イトデン itoden

K先生(帰国子女)はやく戻ってきてー!私の成人向け漫画の感想とか拙い英語で聞きたくないですか?

基礎英単語・総バナナ化計画

秘密(secret)と神聖(sacred)の英語の発音がすごく似てる!

すごく似てるシリーズ」もとうとう3回目を迎えました。よく似た英語の音はたくさんありますから、まだまだ続きそうです。今回は、秘密の(secret)と神聖な(sacred)の英語の音がすごく似ているというお話です。

先日、2週間ぶりにスカイプ英会話でスチュワート先生(アメリカ人・チェロ奏者)のレッスンをとりました。そのときに話したのが、先日ブログに書いた江戸時代のUFOの記録かも?しれない虚船(うつろぶね)のお話。

【今週やった英語】CNN10の再開!日本の虚舟(うつろぶね)はUFO? まさかりで酒場を壊す女

スチュワート先生は、こういうUFOのお話が日本にもあると知って、とても驚いた様子でした。ロズウェルで起きた事件(Roswell Incident)のお話や、映画「未知との遭遇:Close Encounters of the Third Kind」の話をしてくれました。

ロズウェル事件(Roswell Incident)は、1947年7月アメリカ合衆国ニューメキシコ州ロズウェル付近で墜落したUFOが米軍によって回収されたとして有名になった事件。 Wikipediaより

旧ブログの関連記事:【ESL】 English Café 551:映画「未知との遭遇」、フライトシュミレーターの発明、質問コーナー

 

その「未知との遭遇」の最後のシーンに出てくるのが、デビルスタワー(Devils Tower)と呼ばれる不思議な形をした岩山で、そこはとても神聖な(sacred)場所なのだそうです。そのときに聞いたスチュワート先生の神聖な(sacred)という単語は、かなり秘密の(secret)に似ていて一瞬戸惑いました。

単語単体で聞くとそんなに似てないように思うのですが、ナチュラルスピードの英語で聞くとかなり似ている音がします。ちょっと音がなまったかんじの"secret"が"sacred"という感じです。カタカナでいうと秘密が「シークレット」で、神聖が「セイクレッド」かな。

secret:síːkrət
sacred:ˈseɪkrɪd

Devils Tower

 

神聖と秘密という言葉は、割りと同じような状況で使われるので、その点も悩ましいところ。神聖なものというのはだいたい秘密にされているものですからねー。状況からどちらの単語を使っているのか判断できないわけです。ただ逆に言えば、どっちを使っていても大きく意味は違わないとも言えますね。少なくとも賑やかな場所でないことは分かります。秘密もしくは神聖な場所は、静かであまり人はいないことが多いですから。

スチュワート先生に、神聖な(sacred)と秘密の(secret)の英語の発音の違いを見極めるのが難しいと言ってみると、何度も発音してくれました。スチュ先生、ありがとうございます。これでもう大丈夫!たぶん…。

 

-基礎英単語・総バナナ化計画
-, , ,

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...