Toy Story 2 映画やドラマで英語

【映画で英会話】トイ・ストーリー2(Toy Story 2) Woody and Buzz rescue Jessie-1 (119)

2021/06/16

ディズニー映画「トイ・ストーリー2」を使って英語+英会話の勉強をしています。利用している脚本サイトや、「トイ・ストーリー1」の記事などへのリンクは記事下にまとめてあります。

・黄色い枠内の文は後日スカイプ英会話で先生に確認してから書き直す、もしくは追加の解説を加えるかもしれません。

 

Woody and Buzz rescue Jessie-1

 

Woody: Happy trails, Prospector!

ウッディ:(女の子のリュックに入れられて遠ざかっていくプロスペクターをバズと並んで見ながら)よい旅を、プロスペクター!

Happy trails:よい旅を、楽しい旅を

 

 

Slinky: Buzz! Woody!

スリンキー:(離れたところにある緑のケースから)バズ!ウッディ!

Slinky:スリンキー、胴体がバネの犬の人形

 

 

Hamm: Help us out here!

ハム:こっちを手伝ってくれ!

Hamm:ハム、豚の貯金箱

out here:ここ、屋外にいるときにつかう

 

 

[They're holding the case lid up to let Bullseye get out of it and wait for Jessie to get out]

おもちゃたちは緑のケースのふたを支えて馬のブルズアイを外に出し、ジェシーが出てくるのを待っていた。

to hold up:持ち上げる、支える、維持する

lid:(容器などの)ふた、まぶた

Bullseye:ブルズアイ、ウッディの愛馬の馬の人形

to get out:外に出る、出版する

Jessie:ジェシー、赤毛のカウガール人形

to wait for:~を待つ

 

 

Rex: Hurry!

レックス:急いで!

Rex:恐竜人形のレックス

 

 

Woody: Oh, no. Jessie! Come on!

ウッディ:ああ、まずい。ジェシー!頑張れ!

 

 

Jessie: Oh, Woody! Help!

ジェシー:ああ、ウッディ!助けて!

 

 

[Then the case reached the ramp outside the sorting area and it slides down to the bottom to a platform …

その時、緑のケースが仕分け区域の外にでる傾斜路に到達し、ケースは傾斜路を滑り落ちて建物の外の地面近く(platform )へと出るが…

ramp:傾斜路、ランプ

platform:プラットフォーム、ここでは乗客や貨物の積み下ろしをする場所であるエプロン(apron)を指す

 

 

…where a man picks it up and put it on a dolly a vehicle that pulls trailers of luggage to the aeroplanes]

…そこにはひとりの男性がおり、(荷物を積んだ)トレーラーを航空機へと牽引する運搬車に、(傾斜路を滑り降りてきた)荷物を拾い上げて積み込んでいた。

dolly:台車、トレーラーの台車、キャスター付きの手で押せる小型の台車

aeroplane:航空機、英国で使われる言葉、=airplane

 

 

Woody: Jessie!

ウッディ:ジェシー!

 

 

[He whistles for Bullseye and climb onto him]

ウッディは口笛を吹いてブルズアイを呼び、その背に乗る。

to whistle:口笛を吹く

to climb:よじ登る、登る

 

 

Woody: Come on, Buzz. Hyah!

ウッディ:来いよ、バズ。ハイヤ!

hyah:馬への呼び掛け、前に進むように命ずる呼び掛け

 

 

[Buzz Lightyear close his helmet and climb up behind Woody on Bullseye]

バズは自分のヘルメットを被り、ウッディの後によじ登りブルズアイに乗る。

 

 

Woody: Run like the wind, Bullseye!

ウッディ:風のように走れ、ブルズアイ!

Run like the wind:ウッディの決め台詞のひとつ

 

 

[Bullseye slide down the ramp, hop off the platform and chase after the dolly as fast as he can]

ブルズアイは傾斜路を滑り降り、空港内の舗装へとぴょんと跳び下り、できる限りの速さで運搬車のあとを追いかける。

to hop off:ぴょんと跳び下りる、立ち去る、離陸する

to chase after:~を追いかける

 

 

Woody: Hey howdy hey! Giddy-up!

ウッディ:よし、いいぞ、行け!進め!

howdy:よお!、テキサスの挨拶、"How do you do?"が短縮されたもの

giddy-up:(間投詞)馬を進ませるときの掛け声、進め!

 

 

Buzz Lightyear: Come on, Bullseye! Hyah!

バズ:頑張れ、ブルズアイ!ハイヤ!

come on:早く早く、お願いだから、頑張れ、冗談じゃない

 

 

[They're getting closer to one of the trailers in front of them]

ウッディたちは徐々に、前を走るトレーラーのひとつに追いつきつつあった。

 

 

Woody: Buzz, give me a boost!

ウッディ:バズ、手を貸してくれ!

to give someone a boost(up):~を後押しする・支援する・応援する、褒める、励ます

 

 

 

今回の重要表現:Give me a boost!

この記事の中から私が重要だと思う英単語、フレーズをひとつだけ選びました。

Woody: Buzz, give me a boost!

ウッディ:バズ、手を貸してくれ!

to give someone a boost(up):~を後押しする・支援する・応援する、褒める、励ます

 

 

単語リスト

Happy trails:よい旅を、楽しい旅を

out here:ここ、屋外にいるときにつかう

to hold up:持ち上げる、支える、維持する

lid:(容器などの)ふた、まぶた

to get out:外に出る、出版する

to wait for:~を待つ

ramp:傾斜路、ランプ

platform:プラットフォーム、ここでは乗客や貨物の積み下ろしをする場所であるエプロン(apron)を指す

dolly:台車、トレーラーの台車、キャスター付きの手で押せる小型の台車

aeroplane:航空機、英国で使われる言葉、=airplane

to whistle:口笛を吹く

to climb:よじ登る、登る

hyah:馬への呼び掛け、前に進むように命ずる呼び掛け

Run like the wind:ウッディの決め台詞のひとつ

to hop off:ぴょんと跳び下りる、立ち去る、離陸する

to chase after:~を追いかける

howdy:よお!、テキサスの挨拶、"How do you do?"が短縮されたもの

giddy-up:(間投詞)馬を進ませるときの掛け声、進め!

come on:早く早く、お願いだから、頑張れ、冗談じゃない

to give someone a boost(up):~を後押しする・支援する・応援する、褒める、励ます

-Toy Story 2, 映画やドラマで英語

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...