Toy Story 映画やドラマで英語

【映画で英会話】トイ・ストーリー Toy Story-21:突然の子供たちの来襲にあわてるおもちゃたち、自分の場所を取られるウッディ

 

ディズニー映画「トイ・ストーリー」を使って英語+英会話の勉強をしています。スクリプトは以下のサイトのものを利用させていただいてます。

IMSDb

この前のお話は以下のリンクからどうぞ。

トイ・ストーリー Toy Story-20:アンディのサプライズ・プレゼントに驚き、ベイビーモニターを落とす

トイ・ストーリー Toy Story-19:最後のプレゼントも開けられ、安堵のあまり歓声を上げるおもちゃたち

Toy Story 1~10までの記事一覧(旧ブログより)

Toy Story 11~ の記事一覧

映画やドラマで英語 の記事一覧

 

トイ・ストーリー

 

INT. LIVING ROOM
屋内:リビングルーム

 

ANDY:アンディ
Let's go to my room, guys!

俺の部屋に行こうぜ、みんな!

 

The kids rush past the houseplant.

子供たちは、(偵察部隊の兵士たちがいる)観葉植物を急いで通り過ぎる。

to rush:急ぐ、突進する、殺到する

past:通り過ぎて;昔の

houseplant:観葉植物、屋内に置く鉢植えの植物

 

SARGENT:おもちゃの兵隊たちのリーダーのサージェント
(into the monitor) RED ALERT!  RED ALERT!  ANDY IS COMING UPSTAIRS!

(モニターに向かって)緊急警報!緊急警報!アンディが2階に向かっている!

sergeant:軍曹、ここではおもちゃの名前

RED ALERT:緊急警報、緊急非常事態

upstairs:2階へ、階上へ

 

INT. ANDY'S BEDROOM - CONTINUOUS
屋内:アンディの寝室を映像の切れ目なく映す

 

Woody puts the last battery back in.

ウッディは、(恐竜のレックスがナイトテーブルをゆすったため落下したベイビーモニターから飛び出た)電池の最後のひとつを、ベイビーモニターに戻し入れる。

battery:電池

back in:戻る、再開する、復帰する;(副)~の頃に

 

WOODY
There. よし、(電池が所定の場所に)はいった。

 

SARGENT (O.S.):サージェント(声だけ)
(over monitor) Juvenile intrusion!  Repeat! Resume your positions NOW!

(ベビーモニターから)少年の侵略だ!繰り返す!所定の配置に戻れ、すぐにだ!

juvenile:少年、少女、青少年;若い、子供らしい、子供じみた

intrusion:侵入、立ち入り、邪魔、(意見などの)押し付け

resume:(中断した後に仕事などを)再び続ける、取り戻す、回復する

 

WOODY
Andy's coming, everybody!  Back to your places.  Hurry!

アンディが来るぞ、みんな!自分の場所に戻るんだ!急げ!

 

The toys PANIC and scatter about the room.

おもちゃたちはパニックになり、部屋で散り散りになる。

to scatter:撒き散らす、ばらまく、散り散りになる

 

MR. POTATO HEAD:じゃがいもの人形Mr.ポテトヘッド
Where's my ear?  Who's seen my ear? Did you see my ear?

俺の耳はどこいった?誰か俺の耳を見なかったか?俺の耳、見てない?

 

REX:ビニール製の恐竜の人形レックス
Outta my way!  Here I come, here I come --

どいてちょーだい!行くよ、行くよ!

outta:"out of"の略、~の外へ

out of my way:どいてください

here I come:今行くよ、来たよ

 

Frantic, Rex slams into a trashcan and falls over.

半狂乱の恐竜のレックスは、ドンッとゴミ箱に突っ込んで倒れる。

frantic:気が狂ったような、半狂乱の

to slam:バタン/ピシャリと閉める、ドンと置く;酷評する

trashcan:ゴミ箱

to fall over:転がる、倒れる、前方に落ちる

 

Everyone scurries to their places as the KIDS' FOOTSTEPS grow louder.

おもちゃたちは、慌ててちょこちょこと走り、子供たちの足音は大きくなっていく(子供たちが近づいてきている)

to scurry:慌ててちょこちょこ走る、小走りに走る

footstep:足音、歩幅

 

Woody falls limp in his spot on the bed just as...Andy's bedroom door flies open and a flood of children's feet rush in.

ウッディはベットの上の自分の場所に、ぐにゃっと倒れ込むと同時に、アンディの寝室のドアが突然開き、子供たちの脚が駆け込んでくる。

limp:ぐにゃぐにゃした、弱々しい;片足を引きずる、のろのろ進む

to fly open:突然開く

flood:洪水、殺到

to rush in:突入する、乱入する、飛び込む、駆け込む

 

FRIEND #1:アンディの友達1
Hey, look!  His lasers light up.

