ESL Podcast Podcast紹介

英語学習でESL Podcastの代わりに使える初級から中級者向け+会話形式で時間短めな3つのポッドキャスト

2017/08/21

 

当ブログのコメント欄にて、あけ様より「初級から中級者向けで、会話形式で時間短めで、ダイアログが見れるPodcastを教えてください」というご質問をいただきました。正直、私自身の英語がいまひとつですので、頼りない解答しかできませんがお答えします!!先日、ESL Podcastの代替のなにかをお探しの方向けに、いくつかPodcastをご紹介しましたので、そちらもよかったらご覧ください。

無料じゃなくなったESL Podcast のブログコメント欄に悲しみがあふれ、広告入れろ!コールが巻き起こる

 

culips

まず、上記の記事でもご紹介していますがculipsさんをオススメします。↓に自分のブログから転載した紹介文を載せておきます。

culips:カナダの番組。アンドリューさん(現在カナダから韓国に移り英語教師中)とモラグさん(Moragさん、名前の読みが違うかも?女性です)すごくゆっくり話してくれる。日常的な話が多いので英会話にいいかも。有料会員になると月5ドル(※12/07訂正:1ヶ月12ドルで1年契約だと60%オフで月5ドル程度になるようです)くらいで1回あたり10ページくらいあるラーニングガイド的なものが読めたはず。

どんな内容かというと、日常的なお話が多いというか、友達同士が(ゆっくりとしたスピードで)話しているのを盗み聞きしているような…季節のイベントの思い出だとか、家族のこととか、新しく始めたバンドのこととか…そんなかんじです。私の中では癒し系です。ほんわかしてます。(声質とか話すスピードとか内容とか)

例えば、一番新しい番組内容は、カナダの国境を超える際の係官との受け答えについてでした。↓はculipsさんのブログからの転載で、そのときの係官からの質問の例です。

Where are you coming from?
What were you doing down there?
How long were you gone?
Do you have anything you’d like to declare?
Can you pull over?

上記の質問の説明を番組内でしてくれいて、それによると(1回聞いただけなので間違ってたらごめんなさい)"down there"は、カナダから見て南側≒下側にあるアメリカのこと、"to declare"は、「宣言する、公表する」といった意味ですが、ここでは「関税の申告する物はありませんか?」的な意味で使われているそうです。最後の"Can you pull over?"は、「車のトランク、開けられます?」という意味で、トランクの中を調べるときに言われるらしいです。

面白いのは、アンドリューさんが「僕も3回ほどトランク開けさせられたよ!」とちょっと不満を言ったら、モラグさんが「えー、私なんか1回もないわ!」と「ぷぷぷっ」状態だったことでしょうか。アンドリューさん、職務質問受けやすい体質なんですね、きっと。

このPodcastの問題点は、レッスンの要点だけがブログでみれることです。今回もアンドリューさんとモラグさんの会話形式でしたが、係官役のアンドリューさんの会話の要点が載っていただけでした(挨拶とかが省かれている)。時間はだいたい20分前後。

 

English, baby!

次にご紹介するのは、最初のほうにご紹介した私のブログ記事には紹介されていないPodcastで、English, baby!です。

パソコン版 モバイル版

音声も聞けてダイアログも見れるのに、なぜご紹介しないかというと、会話スピードがとても速いことが多いのと、スラングが多いからです。時間は2分くらいと超短いのですが、ちょっと難しい部類にはいるんじゃないかと思います。

このPodcastは、日本で英会話教師をされていたアメリカ人男性が運営しており、日本人の生徒さんからいい教材がないと言われたのがサービス開始のきっかけだそうです。

なんですが、あんまり日本人いないかんじです。コメント欄に書き込むと自分で選んだ写真がアイコンとして出て来るのですが、それからみても(顔写真や風景写真が多いので)日本人がコメントしているのを見たことがありません。

有料会員になっていたのは1年間くらいでESL Podcastの前に利用していました。今は無料会員でPodcastだけ聞いてます。現在はもしかしたら仕様が変更されているかもしれませんが、私が利用していた時点のお話をすると、登録するとログインでき、ダイアログと音声が無料利用できます。

でもモバイル版だと登録しなくても利用できちゃいます。なのでモバイル版がオススメ。有料だとそれに加えて「単語の意味の説明」「各レッスンに関連する文法問題」「その他の関連文章」などが読めたり聞けたりでき、単語帳がつくれます。↓に最新版のダイアログを貼っておきますので参考になさってください。

会話の説明のような音声はなく、ただ会話が流れるだけのPodcastです。

grudge

Gary:  Where do you stand on grudges?

