糸電話のむこうから英語

Podcastで英語を勉強!

*

ESL Podcast

【ESL Podcast】 1238:実験を台無しにしたヤツは地獄に送ってやる!Making Accusations

ESL Podcast 1238 – Making Accusations」です。これまでのESLPodcastのレッスンは以下のリンクからどうぞ。

ESL記事一覧 

ラーニングガイド(有料)の「CULTURE NOTE」は、「ロスアラモス国立研究所The Los Alamos National Laboratory」でした。

 

Making Accusations

6211600207_b889d09219_oPhoto:Candle experiment

 

Pierre: What happened here?!

ここでなにが起こったんだ!?

 

Marie: It looks like somebody trashed*1 your experiment*.

誰かがあなたの実験*めちゃくちゃにした*1みたいね。

to trash:めちゃくちゃに壊す;物理的に傷つける・ダメージを与える・めちゃくちゃにする(ruin)・破壊する

experiment:科学的な実験;科学的な工程で検査をする、科学的な工程で仮説(hypothesis)や理論を確かめる(confirm)

 

Pierre: It’s ruined, completely ruined.

めちゃくちゃだね。徹底的にやられたよ。

to ruin:めちゃくちゃにする、台無しにする、荒廃させる;価値をなくすために損害を与える

completely:完璧に、完全に、徹底的に

 

Marie: Who could have done this? Why are you looking at me like that?

誰かこんなことできたのかしら?なぜそんな風に私を見るの?

 

Pierre: Very few people have access to this lab*1 and even fewer know which of these experiments is mine. Whoever did this knew how to do maximum* damage.

ほんの僅かの人しか、この研究室*1に入れないからね。この実験を僕がやってるのを知ってる人は、さらに少ないんだよ。こんなことをしたヤツが誰であれ、最大限の*ダメージの与え方を知ってたんだ。

lab:実験室(laboratory)

whoever:誰でも、≒ anybody who

maximum:最大限、最大量、最大数、最高得点

※"Whoever did this"までが主語でknewが主語

 

Marie: And you’re accusing*1 me? I helped you with that experiment. I’d sooner* ruin my own work than intentionally*3 damage someone else’s, much less*4 yours. What would be my motive*5?

で、私がやったんじゃないかって責めてる*1のね?私はこの実験に協力してたのよ。どちらかと言えば*、私は自分の実験を台無しにしたいわね、他の人の実験を故意に*3駄目にするよりは。ましてあなたの実験を台無しになんてしたくない*4わ。私にどんな動機*5があるっていうのよ?

to accuse:告発する、訴える;責める、非難する;誰かが悪いことをした・法をやぶったと言うこと

I’d sooner:I would sooner、私はどちらかというと~がいい、≒I’d rather、申し出や提案を受けたくないという強い意向(preference)を表すときに使うフレーズ

intentionally:故意に、意図的に

much less:まして~でない;既に述べている事が受け入れられる量や適切な量よりまだ少ないことを示すときに使われるフレーズ

motive:動機、真意、誘因、原動力となるもの

 

Pierre: Maybe you gave me a little too much help and now my work is outshining yours.

たぶん君は僕の実験に関わりすぎたんだよ。で、君の研究より僕のほうが優れてしまったってことなんじゃないの。

to outshine:より優秀である、より性能が優れている、よりよい業績を上げる

 

Marie: Your suspicions*1 are completely unfounded*. I’ve never been jealous*3 of any attention you’ve received. You’re totally off base*4.

あなたの疑い*1はまったく根拠がない*じゃないの。あなたが注目されてることになんか、全然嫉妬して*3ないし。まったくの見当違いよ*4

suspicion:~ではないかと気づくこと・感づくこと、証拠などがないにもかかわらず真実であると信じること;疑い

unfounded:根拠の無い、事実無根の、理由のない

jealous:嫉妬深い(envious)、うらやむ、ねたむ

off base:論理的な根拠や関連なしに、論理(logic)や理性(reason)なしに、理性や根拠なく;野球の塁から離れている≒推量などからかけ離れている

※"any attention"の説明が"you’ve received"で、「あなたが受けているどんな注目にも、私が嫉妬をした状態(been)だったことはありません」

 

Pierre: Maybe you’re right. I’m sorry. I just can’t believe what’s happened.

まあ君が正しいんだろうね。ごめんよ。ただ起きちゃったことが信じられないんだ。

 

Marie: I’d be upset, too, but let’s not do any more finger-pointing*1. We need more information before we accuse or exonerate* anyone. Let’s try to stay calm.

