Toy Story 2 映画やドラマで英語

【映画で英会話】トイ・ストーリー2(Toy Story 2) Woody Stays-3 (103)

2021/05/24

ディズニー映画「トイ・ストーリー2」を使って英語+英会話の勉強をしています。利用している脚本サイトや、「トイ・ストーリー1」の記事などへのリンクは記事下にまとめてあります。

・黄色い枠内の文は後日スカイプ英会話で先生に確認してから書き直す、もしくは追加の解説を加えるかもしれません。

 

Woody Stays-3

 

[The toys and Utility Belt Buzz enter the vent.

おもちゃたちとバズ2は通気孔へと入っていく。

Utility Belt Buzz:アクションベルトを装備した最新式のバズ人形、ここではバズ2と表記

vent:通気孔

 

 

Slinky takes a sad look at Woody before entering.

スリンキーは通気孔に入る前に、悲しげな表情でウッディのほうをちらっと見る。

to take a look at:~をちらっと見る、ちょっと見る

 

 

Buzz looks back at the Woody as Woody look toward Buzz]

バズが振り返ってウッディを見ると、ウッディもバズのほうを見ていた。

to look back:後ろを振り返ってみる、(過去の出来事などを)回想する

to look toward:~のほうを見る、~に目をやる

 

 

Woody: I don't have a choice, Buzz. This is my only chance.

ウッディ:選択の余地はないよ、バズ。これは俺にとってたったひとつのチャンスなんだ。

I don't have a choice.:選択の余地がない、どうしようもない

choice:選択

 

 

Buzz Lightyear :To do what, Woody?

バズ:なんのため(のチャンス)だ、ウッディ?

 

 

Buzz Lightyear :Watch kids from behind glass and never be loved again? Some life.

バズ:ガラス越しに子どもたちを見て、二度と愛されることもないんだぞ?そんな人生もありかもな。

☆…☆…☆…☆…☆…☆

質問:some life?

 

 

[He enters the vent, shutting the grill behind him.

バズは通気孔に入り、背後にある(通気孔の)鉄格子(状のカバー)を閉める。

to shut:閉じる

grill:グリル、鉄格子、鉄板、焼き網、ホットプレート

 

 

Woody, He didn't know what to say due to feeling terrible of turning his back on Buzz and the gang]

バズや(迎えに来てくれた)おもちゃたちに背を向けてしまってひどい気持ちに襲われ、ウッディは(バズの言葉に)なんと言えばいいか分からなかった。

due to:~が原因で、~のせいで

terrible:おそろしい、ひどい

to turn one's back on:~に背を向ける、無視する、見捨てる

the gang:ギャング、ここではウッディの友達のおもちゃたちのこと

☆…☆…☆…☆…☆…☆

質問: feeling terrible of turning his back onは、feeling以下がfeelingの説明となっている形でしょうか?

 

 

TV Woody: Is everybody okay?

テレビの中のウッディ:(音声のみで)みんな大丈夫かい?

 

 

TV Jessie: Sheriff Woody! I knew you'd make it!

テレビの中のジェシー:(音声のみで)ウッディ保安官!あんたなら来てくれると思ってたよ!

to make it:うまくやり遂げる、うまく切り抜ける、成功する、時間に間に合う

 

 

TV Woody: Now, remember, deputies, the real treasures are your friends and family.

テレビの中のウッディ:(音声のみで)君たち保安官補のみんなには忘れてほしくないんだ。本当の宝物というのは友人や家族のことだということをね。

deputy:代理人、副官

treasure:宝物、秘宝

 

 

TV Woody: Before I go, kids, I want to share somethin' special with you... for the times when I'm not around.

テレビの中のウッディ:(音声のみで)僕が行く前に、君たちに特別なものを分け与えたい…僕が君たちの近くにいないときのためにね

to share:分ける、共有する

somethin':somethingの略

 

 

Stinky Pete: Good going, Woody! I thought they'd never leave.

プロスペクター:よくやった、ウッディ!やつらもう出ていかないんじゃないかと思ったわい。

Stinky Pete:プロスペクター(Prospector:金鉱掘り、試掘者)、スティンキー・ピート(悪臭ピート)、金鉱掘りの人形

Good going:よくやった、おめでとう

 

 

[Then they heard Woody's TV self singing You've Got A Friend in Me much to their surprise]

そしてウッディたちはテレビの中の(録画映像に映る)ウッディが「きみは友達」を歌い出したのを聞いて、非常に驚く。

You've Got A Friend in Me:きみは友達、ウッディの番組で流れる曲の名前

much to one's surprise:~がたいへん驚いたことに

 

 

今回の重要表現:Good going

この記事の中から私が重要だと思う英単語、フレーズをひとつだけ選びました。

Stinky Pete: Good going, Woody! I thought they'd never leave.

プロスペクター:よくやった、ウッディ!やつらもう出ていかないんじゃないかと思ったわい。

Stinky Pete:プロスペクター(Prospector:金鉱掘り、試掘者)、スティンキー・ピート(悪臭ピート)、金鉱掘りの人形

Good going:よくやった、おめでとう

 

 

単語リスト

vent:通気孔

to take a look at:~をちらっと見る、ちょっと見る

to look back:後ろを振り返ってみる、(過去の出来事などを)回想する

to look toward:~のほうを見る、~に目をやる

I don't have a choice.:選択の余地がない、どうしようもない

choice:選択

to shut:閉じる

grill:グリル、鉄格子、鉄板、焼き網、ホットプレート

due to:~が原因で、~のせいで

terrible:おそろしい、ひどい

to turn one's back on:~に背を向ける、無視する、見捨てる

to make it:うまくやり遂げる、うまく切り抜ける、成功する、時間に間に合う

deputy:代理人、副官

treasure:宝物、秘宝

to share:分ける、共有する

somethin':somethingの略

Good going:よくやった、おめでとう

much to one's surprise:~がたいへん驚いたことに

-Toy Story 2, 映画やドラマで英語

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...