おい、見ろよ!こいつのレーザーがついたぞ。

laser:レーザー

to light up:点火する、明るくなる、輝く

 

ANDY
Take that, Zurg!

これでもくらえ!ザーグ

take that:これでもくらえ、これでもか

Zurg:ゲーム「StarCraft」に出て来る種族の名前

 

Woody is flung off Andy's pillow and slides, unnoticed, down the gap between the bed and the back wall.

ウッディはアンディの枕から払いのけられて滑り、気づかれないまま、ベットと壁の間の隙間に落ちる。

to fling off:払いのける、飛び出す、振り落とす、かなぐり捨てる

to slide:滑る、落ちる

unnoticed:気づかれない、顧みられない、目立たない

gap:隙間、割れ目

 

FRIEND #2:友達2
Quick!  Make a space!  This is where the spaceship lands.

急げ!場所を作れ!宇宙船が着陸だ。

to make a space:場所をつくる、場所を空ける

spaceship:宇宙船

to land:着陸する、着水する、到着する

 

ANDY:アンディ
-- and you press his back and he does a karate-chop action!

こいつの背中を押したら、空手チョップの動きをするぞ!

 

MRS. DAVIS (O.S.) アンディのママのデービス夫人(声だけ)
Come on down, guys.  It's time for games!  We've got prizes!

さぁさぁ、みんな降りてきてちょうだい。ゲームの時間よ!ご褒美もあるわよ!

prize:賞、ほうび、賞金、賞品

 

ANDY
Oh, yeah! やったね!

 

The kids all run out as fast as they entered, SLAMMING THE DOOR behind them.

子供達はみんな、部屋に入ってきたのと同じ速さで走って出ていき、ドアをピシャリと閉める。

to run out:走って外に出る、流れ出る

to slam:バタン/ピシャリと閉める、ドンと置く;酷評する

 

The toys slowly come to life and make their way toward the bed.

おもちゃたちはゆっくりと活気づいていき、ベッドのほうへと進んでいく。

to come to life:生き返る、意識を回復する、活気づく

to make one's way toward~:~に向かって進んでいく、~に進んでいく

 

MR. POTATO HEAD
What is it?  なんだ?

 

BO PEEP:羊飼いの人形ボー・ピープ
Can you see it? 見れた?

 

SLINKY
What the heck is up there?

一体全体、あそこにいるのはなんなんだ?

the heck:(怒りなどの発声・強意語として)一体全体

up there:(上にある)あちらには

 

REX
Woody?  Who's up there with you?

ウッディ?君と(ベッドの)上にいるのは誰なんだい?

 

Woody crawls out from under the bed.  The toys are shocked to discover him there.

ウッディは、ベットの下からはって出て来る。おもちゃたちは、ウッディがベットの下にいるのを見つけて衝撃を受ける。

to crawl:のろのろとはう、腹ばっていく

 

SLINKY:お腹がバネの犬スリンキー
Woody, what are you doing under the bed?

ウッディ、あんたベッドの下でなにやってるんだい?

 

WOODY
(composing himself) Uh-h-h-h...nothing!  Uh, nothing. I'm sure Andy was just a little excited, that's all.  Too much cake and ice cream, I suppose.  It's just a mistake.

(自分を落ち着かせながら)うぅーん、なんでもないさ!ん、なんでもないんだ。アンディはただちょっと興奮してただけなんだって分かってる。それが全てさ。たぶん、ケーキとアイスクリームを食べすぎたんだろう。ちょっと「間違えた」だけさ。

to compose oneself:自分自身を落ち着ける、心を静める

to sure:確信する、はっきりと分かる

that's all:それが全てだ、それで終わりだ

to suppose:~だと思う、たぶん~でしょう

 

MR. POTATO HEAD
Well, that MISTAKE is sitting in your spot, Woody.

へぇ、その「間違い」とやらが、君の場所に座ってるのかい、ウッディ。

 

REX
(GASP!) Have you been replaced?

(あえいで)君は(新しいおもちゃに)取って代わられちゃったのかい?

gasp:息切れ、あえぎ

to replace:取って代わる、後任になる、取り替える

 

WOODY
Hey!  What did I tell you earlier? No one is getting replaced.

おい!最初の方に君たちに僕はなにを言ったっけ?誰も取って代わられたりしないよ。

 

The toys give each other a look of doubt.

おもちゃたちは、互いに疑いの眼差しを交わし合う。

doubt:疑い、疑惑

 

 

Toy Story 1~10までの記事一覧(旧ブログより)

Toy Story 11~ の記事一覧

映画やドラマで英語 の記事一覧

 

-Toy Story, 映画やドラマで英語

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...