Dominique:  You know the whole forgive and forget?

Gary:  Yeah.

Dominique:  I can’t forgive, and I can’t forget.

Gary:  Oh, you’re there!

Dominique:  Yeah.

Gary:  Wow! OK. I feel like I need to talk it over with someone, with something that just happened to me.

Dominique:  Really?

Gary:  Yeah. I don’t want to hold a grudge, but at the same time, I’m having a hard time letting it go.

Dominique:  I can let it go. I can just act like you never existed. And that’s a problem when you have to be around, you know, a significant other or a co-worker all the time.

Gary:  Yeah.

Dominique:  It’s like, how do act like that person’s invisible when you need them to stamp your memo.

Gary:  Right, and trying to consider it from their perspective… what they experienced and why they did what they did, right?

Dominique:  Um-hum…

Gary:  That’s important. I’m so… I’m just struggling with this. This is such… I feel like I was betrayed, and I want to… I really want to forgive them and let it go, but… ah! It’s just…

Dominique:  It’s the hurt feelings.

Gary:  Yeah.

Dominique:  Yeah.

このPodcastの特徴としては、旬な話題が多いことです。トレンドに敏感。あるいはステマ?実際、私が今聞いているPodcastのwelcome to nightvaleも、このEnglish, baby!ですごく流行ってて面白い!と聞いたのがきっかけだったりします。

映画とかセレブとか有名企業のオーナーさんだとかの話も出てくるので、(いま、こんなものがアメリカでは流行ってるのか!)という感じで面白いです。確か昨日の話には、ベジタリアン用のサンクスギビングデー用の料理で、ターキーを模した豆腐料理「トーファーキー:Tofurkey」が出てきました。初めて聞いた!

有料会員費用は、クリスマスとかお正月とか母の日なんかに、20%オフくらいのディスカウントをしていて、それで6ヶ月で2500円くらいだった気がするので1ヶ月500円以内でしょうか。為替変動も関係しますしね。そうそう、このブログの右サイドに単語がでてくるガジェットをつけてますが、それはEnglish, baby!さんのサービスを利用してます。

モバイル版で利用する場合は、←のリンクから入るとレッスンのタイトルが1個だけあるので、それをクリック。他のレッスンを見たい場合は、そのクリックした先のレッスンのページの下に「more lessons」という項目があるので、そこから行ってください。ここはサイトのシステムがちょっと使いにくいです。

 

lets master English

最後にこれも最初のほうにご紹介した私のブログ記事に紹介済みのlets master Englishの"Daily Easy English Expression Podcast"(レッスンが2種類あって短い方)以下、私の紹介記事からの転載です。

lets master English:私の大好きな番組、時間が短いのもいい!ホストのシェーンさん(コーチ・シェーン)は今年の5月頃ご家族のことで大変辛い経験をされたのですが、カムバック!頑張って欲しい。12月はシェーンさんの誕生日だし!毎回使えるフレーズの説明をしてくれますが、とにかくわかりやすい!英語の勉強じゃなくてジェスチャーゲーム的なクイズだと思って聞いてみてください。オンライン英会話のスクールもやってます。

今日のレッスンは「~するようにしつこく言う:badger someone」でしたが、すごく面白かったです。

「ヒラリー・クリントンとドナルド・トランプから、もう何度も何度も何度もメールや手紙が来て、金くれ!金くれ!金くれ!って、ヒラリーもドナルドも2人共うるさぁーーーいっ!って感じだったよ。そう、これが"badger someone"ってこと。」

とか言ってましたよ。思わず吹き出してしまいました。ダイアログは、文章が切れずにずらずらっと書かれてて分かりにくいんですけど、Podcastの各説明文の下の方に載ってます。シェーンさんが声色を変えて会話形態をひとり二役でやっているので、そのへんが聞きにくいと感じるかもしれません。あと、あのノリ!が苦手な方もいらっしゃると思います。まぁ、好みで。

 

英語がぜんぜん聞き取れない方へのアドバイス

最後に、Podcastの英語がぜんぜん聞き取れない!どうしたらいいの!?という方に私からのアドバイスです。

気にしないでかまわず聞こう!

英語を続けるコツは、細かいことを気にしないことじゃないかなと思います。

 

 

 

-ESL Podcast, Podcast紹介
-,

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...