Toy Story 2 映画やドラマで英語

【映画で英会話】トイ・ストーリー2(Toy Story 2) Toy Story 2 Bloopers-4 (132)

2021/07/05

ディズニー映画「トイ・ストーリー2」を使って英語+英会話の勉強をしています。利用している脚本サイトや、「トイ・ストーリー1」の記事などへのリンクは記事下にまとめてあります。

・黄色い枠内の文は後日スカイプ英会話で先生に確認してから書き直す、もしくは追加の解説を加えるかもしれません。

 

Toy Story 2 Bloopers-4

 

(Cut to the scene where Mrs. Potato head is about to put supplies in Mr. Potato Head)

ポテトヘッド夫人がMr.ポテトヘッド(の背中にある備品スペース)に(ウッディ救出に向けて)持っていく品物を、ちょうど入れようtとしている場面へと切り替わる。

to cut:これまでの映像を切って次の映像を流す

Mrs. Potato head:ポテトヘッド夫人、体がじゃがいもの人形

be about to:まさに~しようとしている

supplies:供給品、補給品、必需品、援助物資

Mr. Potato Head:Mr.ポテトヘッド、体がじゃがいもの人形

 

 

John Lasseter: And action.

ラセター監督:アクション(撮影開始)。

John Lasseter:ジョン・ラセター(日本語版wikipedia)、映画監督、バズ・ライトイヤーの外見のモデルになった男性

to action:(映画撮影時などの)開始を告げる言葉

 

 

Mrs. Potato Head: I'm packing you an extra pair of shoes and your angry eyes just in case.

ポテトヘッド夫人:(あなたの背中の備品スペースに)替え用の靴を詰めているところよ、それと念の為に怒った目もね。

to pack:(持ち物などをかばんに)詰める・荷造りする

extra:余分な、追加の、極上の

angry eyes:怒りの目、ポテトヘッドの替え用の怒った目のパーツのこと

just in case:念の為、万が一に備えて

 

 

Mrs. Potato Head: And if you get hungry, here's some cheese puffs. And a key.

ポテトヘッド夫人:もしお腹が空いたら、チーズパフがここに入ってるから。あと鍵ね。

get hungry:お腹が減る、空腹になる

cheese puffs:チーズパフ、とうもろこしなどを原料につくったお菓子

puff:ふわっと膨れたもの、化粧用のパフ

 

 

Mrs. Potato Head: I don't know what it's for, but you never know.

ポテトヘッド夫人:この鍵がどこの鍵だか私は知らないけど、でもひょっとしてどこかで使えるかもしれないでしょ。

you never know:まだわからない、先のことはわからない、ひょっとして

☆…☆…☆…☆…☆…☆

質問:"you never know"の訳はこんなかんじでもいいのでしょうか?

 

 

(She places the last item into him)

ポテトヘッド夫人は、最後の品をポテトヘッドに詰め込む。

to place:置く、設置する、収納する

 

 

 

☆…☆…☆…☆…☆…☆

 

 

 

(Cut to the scene where Woody has just met Bullseye and Jessie who is holding Woody)

ウッディがちょうどブルズアイとジェシーに出会ったシーンへと場面は移り、ジェシーは(背後から抱きついて)ウッディを拘束している。

Bullseye:ブルズアイ、ウッディの愛馬の馬の人形

Jessie:ジェシー、赤毛のカウガール人形

 

 

Man 1: Speed.

撮影スタッフ1:スピード。

 

 

Man 2: Marker.

撮影スタッフ2:マーカー。

 

 

John Lasseter: And action.

ラセター監督:アクション(撮影開始)

 

 

(Jessie flings Woody away and grabs his string)

ジェシーはウッディを放り投げ、ウッディの背中にある引きひもをつかむ。

to fling away:投げ捨てる、浪費する、チャンスを棒にする

string:糸、細いひも

 

 

Jessie: Whoo!

ジェシー:イエーイ!

Whoo:(間投詞)喜びを表す言葉、やったー、イエーイ

 

 

(The string suddenly snaps and Woody is sent flying off screen and crashes into something.

