Toy Story 2 映画やドラマで英語

【映画で英会話】トイ・ストーリー2(Toy Story 2) Fixing Woody-2 (67)

2021/04/02

ディズニー映画「トイ・ストーリー2」を使って英語+英会話の勉強をしています。利用している脚本サイトや、「トイ・ストーリー1」の記事などへのリンクは記事下にまとめてあります。

・黄色い枠内の文は後日スカイプ英会話で先生に確認してから書き直す、もしくは追加の解説を加えるかもしれません。

 

Fixing Woody-2

 

The light vanish, revealing a backdrop of cows in a field.

(ゲーリーのメガネについた明かりの)光が消えると、田畑にいる牛たちの(絵が描かれた)背景絵が見えてくる。

to vanish:突然見えなくなる、消える

to reveal:(隠されていたものを)見せる、暴露する、神が啓示する

backdrop:(劇場の)背景幕、(景色などの)背景

field:野原、田畑、競技場、分野

 

 

A shopping trolley with a cow's face and udders is moving towards Al's Toy Barn by Buzz pushing it.

牛の顔と乳房のついたショッピングカートが、バズに押されながらアルのおもちゃ店「トイ・バーン」へと向かっている。

shopping trolley:ショッピング・カート

trolley:手押し車、市街電車

udder:(牛やヤギの)乳房

Al:アル・マクウィギン、おもちゃ店「アルのトイ・バーン」の店主、ニワトリのきぐるみでテレビのCMに出演している

Toy Barn:アルの経営するオモチャ店

Buzz:バズ・ライトイヤー、アクションフィギュア

 

 

As they near the entrance, they saw a sign that said SORRY, WE'RE CLOSED]

おもちゃたちが店の入り口に近づくと、「申し訳ありません、閉店です」と書かれた表示が見えた。

to near:(動)近づく、近寄る

 

 

Slinky: Oh, no. It's closed.

スリンキー:そりゃないよ、閉店中だって。

Slinky:スリンキー、胴体がバネの犬の人形

 

 

Mr. Potato Head: We're not preschool toys, Slinky. We can read.

ポテトヘッド:俺たちは幼稚園児向けのおもちゃじゃないんだぜ、スリンキー。(字くらい)読めるさ。

Mr. Potato Head:ミスター・ポテトヘッド、体がじゃがいもの人形

preschool:幼稚園、保育園、就学前の

※ポテトヘッドは幼いお子さん向けの知育玩具だった気が…。

 

 

[They saw a worker drinking a can while walking towards the door which opens with the moo sound effect and he goes in]

おもちゃ店の店員が缶ジュースを飲みながら店の入り口ドアへと向かい、そのドアは牛のモーという鳴き声の音響効果と共に開いて、店員がそこから店の中へと入るのをおもちゃたちは目にする。

moo:モーと鳴く牛の鳴き声

sound effect:音響効果

to go in:~に入る、計画などに加わる

 

 

Worker: Hey, Joe, you're late! We got a ton of toys to unload in the back.

(店の中にいた)店員:おい、ジョー、遅刻だぞ!(店の)裏に荷降ろしする大量のおもちゃが来てるんだぞ。

late:(形)遅い、遅刻の、遅れた

to unload:荷を下ろす

a ton of:たくさんの、大量の、山ほどの

back:奥、後部、裏面

 

 

Joe: All right, all right, I'm comin', I'm comin'!

ジョー:(缶ジュースを片手に店内に入りながら)分かった、分かった、今行くから、すぐ行く!

I'm coming:今行きます、そっちにいきます、すぐ行きます

comin':comingの略

 

 

Worker: Come on! Let's get movin'!

店員:早くしろよ!荷降ろし、進めようぜ!

come on:早くしろ、お願いだから、冗談じゃない

to get moving:先に進む、仕事を続ける、盛り上がる

movin':movingの略

 

 

Buzz Lightyear: All right, let's go.

バズ:よし、行こう。

 

 

Rex: But the sign says it's closed!

