みんなでやろう!

みんなで30分だけ勉強してみよう 36!僕のヒーローアカデミアを英語で読む 5

2019/11/12

 

私が英語の勉強をするときに、30分だけ他の方もお誘いしてみようという企画の第36弾。現在、毎月第一日曜日の夜10時から30分、月イチでやっております。

 

今日の30分:僕のヒーローアカデミアを読む

はぃ、例によって今回も英語版コミック「僕のヒーローアカデミア」を読んでみますよっと。

ここ最近は毎月この企画で読んでますが、一向に進みませんね。

月イチでしか読んでないので当然といえば当然ですが、擬音やら表記スタイルに苦しめられてます。

さてさて「僕のヒーローアカデミア」は、ほとんどの人が持っている「超能力のような能力」を持たず、「無個性」だった主人公が最高のヒーローを目指して成長していくお話です。

 

 

ではまた22:30過ぎにブログ更新しますね。

以下、私の過去記事よりの転載です。

今日から、私が英語を勉強するときにTwitterやブログを通して、みなさんも一緒に勉強しませんか?とお誘いすることにしました。

私は英語をやりますが、英語でなくても大丈夫!

家事や読書でもいいですよ。

同じ時間帯にやらなくても、このブログやTwitterを見た段階から始めてもOKですし、あとからやったっていいんです。

30分だけやってみましょう。

 

 

実際はこうでした…:5ページ読めた!

30分たちました。お疲れさまです!

結局5ページほどしか読めませんでした。

前回読んだのが1ヶ月ほど前なので、話の大まかな筋は覚えていても、各キャラクターの心の動きのようなところまでは覚えておらず、(あれ?これどういうこと?)となり、結局前回読んだところにもどって読み返す時間が必要でした。

で、新しい箇所は5ページ読んで時間切れっていう。

コミックはむずかしい単語は出てこないんだけど、難しい。

ていうか意味不明な箇所が多い。

例えば…

飛んで移動しようとしたところ、デクが抱きつかれてしまったために、一旦、ビルの屋上に降り立ったオールマイト。

デクに背を向けて言うセリフが

「Of all the…!:なんという…ことだ」

知らない単語はひとつもないのに読めない例のヤツ。

その上、感情の動きも分からないという…。

次回、スチュワート先生(アメリカ人チェロ奏者)に聞いてみよう。

推測ですが、「色々と自分で選べる複数の未来(all)があったのに、よりによってこんな現実をつかんでしまった…」って気持ちなのかなぁと。

とりあえず、今日はそんなかんじでした。

さて次回の「みんなでやろう!」は、12月1日(第一日曜日)の夜10時からとなります。

私のリアル都合により(親類の法事に泊りがけで行ってまいります)、事前に私が行った内容を夜8~9時頃にアップしておきます。

ではでは!

 

今日のヒーローな単語さんたち

whoosh:おそらく落ちていくとき、穴などから出る時のの擬音、日本語だと「シュー」「フシュー」

fwip:ピューッ、シュッ、バシッ

damn:罵る

bastard:ひどいやつ、嫌な奴、偽物、粗悪品

piss me off:イライラする、むかつく

grrr:ウー、ガルルル、不機嫌にうなる声、犬などのうなり声

get catch:捕らえられる、逮捕される

go on record:公言する、公表する、態度をはっきりさせる

go on my record:私の記録に残る

quirk:「個性」、癖、偶然、運命の悪戯

weez:苦しそうに息をする、ゼーゼー、ハアハア

tremble:ふるえる、ぶるぶる

of all the…!:なんという…ことだ

badum:ドドン・ジャーン、ダダッ・シャーン

dam it all:damn it all、かまわん、しまった、畜生、どうにでもしろ、なんてこった、知るか

pick on:責める、避難する、とがめる、いじめる、選ぶ

 

「みんなでやろう!」 記事一覧

 

 

photo:山の上のわんこ

 

-みんなでやろう!
-

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...