イトデン itoden

K先生(帰国子女)はやく戻ってきてー!私の成人向け漫画の感想とか拙い英語で聞きたくないですか?

みんなでやろう!

みんなで勉強しよう 4!きっかけはいつでもそこに。

このブログの管理人itodenです。

私が英語の勉強をするときに、他の方もお誘いするという企画の第4弾。

今日は22:00から30分やりますので、よかったら一緒にやりましょう。

私は今日は、Ankiを使って英単語を覚えます。

Ankiというのはパソコンや携帯電話などで使える暗記アプリです。

旧ブログより【英単語×Anki】忘却曲線を利用してゲーム感覚で単語を覚えるソフトAnki

昨年の12月より、英単語暗記をちまちまやってます。

昨日はできなかったから、1日ぶりです。

ではまた22:30過ぎにブログ更新しますね。

以下、私の過去記事よりの転載です。

今日から、私が英語を勉強するときにTwitterやブログを通して、みなさんも一緒に勉強しませんか?とお誘いすることにしました。

私は英語をやりますが、英語でなくても大丈夫!

家事や読書でもいいですよ。

同じ時間帯にやらなくても、このブログやTwitterを見た段階から始めてもOKですし、あとからやったっていいんです。

30分だけやってみましょう。


 

ここから30分たったあとに書いた追記部分になります。

Ankiで英単語を覚える!と言ったものの、来週の月曜日にブログに載せる予定のESL Podcast 1288 - Being a Job-Hopperの単語調べがちょっと長引き、結局21分しかできず、Ankiによると合計179枚のカードをチラ見しました。

179枚というのはたぶん、カードの片面で1枚、裏面で1枚という数え方なのかなと思います。

だから90枚くらいですね。

覚えたわけじゃないですよ!チラ見です。

↓のような感じで単語が出てくるので、見てから下部の「解答を表示」をクリック

 

そうすると↓のように意味がでてくるので、下部の選択肢から難易度に合わせてボタンを選びます。

選択期間は単語が出てきた回数や解答によって変わります。(6日後とか1ヶ月後とか3ヶ月後など)

 

本当は、ESL Podcastに出てきた単語を覚えたいのですが、単語帳を作っている時間がないので、共有単語帳リストからダウンロードしたものを今はやっています。

何回も見ているうちに覚えるという仕組みで、忘却曲線がむにゃむにゃむにゃで暗記がはかどるらしいです。

旧ブログより【英単語×Anki】忘却曲線を利用してゲーム感覚で単語を覚えるソフトAnki

 

今回はパソコンでやりましたが、いつもはiPhoneでやってます。

どの機器でやっても同期できるので、そのへんは便利。

パソコンやアンドロイド版は無料ですが、iPhone版だけは有料で1,200円くらいだったかな。

そんな感じの30分でした。

そういえば、この「みんなで勉強しよう!」に、ピスタチオ様からコメントをいただきました。

どうもありがとうございます!

さらにそういえば、30分終わりましたよ!とTwitterに書き込んでたら、ちょうどトランプ大統領のツイートがありました。

 


inherited(受け継いだ、相続した)とか最近Ankiに出てきた単語が使われてて、ちょっとにんまり。

しかもMESS(混乱、めちゃくちゃ、ちらかっている)は、Skype英会話でKJ先生(米大卒の20代日本人男性)とよく使った単語。

KJ先生は、ちらかし屋さんなんです。

久しぶりにK先生(20代帰国子女)のSkypeレッスンをとったので、そのお話もまたブログに書きたいなと思ってます。

思ってはいます。

2017年の新年の抱負「Skype英会話をなるだけ受ける」を2月になってようやくやりはじめたわけなので、書くべきでしょう!

関連記事:2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

ではお疲れ様でした。

また次回、お会いしましょう。

 

「みんなでやろう!」 記事一覧

 

-みんなでやろう!
-

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...