Toy Story 2 映画やドラマで英語

【映画で英会話】トイ・ストーリー2(Toy Story 2) Woody Hangs out with Roundup Gang-2 (42)

2021/04/07

ディズニー映画「トイ・ストーリー2」を使って英語+英会話の勉強をしています。利用している脚本サイトや、「トイ・ストーリー1」の記事などへのリンクは記事下にまとめてあります。

・黄色い枠内は、スカイプ英会話で先生に質問した内容とその返答・解答を記したものです。

最終更新日:2021/04/07

 

Woody Hangs out with Roundup Gang-2

 

Stinky Pete: Holy tarnation!

プロスペクター:(火をつけてたのがダイナマイトだと分かって)しまった!

Stinky Pete:プロスペクター、スティンキー・ピート(悪臭ピート)、金鉱掘りの人形

Holy:ひどい、めちゃくちゃな、神聖な、聖なる

tarnation:(米方言)畜生、ちぇっ、しまった、damnation(天罰、地獄に落ちること)の婉曲語

質問:訳はこんなかんじでいいでしょうか?"tarnation"はもしかしてテキサスでよく使われる言葉ですか?

----+----

K先生(帰国子女なキュートガール)の解答:"tarnation"は、聞いたことがない言葉です。方言だったら南部の言葉なのかもしれない。why的な。

※"why"を「なぜ」という意味ではなく、お年寄りがいう「あらあら、おやおや、まあまあ」というニュアンスで南部では使い、トイ・ストーリー2ではよくでてくる。

古い言葉のような印象を受けます。ディズニー映画では、汚い言葉は使えないので、この言葉を使ったのかもしれません。

damn(くそっ)はよく聞きます。

 

 

Jessie: I'll call for help! (yodels)

ジェシー:助けを呼ぶよ!(ヨーデルを歌う)

Jessie:ジェシー、赤毛のカウガール人形

to call for:声を上げて求める、求めて叫ぶ、要求する、求めて電話する

yodels:ヨーデルを歌う、スイスなどで歌われている独特な歌唱法

※ ここでは(yodels)は、漫画の擬音のような形で使われています。sがついているのはヨーデルを歌ったのがジェシーの行動(三人称単数現在形)だからです。

 

 

[Some critters arrive at the collapsed entrance]

動物たちが何匹か、崩壊した坑道の入り口に来る。

critter:生き物、動物、creature

to arrive:到着する、着く

collapsed:(形)崩壊した、破綻した

 

 

Jessie: Hey, critters, go get Sheriff Woody! Now scurry!

ジェシー:ねぇ、みんな、ウッディ保安官を呼びに行ってちょうだい!さあ、走って!

to go get:迎えに行く、呼びに行く、取ってくる、持ってくる

sheriff:保安官

to scurry:小走りで行く、チョコチョコ走る、(渦などで)くるくると舞う

 

 

[The critters run off. Meanwhile, Woody and Bullseye are painting a school house]

動物たちが走り去る。一方その頃、ウッディと馬のブルズアイは、学校で校舎のペンキ塗りをしている。

to run off:走り去る、逃げ去る、流れ出る、脱線する

meanwhile:それと同時に、その一方で

Bullseye:ブルズアイ、ウッディの愛馬の馬の人形

 

 

Woody: Good job, Bullseye. I reckon the new school house is finally done.

ウッディ:ご苦労さま、ブルズアイ。ようやく学校の新しい校舎が出来上がったな。

to reckon:~であると考える、数える、計算する

finally:ようやく、やっと、ついに

 

 

[The critters arrived and told Woody about the problem]

そこへ動物たちが到着して、ウッディに鉱山で起こった問題を話す。

 

 

Woody: What's that? (gasps) Jessie and Prospector are trapped in the old abandoned mine?

