Toy Story 2 映画やドラマで英語

【映画で英会話】トイ・ストーリー2(Toy Story 2) Buzz And The Gang Rescue Woody from Airport-3 (116)

2021/06/11

ディズニー映画「トイ・ストーリー2」を使って英語+英会話の勉強をしています。利用している脚本サイトや、「トイ・ストーリー1」の記事などへのリンクは記事下にまとめてあります。

・黄色い枠内の文は後日スカイプ英会話で先生に確認してから書き直す、もしくは追加の解説を加えるかもしれません。

 

Buzz And The Gang Rescue Woody from Airport-3

【これまでのお話】ウッディが入れられたケースを追って空港のベルトコンベアに乗り込んだバズたちだが…

 

[But as they went inside the baggage sorting area, they saw lots and lots of cases as far as the eye can see.

バズたちが手荷物仕分けエリア内部に入ったとき、見渡す限り、たくさんの手荷物があった。

to sort:分類する、仕分けする、選別する

lots and lots of:非常にたくさんの、~がいっぱいあって

as far as:~の範囲までは、~する限りでは

 

 

Mr. Potato Head gasps, stunned by the sight of all the baggage, making his angry eyes and spare shoes fell out of his back storage compartment.

ポテトヘッドはハッと息をのみ、手荷物がたくさんある光景を見て衝撃を受け、怒りの眼と替え用の靴を(背中の)収納部分から落としてしまう。

Mr. Potato Head:Mr.ポテトヘッド、体がじゃがいもの人形

to gasp:ハッと息を呑む、息を切らす、息を止める

to stun:(すぐに反応できないほど人を)驚かせる・呆然とさせる・衝撃を与える

back storage compartment:ポテトヘッドの背中にある目や足を入れる収納部分

 

 

They slide down a ramp to a conveyor belt and land in a heap]

バズたちは傾斜路を別のベルトコンベアへと滑り落ち、(ペットキャリーから転げ落ち)積み重なるように着地する。

to slide down:ずるずる滑り落ちる

ramp:斜道、傾斜路

conveyor belt:空港内の荷物を運ぶベルトコンベア

to land:着地する、上陸する

in a heap:ドサリと、ドタリと、山をなして

heap:積み重ねたもの、堆積

 

 

Slinky: Blech! Ow! There's the case!

スリンキー:(落ちたので)くそっ!お!あそこに例のケースがあるぞ!

Slinky:体がバネの犬の人形

blech:(嫌悪を表す間投詞)ゲーッ、オエッ、ゲッ、くそっ

 

 

[The green case appears far away from them]

緑色のケースが、バズたちから遠く離れた場所に現れる。

to appear:現れる、姿を見せる

far away from:遠く離れて

 

 

Hamm: No, there's the case!

ハム:いや、例のケースはあっちにある!

Hamm:豚の貯金箱のハム

 

 

[Another green case appears below them]

別の緑色のケースが、おもちゃたちの下側に現れる。

below:~より下に

 

 

Buzz Lightyear: You take that one down and we'll take this one!

バズ:(ハムに向かって)君たちは下側のヤツを頼む、私はこっちのを確保しにいく!

 

 

[While the other toys went after the other green case, Buzz, go after the green case.

他のおもちゃたちがもうひとつの緑のケースの後を追っている間、バズも別の緑のケースを追う。

to go after:~の後を追う、~を追い求める

 

 

They hop over a case but Slinky's back end gets caught on the handle and the case went onto another conveyor belt]

おもちゃたちは、ある手荷物の上を軽く跳び超えていくが、スリンキーの尻尾側の胴体がその荷物の取っ手にひっかかり、その手荷物は別のベルトコンベア(のルート)に行ってしまう。

to hop:片足で軽く跳ぶ、両足でぴょんぴょん跳ぶ

back end:スリンキーの胴体の尻尾側

gets caught in:巻き込まれる、(嵐などに)襲われる、(雨やひどい目に)遭う、わなにかかる

handle:ハンドル、取っ手、柄

 

 

Slinky: Whoa-oaaa! Buzz! Buzz! My back end's goin' to Baton Rouge! Aaaaaah!

