気になったニュース

アメリカ「エルサレムは首都やんけ!」国連総会「それ無効(null and void)じゃけんのう!」

2017/12/24

 

大阪(やんけ)と大都会岡山(じゃけんのう)の戦い!…ではなく、国連総会でのお話。仁義なき戦いじゃけん!!(映画見たことないけど)

 

null and void:【法律・法学】 無効の

 

国連総会「エルサレム首都認定は無効じゃけん!」

アメリカのトランプ大統領が、エルサレム(Jerusalem)をイスラエル(Israel)の首都と認定するという発表を12月6日にしました。

それを受け、21日に国連総会(U.N. General Assembly)で特別緊急会合が開かれ、「エルサレムの地位をめぐるいかなる決定も無効(null and void)で、撤回すべきである」という決議案が出され、賛成128票、反対9票、棄権35票という圧倒的多数で採択されました。決議に法的拘束力はないそうです。

 Time 
U.N. Denounces U.S. Recognition of Jerusalem as Israeli Capital
http://time.com/5076134/united-nations-jerusalem-capital-vote/
Despite warnings of repercussions

 

U.N. General Assembly Overwhelmingly Votes to Declare Trump's Jerusalem Move 'Null and Void'

(UNITED NATIONS) — The U.N. General Assembly(国連) voted overwhelmingly(圧倒的に) Thursday to denounce(非難する・弾劾する) President Donald Trump’s recognition of Jerusalem as Israel’s capital(エルサレムはイスラエルの首都), largely ignoring Trump’s threats to cut off aid (補助金カットの警告を無視) to any country that went against him.

The nonbinding resolution(拘束力のない決議) declaring U.S. action on Jerusalem “null and void” was approved 128-9 — a victory for the Palestinians, but not as big as they predicted(予想ほどの大勝利ではなかった). Amid Washington’s threats, 35 of the 193 U.N. member nations abstained(193カ国中の35カ国が投票を棄権) and 21 were absent(21カ国が投票に参加せず).

※TIMEより引用

 

 

エルサレムの発音の仕方じゃけん!

エルサレムの英語の発音は日本語とはかなり違い、発音記号は /dʒərúːs(ə)ləm/ で、あえてカタカナで書くと「ジュルィスラム」です。

 

 

イスラエルの発音の仕方じゃけん!

イスラエルの発音は /íreɪəl/ で、カタカナで書くと「イズレィエル」。「イズラエル」と発音している人もいるように思います。どっちにしろ「イス」ではなく「イズ」と濁音になります。

 

 

"null and void"は、(法的に)無効の…いう意味じゃけん!

"null and void"は、(法的に)無効の…という意味です。

 

"null"は、(法律上)無効の、価値のない、ゼロの、零

"void"は、(法律的に)無効の、有効性のない;中身がない、空っぽの;役に立たない、効果がない

 

私の好きなSF系ポッドキャスト"Welcome to Night vale"の中で "void" がよく使われていて、その場合は「なにもない空間=宇宙空間 or 心の隙間」といった使われ方をしていましたが、"null and void"の場合は「(法律的に)無効の」という意味で使われているようです。

 

 

 

国連は"United Nations"じゃけんのぉ!

決議を採択した国連(国際連盟)の英語での正式名称は"United Nations"で、国連総会は "United Nations General Assembly"です。略して国連のことをU.N. 、国連総会のことをU.N. General AssemblyやU.N. Assemblyと表記されることが多いです。

トランプが馬鹿なことをしているという論調で報道されていますが、私はゲームのルールが変わったんじゃないかなと思うんですよね。

今後は相手国がこの問題にどう対処しているかがアメリカの外交基準になるんじゃないかなと予想しています。

アメリカとイスラエルは先だってパレスチナ問題に抗議するためにユネスコも脱退していますし、今回もトランプさんは反対する国への財政援助を打ち切ると警告をしています。

そのためか加盟国の約3割の国が賛否を明らかにしなかったそうです。

やつら本気ですよ。

無慈悲に目を奪われていたら、仁義なき戦いがもう始まっていたとか、そういうことなんでしょうか?分かりませんけど。

 

トランプ氏の警告影響か、56か国賛否明かさず

【ニューヨーク=橋本潤也、エルサレム=金子靖志】国連総会は21日(日本時間22日未明)の緊急会合で、トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都に認定した決定を無効とする決議を、日本を含む128か国の賛成多数で採択した。

米国の孤立が際立った一方で、193加盟国中約3割の56か国が賛否を明らかにしなかった。賛成国に対するトランプ氏の「警告」が影響したとみられる。

採決は押しボタン式で、米国やイスラエルなど9か国が「反対」、カナダやオーストラリアなど35か国が「棄権」、ウクライナやミャンマーなど21か国はいずれのボタンも押さず、投票に参加しなかった。

決議案は、アラブ連盟を代表してイエメンが提出。「エルサレムの地位を変えるいかなる決定も法的に有効ではない」とした。(読売新聞 2017年12月22日 11時50分)

 

1回目の警告で3割ですからねー。次回の警告では更に態度を明らかにしない国が増えるかもしれません。

北朝鮮は一連の流れを見て、背中にぞわっとしたものを感じてる…?

私はなにやらぞわっとしたものを感じてますよ。

ではまた!

 

photo:vote

 

-気になったニュース
-

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...