Toy Story 2 映画やドラマで英語

【映画で英会話】トイ・ストーリー2(Toy Story 2) Ending-4 (128)

2021/06/29

ディズニー映画「トイ・ストーリー2」を使って英語+英会話の勉強をしています。利用している脚本サイトや、「トイ・ストーリー1」の記事などへのリンクは記事下にまとめてあります。

・黄色い枠内の文は後日スカイプ英会話で先生に確認してから書き直す、もしくは追加の解説を加えるかもしれません。

 

Ending-4

 

Wheezy: (in Robert Goulet's voice) You've got a friend in me~

ウィージー:(ロバート・グーレ氏の歌声で)君は僕の友達さ~♪

Wheezy:ウィージー、おなかを押すと音が出でるペンギン人形

Robert Goulet:ロバート・グーレ、米国の歌手・俳優(日本語版wikipedia

You've got a friend in me:トイ・ストーリー2の主題歌「君はともだち」

 

 

Wheezy: You've got a friend in me~

ウィージー:君は僕の友達なんだ~♪

 

 

Wheezy: You just remember what your old pal said~

ウィージー:君の昔からの仲間の言葉を、どうか覚えていて欲しい~♪

pal:仲間、仲良し、友達

 

 

Wheezy: Babe, you've got a friend in me~

ウィージー:ねえ君、君は僕の友達なんだ~♪

babe:赤ちゃん、かわいい女の子・男の子、セクシーな女性

 

 

Wheezy: Yeah, you've got a friend in me~

ウィージー:ああそうさ、君は僕の友達なんだ~♪

 

 

[Woody hears Buster barking.

ウッディは、犬のバスターが吠えているのを耳にする。

Buster:バスター、アンディの家で飼っている犬の名前

 

 

He went over to the window and look down to see Andy helping Molly walk over to their mum at the van]

ウッディが窓の側へ行って下を見下ろすと、車の脇にいるママへと歩いていくモリーを、アンディが助けているのが見える。

to look down:下を見る、見下ろす

Andy:アンディ、ウッディやバズの持ち主の男の子

Molly:モリー、アンディの妹

van:バン、ワゴン車、ライトバン、箱型のトラック

 

 

Andy's Mom: Come on, honey. Come on over. Oh, you are such a big girl.

アンディのママ:来て、ハニー。こっちに来て。(歩いてこれるなんて)ああ、なんて立派な大人の女性になったんでしょう。

come on over:こちらへ来てください

big girl:大人の女性、女の子に対して「もう大人だ」と褒めるときや、「もう大人なんだから自分でできる」と自分で言うときに使う言葉

 

 

Andy's Mom: Andy, you think she's ready to drive the car yet?

アンディのママ:アンディ、モリーはもう車の運転すらできるようになってると思わない?

 

 

Andy: Yeah, and I can teach her.

アンディ:そうだね、それに僕もモリーに運転を教えられるよ。

 

 

[Buzz come over to Woody]

バズが(窓からアンディたちを見ている)ウッディのところへ来る。

 

 

Buzz Lightyear: You still worried?

バズ:(アンディが大人になった後の自分との関係を)まだ心配してるのか?

to worry:心配する、気をもむ、くよくよする

 

 

Woody: About Andy? Nah. It'll be fun while it lasts.

ウッディ:アンディのこと?いや、心配はしてないよ。アンディがかまってくれる間は、楽しいだろうしね。

nah:いいえ、それは違う、Noよりカジュアルな言い方

to last:続く、持続する

関連フレーズ:it was fun while it lasted:一時的なことだけれど楽しい経験をした、この発言をしている人は楽しい経験が続かないことを認め、あきらめて受け入れている(the free dictionary

☆…☆…☆…☆…☆…☆

質問:こんな訳でいいでしょうか?

 

 

Buzz Lightyear: I'm proud of you, cowboy.

バズ:さすがだな、カウボーイ。

be proud of:~を自慢に思う、~に満足する

 

 

Woody: Besides, when it all ends, I'll have old Buzz Lightyear to keep me company. For infinity and beyond.

