Toy Story 2 映画やドラマで英語

【映画で英会話】トイ・ストーリー2(Toy Story 2) Woody Stays-1 ウッディが日本行きの希望を聞いて、あぜんとするバズとおもちゃたち-1 (101)

2021/09/02

 

ディズニー映画「トイ・ストーリー2」を使って英語+英会話の勉強をしています。利用している脚本サイトや、「トイ・ストーリー1」の記事などへのリンクは記事下にまとめてあります。

一部のグレー枠内には、スカイプ英会話で先生に質問した内容とその返答・解答を記しています。

最終更新日:2021/09/02

 

 

Woody Stays-1:ウッディが日本行きの希望を聞いて、あぜんとするバズとおもちゃたち-1

 

[Woody chuckles awkwardly and took his hand away]

ウッディはぎこちなく、あははと笑い、(自分の手をとり片膝をついて騎士のような礼をしているバズ2から)手を取り戻す。

to chuckle:クスクス笑う、メンドリなどがコッコと鳴く

awkwardly:ぎこちなく、不器用に;不自然に

to take away:取り上げる、持ち去る、連れて行く

 

 

 

Buzz Lightyear :Woody, you're in danger here. We need to leave now.

バズ:ウッディ、君にとってこの場所は危険だ。ここをすぐ離れる必要がある。

 

 

 

Rex: Al's selling you to a toy museum in Japan!

レックス:アルは君を日本にあるおもちゃ博物館に売ろうとしているんだ!

Al:アル・マクウィギン、おもちゃ店「アルのトイ・バーン」の店主、ニワトリのきぐるみでテレビのCMに出演している

 

 

 

Woody: I know. It's okay, Buzz. I actually wanna go.

ウッディ:知ってるよ。いいんだ、バズ。実は日本に行こうかと思ってるんだ。

actually:実際は、実は

wanna:"want to"の略

 

 

 

Rex: What?!

レックス:なんだって!?

 

 

 

Mr. Potato Head: Are you crazy?!

ポテトヘッド:気は確かか?

Are you crazy?!:呆れたり驚いたりしたときに使うフレーズ

 

 

 

Woody: Look, the thing is... I'm a rare Sheriff Woody doll, and these guys are my Roundup gang.

ウッディ:聞いてくれ、なんというか実は…俺はすごく珍しいウッディ保安官の人形で、(ジェシーたちを示しながら)こいつらは一緒に出演していた仲間なんだ。

the thing is~:実は、重要なことは、要するに

rare:まれな、珍しい

Roundup gang:ウッディが主役のテレビ番組「ウッディのラウンドアップ」に出てくる仲間たちのこと

roundup:一斉逮捕、一斉検挙、手入れ;(ニュースなどの)総まとめ;家畜などの駆り集め

 

 

 

Buzz Lightyear Woody, what are you talking about?

バズ:ウッディ、なんのことを話してるんだ?

 

 

 

Woody: What am I talking about? Woody's Roundup! Oh, it's this great old TV show, and I was the star.

ウッディ:なにを話してるかって?「ウッディのラウンドアップ」さ!昔のすごいテレビ番組なんだ、それで僕はその番組の人気者だったんだ。

Woody's Roundup:ウッディが主役のテレビ番組「ウッディのラウンドアップ」

star:人気者、スター

 

 

 

[He uses his boot to press the remote to turn on the TV which plays Woody's Roundup with footage of Woody riding Bullseye]

ウッディは自分の足(履いているブーツ)でリモコンを押してテレビをつけ、ウッディが馬のブルズアイに乗っているテレビ番組「ウッディのラウンドアップ」の録画映像を流す。

boot:ブーツ

remote:テレビなどのリモコン

to turn on:(電化製品などの)スイッチを入れる、(栓をひねってガスや水道を)出す

footage:フィルム映像、(監視カメラなどの)ビデオ

Bullseye:ブルズアイ、ウッディの愛馬の馬の人形

 

 

 

Woody: See, now, look! Look! Look at me! See!? That's me!

