Toy Story 2 映画やドラマで英語

【映画で英会話】トイ・ストーリー2(Toy Story 2) Fixing Woody-1 (66)

2021/04/01

ディズニー映画「トイ・ストーリー2」を使って英語+英会話の勉強をしています。利用している脚本サイトや、「トイ・ストーリー1」の記事などへのリンクは記事下にまとめてあります。

・黄色い枠内の文は後日スカイプ英会話で先生に確認してから書き直す、もしくは追加の解説を加えるかもしれません。

 

Fixing Woody-1

 

[unaware that Al's apartment is on the other side and it's where Woody really is.

(道路を渡りきったおもちゃたちだが)ウッディがいるアルのアパートが道の反対側(自分たちが元いた側)にあることに、おもちゃたちは気がついていない。

unaware:気がつかないで、知らないで

Al:アル・マクウィギン、おもちゃ店「アルのトイ・バーン」の店主、ニワトリのきぐるみでテレビのCMに出演している

 

 

Inside, a doorbell rang and Al opens the door.

(アルのマンションの建物の)中では、玄関のベルが鳴り、アルがドアを開ける。

 

 

A old man carrying a briefcase is standing in the doorway]

ブリーフケースを持った年取った男性が、玄関口に立っている。

briefcase:ブリーフケース

doorway:玄関口、出入り口

 

 

Al: Oh, thank goodness you're here.

アル:来てくれてありがたい。

thank goodness:~とはありがたい、~してよかった

 

 

Geri: Is the specimen ready for cleaning?

ゲーリー:モノの手入れの準備はできとるのかね?

Geri:ゲーリー、修理屋のおじいさん、1998年の短編映画「ゲーリーじいさんのチェス」の主人公

specimen:やつ、見本、標本、検査サンプル

cleaning:掃除、清掃、(衣服などの)手入れ

※映画字幕にならい "specimen"を「モノ」としました。

 

 

[Geri put down his briefcase and flick two upper locks to open it.

ゲーリーはブリーフケース(のように見えた大きな裁縫箱)を置いて、その上部の2つのロックをはずすためにパチンとはじく。

to put down:下に置く

to flick:軽く弾き飛ばす、ピシッとはじく、ひょいと動く、ひらひら飛ぶ

upper:上部の

 

 

It opens up to move out into little presses.

ブリーフケースは、外側へと動かして小さな棚の数々を出すために広げられる。

to open up:広げる、広がる

to move out:運び出す、家を出る、引っ越す

press:(名)棚、圧搾機、アイロンがけ

 

 

Geri takes Woody from his glass case and touch a button which reveals a mini hair saloon chair and put him on it.

ゲーリーはガラスの飾り棚からウッディを取り、(裁縫箱の)ボタンを押して小さなヘアサロンの椅子を出して、そこにウッディを座らせる。

to reveal:漏らす、明らかにする、正体を現す

 

 

He remove his hat, press another button which open a hat stand and he put Woody's hat on it.

ゲーリーはウッディの帽子をはずし、(裁縫箱の)他のボタンを押すと帽子スタンドが(出てきて)広がり、そこにウッディの帽子を置く。

to remove:取り去る、はずす

 

 

He look through drawers until he found a pair of glasses and put them on.

ゲーリーはメガネを見つけるまでひきだしをひととおり調べ、その眼鏡をかける。

to look through:ひととおり調べる、目を通す

drawer:引き出し、たんす

to put on:着る、かぶる、はめる、化粧をする

 

 

He then raise the chair up]

ゲーリーはそれから、(ウッディの座っている)椅子の位置を上げる。

to raise up:上げる、育てる

 

 

Al: So, uh, how long is this gonna take?

アル:それで、んっと、どのくらい時間がかかりそう?

how long:(長さや日時が)どのくらい

gonna:"going to"の略

 

 

Geri: You can't rush art.

ゲーリー:芸術を大急ぎで仕上げることなどできない。

to rush:大急ぎで行う、突撃する

 

 

[He turn on a torch on his glasses and it shine bright.

ゲーリーがメガネに付属した懐中電灯のスイッチをオンにすると、それは明るく輝いた。

to turn on:電化製品などのスイッチを入れる

torch:懐中電灯

 

 

今回の重要表現:thank goodness

この記事の中から私が重要だと思う英単語、フレーズをひとつだけ選びました。

 

Al: Oh, thank goodness you're here.

アル:来てくれてありがたい。

thank goodness:~とはありがたい、~してよかった

 

 

単語リスト

unaware:気がつかないで、知らないで

briefcase:ブリーフケース

doorway:玄関口、出入り口

thank goodness:~とはありがたい、~してよかった

specimen:やつ、見本、標本、検査サンプル

cleaning:掃除、清掃、(衣服などの)手入れ

to put down:下に置く

to flick:軽く弾き飛ばす、ピシッとはじく、ひょいと動く、ひらひら飛ぶ

upper:上部の

to open up:広げる、広がる

to move out:運び出す、家を出る、引っ越す

press:(名)棚、圧搾機、アイロンがけ

to reveal:漏らす、明らかにする、正体を現す

to remove:取り去る、はずす

to look through:ひととおり調べる、目を通す

drawer:引き出し、たんす

to put on:着る、かぶる、はめる、化粧をする

to raise up:上げる、育てる

how long:(長さや日時が)どのくらい

gonna:"going to"の略

to rush:大急ぎで行う、突撃する

to turn on:電化製品などのスイッチを入れる

torch:懐中電灯

 

-Toy Story 2, 映画やドラマで英語

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...