レックス:でもさ、閉店って表示が出てるじゃん!

Rex:レックス、恐竜人形

 

 

[They run to the door and jump on the mat trying to open the door]

おもちゃたちは入り口のドアへと走り、入り口に置いてある玄関マットの上でジャンプして、ドアを開けようとする。

mat:マット、ドアマット

 

 

Buzz Lightyear: No, no, no, no. All together. Now!

バズ:だめだ、だめだ。みんな一斉にやろう。今だ!

all together:一斉に、同時に

 

 

[They jump together, grunting, and the door opens.

おもちゃたちは一斉にジャンプし、(豚の貯金箱ハムの体が振動で)ブーブーと音がし、ドアが開く。

to grunt:(豚が)低くうなる、ブーブー鳴く、ぶつぶつと不満を言う

 

 

As they run inside, Rex went over to a manual shelf and saw a Buzz Lightyear video game manual with a note saying "WANT TO DEFEAT ZURG? SECRETS REVEALED!"

おもちゃたちは店内へと走り込み、レックスは攻略本が置いてある棚へと行き、バズのテレビゲームの攻略本のポップ広告が「ザーグを倒したいか?ここに秘密が明らかに!」と書いてあるのを見る。

to go over:(ある場所に)行く

manual:ここでは「攻略本」のこと、取扱説明書、手動の

shelf:棚

video game:テレビゲーム

note:ここでは「ポップ広告」のこと、メモ、注釈

to defeat:(敵を)負かす、倒す;(敵に)勝つ

Zurg:悪の帝王ザーグ、バズの宿敵

 

 

Rex giggles with excitement by this.

レックスは、このポップ広告の宣伝文を見て興奮してクスクス笑う。

to giggle:クスクス笑う、クックッと笑う

 

 

The toys walk to the aisles and look at them in awe]

おもちゃたちは店内の商品棚へと歩いていき、畏怖の念を覚えながら、その棚の数々を見る。

aisle:通路、通廊

awe:畏怖

 

関連記事:awe(畏敬の念を起こさせる)は感情が動いたとき自然にもれる声「あ~」から来ていた

 

 

今回の重要表現:All together

この記事の中から私が重要だと思う英単語、フレーズをひとつだけ選びました。

Buzz Lightyear: No, no, no, no. All together. Now!

バズ:だめだ、だめだ。みんな一斉にやろう。今だ!

all together:一斉に、同時に

 

 

単語リスト

to vanish:突然見えなくなる、消える

to reveal:(隠されていたものを)見せる、暴露する、神が啓示する

backdrop:(劇場の)背景幕、(景色などの)背景

field:野原、田畑、競技場、分野

shopping trolley:ショッピング・カート

trolley:手押し車、市街電車

udder:(牛やヤギの)乳房

Buzz:バズ・ライトイヤー、アクションフィギュア

to near:(動)近づく、近寄る

preschool:幼稚園、保育園、就学前の

moo:モーと鳴く牛の鳴き声

sound effect:音響効果

to go in:~に入る、計画などに加わる

late:(形)遅い、遅刻の、遅れた

to unload:荷を下ろす

a ton of:たくさんの、大量の、山ほどの

back:奥、後部、裏面

I'm coming:今行きます、そっちにいきます、すぐ行きます

comin':comingの略

come on:早くしろ、お願いだから、冗談じゃない

to get moving:先に進む、仕事を続ける、盛り上がる

movin':movingの略

mat:マット、ドアマット

all together:一斉に、同時に

to grunt:(豚が)低くうなる、ブーブー鳴く、ぶつぶつと不満を言う

to go over:(ある場所に)行く

manual:ここでは「攻略本」のこと、取扱説明書、手動の

shelf:棚

video game:テレビゲーム

note:ここでは「ポップ広告」のこと、メモ、注釈

to defeat:(敵を)負かす、倒す;(敵に)勝つ

to giggle:クスクス笑う、クックッと笑う

aisle:通路、通廊

awe:畏怖

-Toy Story 2, 映画やドラマで英語

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...