Toy Story 2 映画やドラマで英語

【映画で英会話】トイ・ストーリー2(Toy Story 2) Woody Arm Rip-2(12)

2021/01/24

 

ディズニー映画「トイ・ストーリー2」を使って英語+英会話の勉強をしています。利用している脚本サイトや、「トイ・ストーリー1」の記事などへのリンクは記事下にまとめてあります。

・黄色い枠内は、スカイプ英会話で先生に質問した内容とその返答・解答を記したものです。

 

Woody Arm Rip-2

 

Mrs Davis: Andy, let's go. Molly's already in her car seat.

アンディのママ:アンディ、行きましょ。モリーはもう自分のシートに座ってるわよ。

Molly:モリー、アンディの妹

 

 

Andy: But, Mom, Woody's arm ripped.

アンディ:でもママ、ウッディの腕が裂けちゃった。

arm:腕

to rip:破る、裂ける

 

 

Mr Davis: Oh, no. Maybe we can fix him on the way.

ママ:あらまあ、たぶんキャンプに行く途中で、修繕できるわよ。

to fix:修理する、固定する

on the way:途中で、行く道で

 

 

Andy: No, just leave him.

アンディ:ううん、ウッディは置いてく。

to leave:残す、置きっぱなしにする、出発する

 

 

Mrs Davis: I'm sorry, honey, but you know toys don't last forever.

ママ:残念だけど、おもちゃもずっとそのままっていうわけにはいかないわ。

to last:(動)続く、存続する、耐える

forever:永久に

 

 

[She put Woody on a shelf and she and Andy left the room.

アンディのママは、ウッディを棚の上に置き、アンディと部屋を出る。

shelf:棚

to left:leaveの過去形、離れる、出発する

 

 

Woody unfreezes and gasps with dismay at that.

ウッディは(静止させていた)体の緊張をゆるめ、そのまま、ハッと息をのむ。

to unfreeze:(凍ったものを)溶かす、解凍する、溶ける

to gasp:ハッと息をのむ、息を切らす、あえぐ

dismay:ろうばい、うろたえ

at that:そのまま、そのへんで

質問:この場合のunfreezeの訳は「体を動かし」でもOKでしょうか?

K先生(帰国子女なキュートガール)の解答:「体を動かし」でいいと思います。「だるまさんがころんだ」の「とまれ」を言うとき、英語ではフリーズ(freeze)と言います。ピタッと止まった体がほぐれるのがアンフリーズ(unfreeze)です。トイ・ストーリー上での"unfreeze"は、人形から人間になる感じ、生命が灯るようなニュアンスで使われているようです。

 

 

Buzz, and the other toys look up and see this]

バズと他のおもちゃたちは、ウッディのそういった一連の動きを(棚の上のウッディを)見上げて、目の当たりにする。

to look up:見上げる、目を上げる

 

 

Rex: What happened?

レックス:何が起こったの?

Rex:恐竜人形のレックス

 

 

Mr Potato Head: Woody's been shelved.

ポテトヘッド:ウッディが棚に置かれた。

Mr Potato Head:ミスター・ポテトヘッド、体がじゃがいもの人形

Woody's:"Woody has"の省略形、文でみると現在完了形

to shelve:棚に乗せる、(問題や計画などを)棚上げにする、延期する

 

 

Rex: (gasps)

レックス:(ハッと息をのむ)

 

 

[Woody looks at his torn arm, lifts it and then lets it go and it falls down.

ウッディは自分の破れた腕を見て、(もう片方の手で破れた腕を)持ち上げ、それから(持ち上げていた腕を手から離して)落ちるにまかせた。

torn:破れた、引き裂いた

to lift:持ち上げる

let it go:そのままにする、なにもしないでおく、あきらめる

to fall down:落ちる、倒れる

 

 

Woody look out the window to see Andy get into the car]

ウッディが窓の外を見ると、アンディが車に乗り込むのが見える。

to look out:外を見る、注意しろ

to get into:車に乗り込む

質問:このto seeは「窓の外をみると~が見えた」という訳でOKですか?TO不定詞の使い方に当てはまらない感じがします。「ふと、なんの気なしに外を見た」というニュアンスなのか、「明確な意志を持ってアンディを見るために外を見た」というニュアンスなのか、どっちでしょう?

K先生(帰国子女なキュートガール)の解答:この"to see"は不定詞の使い方ではなく、"and saw"の感覚で使っているようです。イギリス英語的な使い方ではないかと思います。文脈の流れで使っている。普通は見る(see)のと違う行動が"to"の後に来るが来ていない。読んでいてちょっと混乱するかんじです。訳は映画の映像にも合っているので「窓の外を見ると~が見えた」でいいと思います。

 

 

Woody: Andy!

ウッディ:アンディ!

 

 

[The car drives off. 

アンディたちの車が走り去る。

to drive off:車で走り去る

 

 

Woody looks sad and let his legs dangle from the shelf. 

ウッディは悲しそうに、棚から脚をぶらぶらさせる。

to dangle:ぶら下がる、ぶらぶら揺れる

 

 

The other toys look up at him]

他のおもちゃたちは、(棚の上の)ウッディを見上げている。

 

 

Slinky: Woody?

スリンキー:ウッディ?

Slinky:スリンキー、胴体がバネの犬のおもちゃ

 

 

Bo Peep: Woody? Honey, are you OK?

ボー:ウッディ?ねぇ、大丈夫?

Bo Peep:ボー・ピープ、女羊飼い人形

 

 

[Woody pull his legs up out of sight.

ウッディは(棚からぶらぶらさせていた)両脚を(おもちゃたちから見えない棚の奥へと)引き上げる。

to pull up:引き寄せる、引き上げる、(馬や車を)止める

out of sight:見えないところに

 

 

Bo and Buzz look at each other worriedly]

ボーとバズは、互いに心配そうに目を合わす。

worriedly:心配そうに、当惑して

 

 

 

-Toy Story 2, 映画やドラマで英語

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...