Toy Story 2 映画やドラマで英語

【映画で英会話】トイ・ストーリー2(Toy Story 2) Who‘s Stole Woody-1 (26)

2021/01/26

 

ディズニー映画「トイ・ストーリー2」を使って英語+英会話の勉強をしています。利用している脚本サイトや、「トイ・ストーリー1」の記事などへのリンクは記事下にまとめてあります。

 

Who‘s Stole Woody-1

 

[At Andy's room, Etch have draw a picture of Woody as the toys are trying to figure out who took him,]

アンディの部屋では、お絵かきボードのエッチがウッディの絵を(自分のボードに)描いていて、おもちゃたちは誰がウッディを連れて行ったのか解き明かそうとしている。

Etch:エッチ、お絵かきボード、Ohio Art社のエッチ・ア・スケッチ

to figure out:(原因などを)解き明かす・解明する、理解する、算定する、~であると分かる

to take:連れて行く、搬送する、手に取る、解釈する

 

 

Hamm: All right, let's review this one more time.

ハム:よし、もう一度、これを再検討してみよう。

Hamm:ハム、豚の貯金箱

to review:再調査する、再検討する、(本などを)論評する、復習する、視察する

 

 

At precisely 8:30-ish, Exhibit "A"...Woody... was kidnapped Exhibit "B" : Composite sketch of the kidnapper.

正確な時刻でいうと8時30分頃、証拠物件「A」…ウッディだな…は証拠物件「B」に誘拐された。(エッチがウッディの絵を男の絵に変えて)これは誘拐犯の合成画像だ。

precisely:正確に、的確に、精密に、几帳面に

-ish:(時刻が)~頃、(数値が)およそ~の、~に属する、~性の、~じみた

Exhibit:証拠物件、証拠、添付資料、別紙、展覧会、展示品

to kidnap:誘拐する、拉致する

composite:合成写真(画像)の、合成の、混成の

kidnapper:誘拐犯

 

※脚本中には「At precisely : -ish,」と書かれていましたが、映画の音声では「At precisely 8:30-ish,」と言っているので訂正しました。

 

 

[Etch draws a false picture of Al who's got a beard]

エッチは、アルがあごひげをはやしている間違った絵を描く。

false:間違った、誤った

Al:アル・マクウィギン、おもちゃ店「アルのトイ・バーン」の店主、ニワトリのきぐるみでテレビのCMに出演している

beard:あごひけ

 

 

Toys: Nah, that's not him.

おもちゃたち:違うよ、それはヤツじゃない。

Nah:Noのカジュアルな言い方、いいえ、そうではない

 

 

Bo Peep: He didn't have a beard like that.

ボー:誘拐犯は、そんなあごひげを生やしていなかったわ。

Bo Peep:ボー・ピープ、女羊飼い人形

 

 

Hamm: Fine. Uh, Etch, give him a shave.

ハム:分かった。んー、エッチ、その男のひげをそってくれ。

shave:(名)ひげそり、ひげそり道具

※ひげをそるは"I have a shave." "I shave my beard."、ひげをそってもらうは"I get a shave."

 

 

[Etch redraws Al again but without the beard]

エッチはアルの絵を、あごひげなしで再び描く。

to redraw:描き直す、(線などを)再び引く

 

 

Slinky: The kidnapper was bigger than that.

スリンキー:誘拐犯は、その絵より大きかったぞ。

Slinky:スリンキー、胴体がバネの犬のおもちゃ

 

 

Hamm: Oh, picky, picky, picky.

ハム:あー、うるさい、うるさい、うるさい。

picky:えり好みする、小うるさい、口やかましい、(味などに)うるさい、(食べ物に)好き嫌いのある

 

 

Mr Potato Head: Let's just go straight to Exhibit "F": The kidnapper's vehicle.

ポテトヘッド:そのまま証拠物件「F」に行こう。誘拐犯の車だ。

Mr Potato Head:ミスター・ポテトヘッド、体がじゃがいもの人形

to go straight:そのまま行く、まっすぐ行く

vehicle:乗り物、車輪がついて道路やレールを走行するもの、通信手段

 

 

 

 

-Toy Story 2, 映画やドラマで英語

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...