ウッディ:分かるかい、ほら見て!見て!俺が写ってる!分かるかい?あれ、俺なんだよ!

 

 

 

Hamm: This is weirdin' me out.

ハム:なんだか嫌な気分だぜ。

weirdin': weirding

to weird out:変な気分にさせる、人に不信感や疎外感を与える

☆…☆…☆…☆…☆…☆

質問:weird outは「ドン引き」という意味だと書いてあるサイトがあったのですが、なんかちょっと違う気がするのですが、その辺りの解説をお願いします。

参考サイト:

Merriam Webster, weird out

: to make uneasy, bewildered, or disquieted by something considered very strange
// that movie weirds me out

weird って超便利!あらゆるシーンで使える形容詞の使い方

 

 

 

Woody: Buzz, it was a national phenomenon.

ウッディ:バズ、これは国を上げての現象だったんだ。

phenomenon:(経験した)現象・出来事、(不思議な)出来事・事件

 

 

 

Woody: And there was all this merchandise that just got packed up.

ウッディ:それでここにあるウッディ・グッズは全部、その当時に作られた物なんだ。

merchandise:商品、製品、在庫品

to pack up:(運搬できるように)梱包する・荷造りする;引っ越しする

☆…☆…☆…☆…☆…☆

質問:「ここにあるグッズは全部、その当時のものなんだ」と言いたいのではないかと思うのですが、どうでしょう?

 

 

 

Woody: Oh, you should've seen it. There was a record player. And a yo-yo! Buzz! I was a yo-yo!

ウッディ:そうだ、これは見るべきだよ。(ウッディ・グッズとして)レコードプレイヤーがあったんだ。それにヨーヨーも!バズ!俺のヨーヨーまであったんだよ!

should've:"should have"の略

yo-yo:ヨーヨー

 

 

 

Mr. Potato Head: "Was"?

ポテトヘッド:「だった」?

 

 

 

重要表現を復習しよう!: turn on

この記事の中から私が重要だと思う英単語、フレーズをひとつだけ選びました。

[He uses his boot to press the remote to turn on the TV which plays Woody's Roundup with footage of Woody riding Bullseye]

ウッディは自分の足(履いているブーツ)でリモコンを押してテレビをつけ、ウッディが馬のブルズアイに乗っているテレビ番組「ウッディのラウンドアップ」の録画映像を流す。

boot:ブーツ

remote:テレビなどのリモコン

to turn on:(電化製品などの)スイッチを入れる、(栓をひねってガスや水道を)出す

footage:フィルム映像、(監視カメラなどの)ビデオ

Bullseye:ブルズアイ、ウッディの愛馬の馬の人形

 

 

 

ウッディが日本行きの希望を聞いて、あぜんとするバズとおもちゃたち-1 の単語リスト

to chuckle:クスクス笑う、メンドリなどがコッコと鳴く

awkwardly:ぎこちなく、不器用に;不自然に

to take away:取り上げる、持ち去る、連れて行く

actually:実際は、実は

wanna:"want to"の略

Are you crazy?!:呆れたり驚いたりしたときに使うフレーズ

the thing is~:実は、重要なことは、要するに

rare:まれな、珍しい

roundup:一斉逮捕、一斉検挙、手入れ;(ニュースなどの)総まとめ;家畜などの駆り集め

star:人気者、スター

boot:ブーツ

remote:テレビなどのリモコン

to turn on:(電化製品などの)スイッチを入れる、(栓をひねってガスや水道を)出す

footage:フィルム映像、(監視カメラなどの)ビデオ

weirdin': weirding

to weird out:変な気分にさせる、人に不信感や疎外感を与える

phenomenon:(経験した)現象・出来事、(不思議な)出来事・事件

merchandise:商品、製品、在庫品

to pack up:(運搬できるように)梱包する・荷造りする;引っ越しする

should've:"should have"の略

yo-yo:ヨーヨー

-Toy Story 2, 映画やドラマで英語
-, , , , , , , , , ,

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...