ESL Podcast

ESL Podcast English Café 579-2:質問コーナー, on purpose, deliberately, intentionally; moderately, sparingly; understatement of the century

animal-339400_640

ESL Podcast English Café 579」の2つ目の話題の「質問コーナー」の要約です。同じ回の他の話題については以下のリンクからどうぞ。

English Café 579-1:マイノリティ・リポートもブレードランナーもトータル・リコールも創り出したのは彼, フィリップ・K・ディック, Philip K. Dick

English Café 記事一覧

ESL記事一覧

 

今回の上記の写真は、内容にまったく関係ありません。質問コーナーはいつも写真選びが難しいんですよねー。内容に合った写真が見つけられないというか、思いつかなかったので、もうねこさんの写真でいいや!ということになりました。おばか系が好きです。

Huluで、スタートレック(2009)を見ていたんですが、どうもヤング・スポックに見覚えが…。どうしても思い出せなくて後で調べたら、なんとHEROESのサイラー(ザカリー・クイント)でした!なるー。

 

on purpose, deliberately, intentionally

最初のご質問はウクライナ(Ukraine)のアレックスさん(Alex)からで、"on purpose", "deliberately", "intentionally"という3つの言葉の意味を知りたいそうです。

この3つの言葉は、非常に関連性が高い言葉です。

 

on purpose:故意に、わざと、意思をもって

"on purpose"とは、計画してやるという意味です。

 

intend:意図する、もくろむ、~するつもりである

意図的に(intended)行ったのです。

この言葉は、通常、誰かが行った悪いことについて話すときに使います。

例えば、誰かがあなたのことを殴って(hit)、次のように言ったとします。

Oh, I'm sorry.

ごめんね

That was an accident.

偶然なんだ

I didn't mean to do that.

殴るつもりはなかったんだよ

That wasn't my intention.

わざとじゃないからね。

 

殴った相手が上記のように言ったとしても、あなたは次のように思うかもしれません。

 

No, you did that on purpose.

いやいやいや、わざとやったでしょ。

You wanted to do that.

殴りたかったんだよね。

 

consequence:結果、なりゆき

ということで、"on purpose"というのは、普通は良くない結果(negative consequence)を引き起こした行動を言い表す際に使われます。

 

deliberately ①:故意に

"deliberately" も "on purpose" と同じような意味を持ちます。

計画したり意図したりして、なにかを行うという意味です。

良いことにも悪いことにも使えます。

 

deliberately ②:慎重に、ゆっくりと

"deliberately"には他の意味もあります。

ゆっくりと(slowly)、慎重に(carefully)という意味です。

意図的に(on purpose)なにかを行うのではなく、正確に(correctly)行うために、ゆっくりとたいへん慎重に、じっくり計画して(planned)なにかを行うという意味です。

 

intentionally:故意に、意図的に

"intentionally"も、"deliberately" や "on purpose" と同じような意味を持ち、それは計画したり意図を持って行うという意味です。

"intentionally"は "deliberately"のように、良い影響(positive impact)があった場合でも、悪い影響(negative impact)がもたらされた場合にでも使えます。

ですがおそらく、多くの場合は悪い結果(negative consequence)がもたらされた場合に使われているようです。

He intentionally hit me.

彼は私をわざとなぐった。

 

accidentally:偶然に、ふと、事故で

"intentionally"と"on purpose"の反対の言葉は、"accidentally"です。

つまり、故意ではないという意味です。

やりたくはなかったけれど、誤って(by mistake)起きてしまったことなのです。

 

 

moderate, moderately, sparingly

次のご質問は、イギリス(United Kingdom)のジュネーッシュさん(Jnanesh)からで、"moderate"もしくくは"moderately"、そして"sparingly"の意味が知りたいそうです。

"moderately"には、2、3の異なる意味があります。

 

moderately ①:適度に、程よく、控えめに

"moderately"の最初の意味は、極端なやり方(extreme way)ではやらない、中ぐらいの程度(medium of degree)でやる、というものです。

 

moderate:節度のある、穏健な

"moderate"は、中ぐらいの状態である、という意味です。

 

moderates :(政治)穏健派、中道

政治上では、右だ左だ(the left or the right)と言ったりします。

これはリベラル派か保守派か(liberal or conservative)という意味です。

そして、この両派の中間に位置する人達のことを、穏健派(moderates)と呼びます。

 

moderate ②:高価ではない、手頃な値段の

"moderate"には、非常に高価というわけでもなく、安いというわけでもないという意味があります。

 

sparingly:控えめに、節約して、かろうじて

"sparingly"は、あまり多くではない(not very much)という意味です。

あまり頻繁(frequently)には使われていないのです。

My boss gives me praise but he does it very sparingly.