スリンキー:ちょっとまてー!バズ!バズ!俺の後ろ側がバトンルージュにいっちゃう!ああああ!

whoa:ちょっとまって、止まれ、馬を止めるときの掛け声

goin':goingの略

Baton Rouge:バトンルージュ、アメリカのルイジアナ州にある地域の地名

 

 

[He gets dragged away]

(胴体の上部と下部が別々のベルトコンベアに乗ってしまったので)スリンキーの体は引きずり離される。

to drag:引く、引っ張る、引きずり込む

to get away:離れる、逃げる

☆…☆…☆…☆…☆…☆

質問:draggedはawayにかかる形容詞として使われてるのでしょうか?

 

 

Buzz Lightyear: SLINKY!!

バズ:スリンキー!

 

 

[The other toys are almost caught up with the green case]

他のおもちゃたちは、もう少しで緑のケースに追いつくところまで来た。

to catch up with:~に追いつく、~についていく、~と情報交換する

 

 

Hamm: (緑のケースに走り寄りながら)Here we come, Woody. Woody, here we come. Here we come. Woody!

ハム:助けに来たぞ、ウッディ。ウッディ、俺達が来たからな。待ってろよ、ウッディ!

Here we come:来たぞ!

※映画字幕では「待ってろ、今助けてやる」と訳されています。

 

 

[They open it to saw cameras inside it and not Woody]

おもちゃたちが緑のケースを開けると、中にはウッディではなくカメラ機材が収められていた。

 

 

Toys: Awww!

おもちゃたち:(残念そうに)ああああ!

 

 

Hamm: Hey, nice flash, though.

ハム:(緑のケースの中のカメラ機材を見て)なぁ、でもいいフラッシュだよな。

flash:カメラのフラッシュ機材

though:~だけれども、でも

 

 

今回の重要表現: caught up with

この記事の中から私が重要だと思う英単語、フレーズをひとつだけ選びました。

[The other toys are almost caught up with the green case]

他のおもちゃたちは、もう少しで緑のケースに追いつくところまで来た。

to catch up with:~に追いつく、~についていく、~と情報交換する

 

 

単語リスト

to sort:分類する、仕分けする、選別する

lots and lots of:非常にたくさんの、~がいっぱいあって

as far as:~の範囲までは、~する限りでは

to gasp:ハッと息を呑む、息を切らす、息を止める

to stun:(すぐに反応できないほど人を)驚かせる・呆然とさせる・衝撃を与える

to slide down:ずるずる滑り落ちる

ramp:斜道、傾斜路

conveyor belt:空港内の荷物を運ぶベルトコンベア

to land:着地する、上陸する

in a heap:ドサリと、ドタリと、山をなして

heap:積み重ねたもの、堆積

blech:(嫌悪を表す間投詞)ゲーッ、オエッ、ゲッ、くそっ

to appear:現れる、姿を見せる

far away from:遠く離れて

below:~より下に

to go after:~の後を追う、~を追い求める

to hop:片足で軽く跳ぶ、両足でぴょんぴょん跳ぶ

back end:スリンキーの胴体の尻尾側

gets caught in:巻き込まれる、(嵐などに)襲われる、(雨やひどい目に)遭う、わなにかかる

handle:ハンドル、取っ手、柄

whoa:ちょっとまって、止まれ、馬を止めるときの掛け声

goin':goingの略

to drag:引く、引っ張る、引きずり込む

to get away:離れる、逃げる

to catch up with:~に追いつく、~についていく、~と情報交換する

Here we come:来たぞ!

flash:カメラのフラッシュ機材

though:~だけれども、でも

-Toy Story 2, 映画やドラマで英語

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...