ウッディ:それに、(アンディとの関係が)全部終わったとしても、俺にはバズ・ライトイヤーという昔からの友人が一緒にいてくれるしな。無限の彼方を一緒に超えていこうぜ。

besides:そのうえ、それに加えて

to keep company:付き合う、一緒にいる

For infinity and beyond:バズのキメ台詞のひとつ"To infinity and beyond"(無限の彼方へ、さあ行くぞ)をもじたセリフ

infinity:無限

beyond:~を超えて

☆…☆…☆…☆…☆…☆

質問:"For infinity and beyond."は、"To infinity and beyond"をなぞったフレーズですが、"For"にしたのは、「無限の彼方をさらに超えていくために、これからも仲良くしてくれよな」というニュアンスで変更したのでしょうか?

 

 

[Wheezy continues singing on a stage out of blocks and with three Barbie dolls as backup singers]

ウィージーはおもちゃのブロックで作ったステージの上で歌い続けていて、3体のバービー人形がバックコーラスを務めている。

out of:~から作り出して、~を材料として、~から外へ、~を切らして

Barbie:バービー人形、米国のマテル社の有名な人形

backup singer:バックコーラス、歌手の後で合唱する人たち

 

 

Wheezy: You're gonna see it's our destiny~

ウィージー:君にも分かるさ、友達でいるのは俺たちの運命なんだってことが~♪

gonna:"going to"の略

destiny:運命、宿命

 

 

Wheezy: You got a friend in me~

ウィージー:君は僕の友達さ~♪

 

 

Wheezy: Barbie dolls: Yes, you do~

ウィージーとバービー人形たち:そうさ、君は僕の友達になったんだ~♪

 

 

Wheezy: You've got a friend in me~

ウィージー:君は僕の友達さ~♪

 

 

Barbie dolls: That's the truth~

バービー人形たち:本当さ~♪

 

 

Wheezy: You've got a friend in me~ Yeah!

ウィージー:君は僕の友達さ~♪イェーイ!

 

 

[The iris closes in on Wheezy, end of Toy Story 2]

画面が黒く反転する中、ウィージーのまわりだけが円形に色彩を保ち(the iris closes in)、トイ・ストーリー2の終演を迎える。

iris:(眼球の)虹彩

close in:包囲する、閉じ込める、迫ってくる

※"the iris closes in"は、映像編集の手法を表現したものです

 

今回の重要表現:to keep company

この記事の中から私が重要だと思う英単語、フレーズをひとつだけ選びました。

Woody: Besides, when it all ends, I'll have old Buzz Lightyear to keep me company. For infinity and beyond.

ウッディ:それに、(アンディとの関係が)全部終わったとしても、俺にはバズ・ライトイヤーという昔からの友人が一緒にいてくれるしな。無限の彼方を一緒に超えていこうぜ。

besides:そのうえ、それに加えて

to keep company:付き合う、一緒にいる

 

 

単語リスト

pal:仲間、仲良し、友達

babe:赤ちゃん、かわいい女の子・男の子、セクシーな女性

to look down:下を見る、見下ろす

van:バン、ワゴン車、ライトバン、箱型のトラック

come on over:こちらへ来てください

big girl:大人の女性、女の子に対して「もう大人だ」と褒めるときや、「もう大人なんだから自分でできる」と自分で言うときに使う言葉

to worry:心配する、気をもむ、くよくよする

nah:いいえ、それは違う、Noよりカジュアルな言い方

to last:続く、持続する

be proud of:~を自慢に思う、~に満足する

besides:そのうえ、それに加えて

to keep company:付き合う、一緒にいる

infinity:無限

beyond:~を超えて

out of:~から作り出して、~を材料として、~から外へ、~を切らして

Barbie:バービー人形、米国のマテル社の有名な人形

backup singer:バックコーラス、歌手の後で合唱する人たち

gonna:"going to"の略

destiny:運命、宿命

iris:(眼球の)虹彩

close in:包囲する、閉じ込める、迫ってくる

-Toy Story 2, 映画やドラマで英語

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...