには3年ほどかかりました。

It took them about three years of trying out different songs before they began to become popular,

It takes 人+○時間~:人が~するのに○時間かかる

 

signatureの意味1:興味を起こさせるもの

”signature”は、興味を起こさせるもの(interesting one:oneは代名詞)のことです。

独特(unique)のもの、特別(special)なもの、今回の場合でしたら独特で特別な音楽グループのことです。

oneとthingの違い

interesting と interestedの違い

 

signatureの意味2:署名、サイン

”signature”は自分の名前を紙に書くことも指します。

 

“Where Did Our Love Go”でブレイク

1964年にスプリームスは彼女たち独自のサウンド(signature sound)からなる(contained:含む)曲の発売を開始しました。

その曲は“Where Did Our Love Go”という曲で、彼女たちをアメリカで最も人気のあるグループのひとつに押し上げ(helped make)ました。

it helped make the Supremes one of the most popular music groups in the United States.

通常は動詞がふたつ連なることはありませんので、上記の文の”make”は原形不定詞となります。原形不定詞は「to がつかない不定詞」のことです。

「to不定詞」と「原型不定詞」の使い分けは、ニュアンスの違いから来ているようです。

上記の文だと、発売した曲が徐々に売れていって人気グループになったというより、発売してすぐさまガツン!!と有名になったといったニュアンスでしょうか。「help to make」より「help make」のほうが勢いがあるような気がします。

help 動詞の原型について Yahoo!知恵袋より

helpの後のtoが省略されるのはなぜ?Yahoo!知恵袋より

 

The supremes where did our love go

 

sophisticated:洗練された、上品な、おしゃれな

彼女たちは単に人気のあるグループというだけではく、洗練された(sophisticated)若いアフリカ系アメリカ人のシンガーでもあると考えられていました。

They were considered not just a popular group, but a group of sophisticated young African American singers.

not just ~ but…:~だけではなく…も

 

”sophisticated”は普通は、世界のことや文化、芸術、文学(literature)について多くの知識を持っている人物について触れる際に使われます。

ここではおそらく(※”sophisticated”は)、やっている音楽がとてもよい音楽家たちのことを指していて、スプリームスに関して言えば確かにそれは本当だったのです。

 

公民権運動にも影響を与える

スプリームスが果たしたことのひとつは、1960年代の他の人気音楽グループと共に(along with)、アフリカ系アメリカ人のコミュニティの異なるイメージを人々にもたらし、同時期に起こっていた(take place)公民権運動(civil rights movement)の重要性の理解を人々に促したことです。

(One of the things the Supremes helped do,) along with other popular musical groups during the 1960s, is to give people a different image of the African American community, to help them understand the importance of the civil rights movement that was taking place during this same period.

カッコ内が主語。コンマ間は補足説明。簡単にすると↓

The things is to give people a image, to help them(people) understand the importance of movement.

 

彼女たちの歌には、1964年に発表された有名な曲“Baby Love.”もあります。

The Supremes Baby Love

 

1965年には、“Stop! In the Name of Love.”を発表。

Diana Ross & The Supremes - Stop! In The Name Of Love

 

1966年には現代でも映画の中でよく聞く曲“You Can’t Hurry Love.”が発表されました。

The Supremes: You Can't Hurry Love

 

これらすべての曲に言えることは、素晴らしいポップソングだったために、のちに他のバンドやミュージシャンたちによって歌われたということです。

 

次々に去るメンバー達

1967年に、スプリームスはいくつかの究極(supreme)の問題を抱え始めます。グループのメンバー間で争いが始まったのです。そしてそれは一緒に活動することを難しくさせました。

1967年にはフローレンス・バラードが去り、他のシンガーであるシンディ・バードソング(Cindy Birdsong)に取って代わられ(replace)ました。

 

ついにダイアナ・ロスも脱退

しかしこれで問題が終わったわけではなく、1970年にはついに最も有名なシンガーだったダイアナ・ロスがソロ活動をするためグループを去りました。彼女は1970年代のビッグスターになりました。

Diana Ross became a big star in the 1970s by herself and continued to record records right up through the 1980s.

right up ~:トップクラスで

 

「ロックの殿堂」入りを果たす

1988年にスプリームスはロックの殿堂(Rock and Roll Hall of Fame)入りを果たしました。この組織はロック界の素晴らしい人達を選んでいます。

スプリームスが活動したのはどちらかといえば(relatively)短い期間だったにも関わらず(Despite)、彼女たちのクラシックな歌は1960年代から今だに記憶されています。

 

にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ

-ESL, Podcast
-, ,