Toy Story 2 映画やドラマで英語

【映画で英会話】トイ・ストーリー2(Toy Story 2) Woody Hangs out with Roundup Gang-1 (41)

2021/02/12

ディズニー映画「トイ・ストーリー2」を使って英語+英会話の勉強をしています。利用している脚本サイトや、「トイ・ストーリー1」の記事などへのリンクは記事下にまとめてあります。

・黄色い枠内の文は後日スカイプ英会話で先生に確認してから書き直す、もしくは追加の解説を加えるかもしれません。

 

Woody Hangs out with Roundup Gang-1

 

[The scene changes to Al's apartment where Woody, Jessie, Bullseye and Stinky Pete are watching Woody's Roundup.

場面変わって、アルのマンションの部屋。ウッディ、ジェシー、ブルズアイ、プロスペクターがウッディが主役の人形劇「ウッディのラウンドアップ」を見ている。

Al:アル・マクウィギン、おもちゃ店「アルのトイ・バーン」の店主、ニワトリのきぐるみでテレビのCMに出演している

Jessie:ジェシー、赤毛のカウガール人形

Bullseye:ブルズアイ、ウッディの愛馬の馬の人形

Stinky Pete:プロスペクター、スティンキー・ピート(悪臭ピート)、金鉱掘りの人形

 

 

Woody, are in awe at the show that has himself in it]

ウッディは自分が出ているテレビ番組に、畏敬の念を抱いている。

in awe:畏敬の念を抱いて

awe:畏敬、畏怖

畏敬の念(いけいのねん):畏れて(おそれて)敬う心情のこと。神仏や自然などに対する敬意と畏れ、他人に対する強い尊敬の気持ち

awe:an emotion variously combining dread, veneration, and wonder that is inspired by authority or by the sacred or sublime

dread:恐怖、不安 veneration:尊敬、崇拝  wonder:驚異、驚き

to inspire:激励する、感情を起こさせる  sublime:荘厳な、崇高な

 

 

TV Jessie: They don't call this the old abandoned mine for nothin', Prospector.

番組内のジェシー:みんながだてにここを古い放棄された採掘場って呼んでるわけじゃないね。

not~ for nothing:やっぱり~だけのことはある、だてに~しているわけじゃない

for nothing:(否定文で)無駄に、いたずらに;理由もなく、いわれもなく

abandoned:(形)放棄された、打ち捨てられた

mine:(名)鉱山、採掘場、坑道 (代名)私のもの

nothin':nothingの略、なにもない、少しもない

Prospector:プロスペクター、金鉱掘り、ここではピートのこと

----+----

質問:こんな訳でOKですか?

 

 

TV Jessie: I reckon we oughta get outta here.

番組内のジェシー:あたしたちは、ここから出ていくべきだよ!

to reckon:~であると考える、計算する

oughta:"ought to"の短縮、~するべきだ、~する義務がある、~すべきだったのに

to get outta:"get out of"の短縮、~から出る

 

 

Stinky Pete: Where's my gold? 

プロスペクター:ワシのゴールドはどこじゃ?

 

 

Stinky Pete: Hold on. I'll light me a candle.

プロスペクター:そのまま待っててくれ。ろうそくで照らすから。

Hold on:しっかりつかまる、電話を切らないで待つ、踏ん張る、持続する

to light:点灯する、火を付ける、明るくする

 

 

[He use a match to lit a fuse which begins to spread quickly]

プロスペクターがマッチ棒を使って(ろうそくの芯と間違えてダイナマイトの)導火線に火をつけると、火は素早く導火線を燃え進み始める。

match:マッチ棒;試合、競争相手、適合すること

to lit:lightの過去・過去分詞、火を付ける、点灯する

fuse:導火線、信管、起爆装置、電気のフューズ

to spread:広げる、伸ばす、塗る、ばらまく

----+----

質問:なんか違和感があるんですが。「to不定詞のand用法」的な違和感。英語なのに日本語的。

 

 

Prospector: This sure is a fast-burnin' wick.

プロスペクター:これは速く燃えるタイプのろうそくの芯に違いないよ。

sure:確かに、本当に

fast-burnin':"fast-burning"の略、急速に燃える、すぐに燃える

wick:ろうそくの芯

 

 

Jessie: Blast us to smithereens! 

ジェシー:木っ端微塵に爆破されちゃうよ!

to blast:(爆弾で)爆破する、(笛などを)強く吹く、強打する、非難する

smithereens:(破壊や爆発などによってできた)小さな破片

 

 

 

Jessie: That there's dynamite!

ジェシー:それはダイナマイトだよ!

that there:thatの強意形、あの、あれ

 

 

 

今回の重要表現:

この記事の中から私が重要だと思う英単語、フレーズをひとつだけ選びました。

※選定中です。しばらくおまちください。

 

 

 

単語リスト

in awe:畏敬の念を抱いて

awe:畏敬、畏怖

not~ for nothing:やっぱり~だけのことはある、だてに~しているわけじゃない

for nothing:(否定文で)無駄に、いたずらに;理由もなく、いわれもなく

abandoned:(形)放棄された、打ち捨てられた

mine:(名)鉱山、採掘場、坑道 (代名)私のもの

nothin':nothingの略、なにもない、少しもない

prospector:金鉱掘り

to reckon:~であると考える、計算する

oughta:"ought to"の短縮、~するべきだ、~する義務がある、~すべきだったのに

to get outta:"get out of"の短縮、~から出る

Hold on:しっかりつかまる、電話を切らないで待つ、踏ん張る、持続する

to light:点灯する、火を付ける、明るくする

match:マッチ棒;試合、競争相手、適合すること

to lit:lightの過去・過去分詞、火を付ける、点灯する

fuse:導火線、信管、起爆装置、電気のフューズ

to spread:広げる、伸ばす、塗る、ばらまく

sure:確かに、本当に

fast-burnin':"fast-burning"の略、急速に燃える、すぐに燃える

wick:ろうそくの芯

to blast:(爆弾で)爆破する、(笛などを)強く吹く、強打する、非難する

smithereens:(破壊や爆発などによってできた)小さな破片

that there:thatの強意形、あの、あれ

-Toy Story 2, 映画やドラマで英語

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...