ボスは褒めてくれるけど、すごくたまにかな。

ボスはあまり頻繁には褒めてくれないのです。

 

Use salt sparingly:塩を少々

お料理のレシピに、"Use salt sparingly"と書いてあることがあります。

Use salt sparingly.

塩を少々入れてください。

 

liberally:気前よく、寛大に、大量に

"sparingly"の反対の言葉は、"liberally"です。

注意していただきたいのは、ここでの"liberally"の使い方は、政治的な用語ではないということです。

保守的な(conservatively)ことに対する自由さ(liberally)の意味で、ここでは使っていません。

"conservatively"は状況によっては、"sparingly"の代わりに使えますが、でも大統領選での投票先とは関係ありません。

conservatively:伝統的な、保守的な、地味な、控えめな

 

 

understatement of the century

最後のご質問は、インドのパヴィスラさん(Pavithra)からで、"understatement of the century"というフレーズの意味が知りたいそうです。

 

understatement:控えめに言うこと、控えめな表現

"understatement"とは、事実や状況が実際よりも、重要さが欠けているように、あるいは影響が小さいように言うことです。

例えば、サッカーの試合が10対0だったとしましょう。

次のように言うと、それは控えめな表現(understatement)になります。

Well the team that lost, lost by only a little bit.

んー、うちのチームは負けちゃったけど、僅差で負けたね。

もちろん、僅差なんかじゃなりませんよね。

10点(10 goals)も取られてるんですから。

 

overstatement:誇張していうこと、誇張、大げさな言葉

控えめな表現(understatement)の反対は、誇張した表現(overstatement)です。

実際より、重要度がより高いように言うことです。

例えば私が以下のように言ったとしましょう。

Harrison Ford was the greatest actor of the twentieth century.

ハリソン・フォードは、20世紀の最も優れた俳優でした。

これは、たぶん誇張した表現(overstatement)になるでしょう。

彼はいい俳優ですけど、でもたぶん20世紀の最も優れた俳優ではないんじゃないでしょうか。

※Dr. McQuillanは、ブラピに甘く、ハリソン・フォードには厳しいですね。これはたぶん、スタートレック派とスターウォーズ派の隠れた戦いの一環じゃないでしょうか。maybe。私は異世界派なのでノーコメントです。

 

century:1世紀、100年

"understatement of the century" の中の "century" は、1世紀、100年という意味です。

1900年から1999年が、20世紀です。

 

the understatement of the century

さて、今まで説明してきたことを一緒にしてみましょう(put together)。

"understatement of the century"とは、ものすごく控えめに言う、という意味です。

※「今世紀ナンバーワンの控えめさ」といったかんじでしょうか。

 

Bill Gates has enough money to buy a new house here in Los Angeles.

ビル・ゲイツはここロサンゼルスに、新しい家を買うのに十分なお金を持っている。

上記の言い方は、たぶん控えめな表現(understatement)ということになるでしょう。

 

if not~:~でないとしても

上記のビル・ゲイツの話は、今世紀ナンバーワンの控えめさ(understatement of the century)と言ってもいいんじゃないでしょうか。

1000軒ではないとしても(if not)、100軒の家を買えるお金をビル・ゲイツは持っていますからね。

 

English Café 579-1:マイノリティ・リポートもブレードランナーもトータル・リコールも創り出したのは彼, フィリップ・K・ディック, Philip K. Dick

English Café 記事一覧

ESL記事一覧

前のブログのESL記事一覧 

-ESL Podcast
-, ,

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...