私に同じことが起こったら、きっと私も腹を立ててると思うわ。でも責任転嫁*1はもうやめましょうよ。誰かを非難したり、容疑を晴らし*たりする前に、もっと情報が必要よ。ちょっと落ち着きましょう。

upset:否定的な感情すべてを指す、怒っている、イライラしている

finger-pointing:非難の転嫁;落ち度の責任のすべて(all blame)が他の人にあるとはっきりさせる(to clear)、特に根拠や証拠なく言う時に使う言葉

to exonerate:容疑を晴らす、(非難・責任などから)解放する、無罪にする

calm:落ち着いた、静かな、平静な

 

Pierre: Yes, of course, you’re right. Hey, what happened to your workspace? It looks like it’s been tampered with.

もちろんだよ。君の言うことが正しいよ。あれ?君の仕事場になにが起こったんだい?引っ掻き回されたようにみえるよ。

to tamper with:もてあそぶ、引っ掻き回す;損害を与えるような否定的なやり方で邪魔をする、結果や機能を別な方法で変える

to tamper:勝手に変更する、いじりまわす

 

Marie: What?! I’ll kill whoever did this! I’ll kill them!

なんですって?これをやったのが誰であれ殺してやる!やってやるんだから!

 

to trash:めちゃくちゃに壊す

動詞の"trash"は、破壊する、めちゃくちゃにする、壊すという意味で、くだけた表現です。名詞の"trash"は、がらくた(garbage, junk)という意味になります。

新聞がホテルの部屋を壊したロックスターのことを書くとしたら以下のように書くかもしれません。

The members of the band trashed the hotel room.

to ruin:めちゃくちゃにする、台無しにする、破壊する

"to ruin"は、物理的な物体などを破壊する、未来に繋がる好機やチャンスを台無しにする、という両方の意味でよく使われる言葉です。

料理に塩をいれすぎてしまう、就職の面接に水着のビキニでいく、こういったものは全部"to ruin"で表現できます。ビキニは特に男性の場合だと申し添えておきましょうね。(※ジョークです。たぶん)

to ruin your chances:チャンスを台無しにする

仕事を得るチャンスや可能性を台無しにする(to hurt or harm your chances)という意味です。

"maximum"の反意語は"minimum"

最大限、最大数・量の、という意味の"maximum"の反対の言葉は最小限の、最小数・量のという意味の"minimum"です。

"intentionally"の反意語は"accidentally"

故意にやるという意味の"intentionally"の反意語は、偶然にという意味の"accidentally"です。

I’d sooner do X than Y.

"I’d sooner do X than Y."というフレーズは、どれほどやりたくないか、やりたくなかったかを表現するものです。「むしろXがやりたい、Yをやるよりは」という意味です。

 

 

にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ

GLOSSARY

to trash:めちゃくちゃに壊す;物理的に傷つける・ダメージを与える・めちゃくちゃにする(ruin)・破壊する

experiment:科学的な実験;科学的な工程で検査をする、科学的な工程で仮説(hypothesis)や理論を確かめる(confirm)

to ruin:めちゃくちゃにする、台無しにする、荒廃させる;価値をなくすために損害を与える

lab:実験室(laboratory)

maximum:最大限、最大量、最大数、最高得点

to accuse:告発する、訴える;責める、非難する

I’d sooner:私はどちらかというと~がいい、≒I’d rather、申し出や提案を受けたくないという強い意向(preference)を表すときに使うフレーズ

intentionally:故意に、意図的に

much less:まして~でない;既に述べている事が受け入れられる量や適切な量よりまだ少ないことを示すときに使われるフレーズ

motive:動機、真意、誘因、原動力となるもの

to outshine:より優秀である、より性能が優れている、よりよい業績を上げる

suspicion:~ではないかと気づくこと・感づくこと、証拠などがないにもかかわらず真実であると信じること;疑い

unfounded:根拠の無い、事実無根の、理由のない

jealous:嫉妬深い(envious)、うらやむ、ねたむ

off base:論理的な根拠や関連なしに、論理(logic)や理性(reason)なしに、理性や根拠なく;野球の塁から離れている≒推量などからかけ離れている

finger-pointing:非難の転嫁;落ち度の責任のすべて(all blame)が他の人にあるとはっきりさせる(to clear)、特に根拠や証拠なく言う時に使う言葉

to exonerate:容疑を晴らす、(非難・責任などから)解放する、無罪にする

to tamper with:もてあそぶ、引っ掻き回す;損害を与えるような否定的なやり方で邪魔をする、結果や機能を別な方法で変える

 

-ESL, Podcast
-,