Toy Story 2 映画やドラマで英語

【映画で英会話】トイ・ストーリー2(Toy Story 2) Pizza Planet Truck Chase-3 (113)

2021/06/08

ディズニー映画「トイ・ストーリー2」を使って英語+英会話の勉強をしています。利用している脚本サイトや、「トイ・ストーリー1」の記事などへのリンクは記事下にまとめてあります。

・黄色い枠内の文は後日スカイプ英会話で先生に確認してから書き直す、もしくは追加の解説を加えるかもしれません。

 

Pizza Planet Truck Chase-3

 

Rex yells as the truck zoom through some cones which results in the storage compartment door opening and stuff fell out of it and lands on Hamm, hitting him on the head]

レックスが叫ぶ中、ピザ配達トラックはいくつかのカラーコーンを突っ切って疾走し、そのせいでトラックのグローブボックスが開いて中に入っていたものがハムの頭の上に落ちてくる。

Rex:恐竜人形のレックス

to yell:叫び声をあげる、大声で叫ぶ

to zoom through:(車が)突っ走っていく

cone:カラーコーン、パイロン、ロードコーン、道路や工事現場に設置される円錐形の保安用品

to result:(結果的に)生じる・起こる、~の結果となる

storage compartment:収納区画、グローブボックス、車の助手席の前側に設けられた小物入れ

to land:着地する、上陸する

Hamm:豚の貯金箱のハム

 

 

Hamm: Ooh! Ow! Oh!

ハム:(物がどんどん頭上に落ちてきて)おう!おお!おー!

 

 

Buzz Lightyear: Rex, which way?

バズ:(車のハンドルを操作しながら)レックス、どっちに行くんだ?

 

 

Rex: Left! No, no! I mean right! That's right! 

レックス:左!(バズが大きく左側に車をそらしたので行き過ぎて)違う、違う!えっと右!(右に曲がるのを確認して)そのとおり!

That's right:そのとおり、そうですよ

☆…☆…☆…☆…☆…☆

質問:この場合の"That's right"は、「そのとおり」「それは右です」のどちらの意味でしょう?

 

 

Rex: No, I mean left! Left is right! 

レックス:いや、左!左が正解!

 

 

Rex: Buzz, he's turning left! He's turning left!

レックス:バズ、あいつ(アル)は左に曲がって行ってる。左に曲がった!

 

 

[Buzz hops on the steering wheel and turns it to get the truck to turn to the right.

バズは(運転席から)トラックのハンドルの上にぴょんと跳び、(ハンドルにつかまって)トラックが右に曲がるように(ハンドルを)回す。

to hop:(片足で)ひょいと跳ぶ、ぴょんぴょん跳ぶ

steering wheel:(自動車などの)ハンドル

 

 

The string which holds the aliens then unties and they start to fall out of the window]

(激しい車の揺れのせいで)エイリアンたちを吊るしていたひもがそのときほどけ、エイリアンたちは窓から外へと落ちていきかける。

string:ひも、糸

aliens:エイリアンたち

to untie:ほどく、解放する

 

 

Aliens: Oh, oh, boy!

エイリアンたち:おっ、おう、わあ!

boy:(間投詞)歓喜、驚き、落胆などをあらわす、わあ、おや、へえー

 

 

[Mr. Potato Head leaps up to the window and grab the string and hold on]

ポテトヘッドは窓のところへ跳び上がって、(エイリアンたちの)ひもをつかんで落とさないように踏ん張る。

Mr. Potato Head:Mr.ポテトヘッド、体がじゃがいもの人形

to leap up:跳び上がる

to grab:ひっつかむ

to hold on:しっかりつかまる、固定する、踏ん張る

 

 

Aliens: Whoa-oa-oa-oa!