ウッディの引きひもが突然切れ、ウッディは画面の外へと投げ飛ばされ、何かに衝突する。

to snap:(鋭い音をたてて)折れる・切れる、パチンと音をたてる

to send fly:投げ飛ばす、放り出す、解雇する

off screen:映画などの画面に映らないところで、実生活で

 

 

Jessie looks down at the string horrified at first before she starts laughing hysterically as the crew joins in and even Woody)

最初、ジェシーは恐怖に襲われたように切れたひもを見下ろしていたが、そのあとひどく興奮したように笑いはじめると、撮影スタッフにウッディでさえ笑い始める。

to look down:見下ろす

horrified:(形)恐怖に襲われた、怖がっている

at first:最初は、はじめは

hysterically:ヒステリックに、ひどく興奮して、狂乱状態で、非常に

crew:クルー、乗組員、ここでは映画スタッフのこと

even:~でさえも、なお

 

 

Jessie: Could...? Should we just...? Should that be part of the movie now? He lost... He lost his string.

ジェシー:こんなことってあるの…? もうしちゃう…? このシーン(that)映画の一部にしちゃったほうがいいんじゃない? 切れたし…ウッディのひもが切れちゃったし。

Should ~?:~したほうがいいですか?

part of:~の一部、~の一環

☆…☆…☆…☆…☆…☆

質問:"Could...?"は「可能だったの?」という意味かなとおもい「こんなことってあるの?」と訳しましたが、合ってます?

 

 

(Jessie laughs again and bends over, clutches her stomach before she drops the string in her laughter)

ジェシーは再び笑い、(可笑しさのあまりに)前かがみになってお腹のあたりを手でつかみ、その後、ジェシーの笑い声が響く中、彼女は手に握っていたウッディの引きひもを落とす。

to bend over:かがむ、腰を曲げる、前かがみになる

to clutch:しっかりとつかむ・握る

stomach:胃、腹部

laughter:笑い声

 

 

今回の重要表現:you never know

この記事の中から私が重要だと思う英単語、フレーズをひとつだけ選びました。

Mrs. Potato Head: I don't know what it's for, but you never know.

ポテトヘッド夫人:この鍵がどこの鍵だか私は知らないけど、でもひょっとしてどこかで使えるかもしれないでしょ。

you never know:まだわからない、先のことはわからない、ひょっとして

 

 

単語リスト

to cut:これまでの映像を切って次の映像を流す

be about to:まさに~しようとしている

supplies:供給品、補給品、必需品、援助物資

to action:(映画撮影時などの)開始を告げる言葉

to pack:(持ち物などをかばんに)詰める・荷造りする

extra:余分な、追加の、極上の

angry eyes:怒りの目、ポテトヘッドの替え用の怒った目のパーツのこと

just in case:念の為、万が一に備えて

get hungry:お腹が減る、空腹になる

cheese puffs:チーズパフ、とうもろこしなどを原料につくったお菓子

puff:ふわっと膨れたもの、化粧用のパフ

you never know:まだわからない、先のことはわからない、ひょっとして

to place:置く、設置する、収納する

to fling away:投げ捨てる、浪費する、チャンスを棒にする

string:糸、細いひも

Whoo:(間投詞)喜びを表す言葉、やったー、イエーイ

to snap:(鋭い音をたてて)折れる・切れる、パチンと音をたてる

to send fly:投げ飛ばす、放り出す、解雇する

off screen:映画などの画面に映らないところで、実生活で

to look down:見下ろす

horrified:(形)恐怖に襲われた、怖がっている

at first:最初は、はじめは

hysterically:ヒステリックに、ひどく興奮して、狂乱状態で、非常に

crew:クルー、乗組員、ここでは映画スタッフのこと

even:~でさえも、なお

Should ~?:~したほうがいいですか?

part of:~の一部、~の一環

to bend over:かがむ、腰を曲げる、前かがみになる

to clutch:しっかりとつかむ・握る

stomach:胃、腹部

laughter:笑い声

-Toy Story 2, 映画やドラマで英語
-

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...