ウッディ:なんだって?(ハッと息を呑む)ジェシーとプロスペクターが古い廃坑の罠に捕らえられただって?

gasps:ハッと息をのむ状態を表す擬音、sはウッディの行動なので三人称単数だから。

prospector:金鉱掘り、探掘者、ここではピートのこと

to trap:わなにかける、わなを仕掛ける、策略にかける、だます

abandoned mine:廃坑

abandoned:(形)放棄された、見捨てられた

mine:(名)坑道、鉱山、採掘場 (代名)私のもの

 

 

Woody: And Prospector just lit a stick of dynamite thinkin' it was a candle... and now they're about to be blown to smithereens?

ウッディ:それでプロスペクターがろうそくだと思ってダイナマイトに火をつけたと…そしてジェシーたちは、今にも木っ端微塵に爆破されようとしてるって?

to lit:lightの過去・過去分詞、火をつける、明かりを灯す

a stick of:棒の、1本の

thinkin':thinkingの略

be about to:まさに~しようとしている

to blown:爆破する、吹く、鳴る、激怒する、blowの過去分詞、過去形はblew

smithereens:粉微塵、破片

 

 

Rabbit: Mm-hm.

うさぎ:うんうん。

 

 

Woody: Ride like the wind, Bullseye!

ウッディ:風のように走れ、ブルズアイ!

to ride:~のように走る、馬を走らせる、車などが進む

 

 

[Bullseye runs off with Woody out of town and into the desert.

ブルズアイはウッディを乗せて町の外へと走り去り、砂漠の中に入る。

desert:砂漠

 

 

 

今回の重要表現:be about to

この記事の中から私が重要だと思う英単語、フレーズをひとつだけ選びました。

Woody: And Prospector just lit a stick of dynamite thinkin' it was a candle... and now they're about to be blown to smithereens?

ウッディ:それでプロスペクターがろうそくだと思ってダイナマイトに火をつけたと…そしてジェシーたちは、今にも木っ端微塵に爆破されようとしてるって?

to lit:lightの過去・過去分詞、火をつける、明かりを灯す

a stick of:棒の、1本の

thinkin':thinkingの略

be about to:まさに~しようとしている

to blown:爆破する、吹く、鳴る、激怒する、blowの過去分詞、過去形はblew

smithereens:粉微塵、破片

 

 

単語リスト

holy:ひどい、めちゃくちゃな、神聖な、聖なる

tarnation:(米方言)畜生、ちぇっ、しまった、damnation(天罰、地獄に落ちること)の婉曲語

to call for:声を上げて求める、求めて叫ぶ、要求する、求めて電話する

yodels:ヨーデルを歌う、スイスなどで歌われている独特な歌唱法

critter:生き物、動物、creature

to arrive:到着する、着く

collapsed:(形)崩壊した、破綻した

to go get:迎えに行く、呼びに行く、取ってくる、持ってくる

sheriff:保安官

to scurry:小走りで行く、チョコチョコ走る、(渦などで)くるくると舞う

to run off:走り去る、逃げ去る、流れ出る、脱線する

meanwhile:それと同時に、その一方で

to reckon:~であると考える、数える、計算する

finally:ようやく、やっと、ついに

gasps:ハッと息をのむ状態を表す擬音、sはウッディの行動なので三人称単数だから。

prospector:金鉱掘り、探掘者、ここではピートのこと

to trap:わなにかける、わなを仕掛ける、策略にかける、だます

abandoned mine:廃坑

abandoned:(形)放棄された、見捨てられた

mine:(名)坑道、鉱山、採掘場 (代名)私のもの

to lit:lightの過去・過去分詞、火をつける、明かりを灯す

a stick of:棒の、1本の

thinkin':thinkingの略

be about to:まさに~しようとしている

to blown:爆破する、吹く、鳴る、激怒する、blowの過去分詞、過去形はblew

smithereens:粉微塵、破片

to ride:~のように走る、馬を走らせる、車などが進む

desert:砂漠

-Toy Story 2, 映画やドラマで英語

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...