エイリアンたち:うわわわわ!

whoa:(間投詞)おっと、おー、うわ、馬を止めるときの掛け声、どーどー

 

 

[Hamm is reading a manual that have fallen out of the storage compartment]

ハムはグローブボックスから落ちてきた、車の取り扱い説明書を読んでいる。

manual:マニュアル、取扱説明書

 

 

Hamm: Oh, I seriously doubt he's gettin' this kind of mileage.

ハム:(取扱説明書を読みながら)えー、この車(he)がこんな(いい)燃費だとか、まじで怪しい。

seriously:まじめに、本気で

to doubt:疑う

gettin':gettingの略

mileage:走行距離、燃費

 

 

Rex: Go right! To the right! Right, right, right, right!

レックス:右に行って!右に!右だよ、右、右!

 

 

[The truck turns right, helping Mr. Potato Head pull the aliens back inside it]

ピザトラックが右に曲がり、その車の動きで(生まれた遠心力を利用して)ポテトヘッドはエイリアンたちを車内に戻す。

to pull back:引き戻す、引き返す、後退する

 

 

Aliens: You have saved our lives. We are eternally grateful.

エイリアンたち:(ポテトヘッドに取れた耳を差し出しながら)君は僕たちの命を救ってくれた。永遠に感謝するよ。

eternally:永遠に、いつまでも

grateful:感謝して、ありがたく思って

 

 

Mr. Potato Head: Yeah, yeah, yeah. Whatever.

ポテトヘッド:(耳をつけながら)はいはい、なんだっていいさ。

whatever:(間投詞)そんなことはどうでもいい、なんでもいい、はいはい

 

 

[The truck continues chasing Al's car till they reach Tri-Country International Airport]

ピザトラックはアルの車がトリ国際空港に着くまで追跡を続ける。

to chase:追う、追跡する

Al:アル・マクウィギン、おもちゃ店「アルのトイ・バーン」の店主、ニワトリのきぐるみでテレビのCMに出演している

Tri-Country:トリ地区、架空の地域の名称

 

 

今回の重要表現:hold on

この記事の中から私が重要だと思う英単語、フレーズをひとつだけ選びました。

[Mr. Potato Head leaps up to the window and grab the string and hold on]

ポテトヘッドは窓のところへ跳び上がって、(エイリアンたちの)ひもをつかんで落とさないように踏ん張る。

Mr. Potato Head:Mr.ポテトヘッド、体がじゃがいもの人形

to leap up:跳び上がる

to grab:ひっつかむ

to hold on:しっかりつかまる、固定する、踏ん張る

 

 

単語リスト

to yell:叫び声をあげる、大声で叫ぶ

to zoom through:(車が)突っ走っていく

cone:カラーコーン、パイロン、ロードコーン、道路や工事現場に設置される円錐形の保安用品

to result:(結果的に)生じる・起こる、~の結果となる

storage compartment:収納区画、グローブボックス、車の助手席の前側に設けられた小物入れ

to land:着地する、上陸する

That's right:そのとおり、そうですよ

to hop:(片足で)ひょいと跳ぶ、ぴょんぴょん跳ぶ

steering wheel:(自動車などの)ハンドル

string:ひも、糸

aliens:エイリアンたち

to untie:ほどく、解放する

boy:(間投詞)歓喜、驚き、落胆などをあらわす、わあ、おや、へえー

to leap up:跳び上がる

to grab:ひっつかむ

to hold on:しっかりつかまる、固定する、踏ん張る

whoa:(間投詞)おっと、おー、うわ、馬を止めるときの掛け声、どーどー

manual:マニュアル、取扱説明書

seriously:まじめに、本気で

to doubt:疑う

gettin':gettingの略

mileage:走行距離、燃費

to pull back:引き戻す、引き返す、後退する

eternally:永遠に、いつまでも

grateful:感謝して、ありがたく思って

whatever:(間投詞)そんなことはどうでもいい、なんでもいい、はいはい

to chase:追う、追跡する

-Toy Story 2, 映画やドラマで英語

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...