Toy Story 2 映画やドラマで英語

【映画で英会話】トイ・ストーリー2(Toy Story 2) Buzz And The gang Searching For Woody-1 (82)

2021/04/23

ディズニー映画「トイ・ストーリー2」を使って英語+英会話の勉強をしています。利用している脚本サイトや、「トイ・ストーリー1」の記事などへのリンクは記事下にまとめてあります。

・黄色い枠内の文は後日スカイプ英会話で先生に確認してから書き直す、もしくは追加の解説を加えるかもしれません。

 

Buzz And The gang Searching For Woody-1

 

[In Al's office, Hamm and Potato Head look in a box]

アルのオフィスでは、ハムとポテトヘッドが箱の中を覗き込んでいる。

Al:アル・マクウィギン、おもちゃ店「アルのトイ・バーン」の店主、ニワトリのきぐるみでテレビのCMに出演している

 

 

Hamm: Hey, Woody, are you in here?

ハム:ヘイ、ウッディ、この中にいるのか?

 

 

Mr. Potato Head: Nah. This one's empty too.

ポテトヘッド:いないな。この箱も空だな。

Nah:Noよりもカジュアルな言い方、いいえ、そうではない

one's:"one is"の略

empty:中身のない、空の

 

 

Slinky: Woody!

スリンキー:ウッディ!

 

 

Mr. Potato Head: Woody!

ポテトヘッド:ウッディ!

 

 

Hamm: Woody!

ハム:ウッディ!

 

 

[Slinky hop onto Al's desk and went over to some Rock 'Em Sock 'Em Robots]

スリンキーはアルの机の上へとピョンと飛び、ボクシングゲームのボクサー人形の方へと行く。

to hop:(片足で)軽く跳ぶ、(両足で)ぴょんぴょん飛ぶ

Rock 'Em Sock 'Em Robots:1964年にマテル社から販売された対戦型ボクシングゲーム

 

 

Slinky: Pardon me, gentlemen, but have either of you seen a cowboy doll with a bad arm?

スリンキー:失礼、ボクサーの皆さん、あなた方のどちらか、腕を怪我したカウボーイ人形を見ませんでしたか?

Pardon me:失礼ですが、すいません

either of:~のいずれかに

 

 

Blue Rock 'Em Sock 'Em Robot: Why, no. I haven't--

青いボクサー人形:おや、見てないな。俺は見てな…

why:驚きを示す(おや、まあ、あら)、承諾を示す(もちろん)

 

 

Red Rock 'Em Sock 'Em Robot: HEY! He was talkin' to me!

赤いボクサー人形:おい!彼は俺に話してるんだぜ!(お前にじゃない)

 

 

Blue Rock 'Em Sock 'Em Robot: NO, HE WAS TALKIN' TO ME!!!

青いボクサー人形:いいや、彼は俺に話しかけてるんだ!

 

 

Red Rock 'Em Sock 'Em Robot: WHY, YOU, I'LL--

赤いボクサー人形:なんだと、おまえ、俺が…

☆…☆…☆…☆…☆…☆

質問:このwhyは、感嘆詞?それとも普通の「なぜ」?

 

 

[The two robots punch each other until the red one's head spins up, making Slinky back up in horror]

2体のボクサー人形は、赤いボクサーの頭が回転しながら上に上がるまで互いにパンチしあい、その様子を見てスリンキーは怖くなって後退する。

to spin:回転させる、(頭が)クラクラする

to back up:後退させる、渋滞させる、逆流させる

horror:恐怖

※映画では赤いボクサーロボットの頭は、回転せずそのまま上に上がるだけになっています。

 

 

Rex: You see, all along we thought the way into Zurg's fortress was through the main gate.

レックス:(バズ2に向かって攻略本の内容を紹介する)あのね、帝王ザーグの要塞に入る方法はメインゲートからだって、みんなずっと思ってたんだ。

You see:ほら、あのね、ご存知でしょう

all along:はじめから、ずっと

Zurg:悪の帝王ザーグ、バズの宿敵

fortress:要塞

 

 

Rex: But in fact, the secret entrance is to the left, hidden in the shadows.

レックス:でも実際は、秘密の入り口は影に隠れて左側にあるんだ。

 

 

Utility Belt Buzz: (open his wrist communicator to "type" in notes) To the left and in the shadows. Got it.

バズ2:(手首に装備された通信機器の蓋を開けて、記録モードにして)左の影に入り口。了解。

Utility Belt Buzz:最新式のアクションベルトをつけたバズ

wrist communicator:リスト・コミュニケーター、バズの手首にある通信機器

Got it:分かった、了解、"I have got it."の略

 

 

 

今回の重要表現: all along

この記事の中から私が重要だと思う英単語、フレーズをひとつだけ選びました。

Rex: You see, all along we thought the way into Zurg's fortress was through the main gate.

レックス:(バズ2に向かって攻略本の内容を紹介する)あのね、帝王ザーグの要塞に入る方法はメインゲートからだって、みんなずっと思ってたんだ。

You see:ほら、あのね、ご存知でしょう

all along:はじめから、ずっと

Zurg:悪の帝王ザーグ、バズの宿敵

fortress:要塞

 

 

単語リスト

Nah:Noよりもカジュアルな言い方、いいえ、そうではない

one's:"one is"の略

empty:中身のない、空の

to hop:(片足で)軽く跳ぶ、(両足で)ぴょんぴょん飛ぶ

Rock 'Em Sock 'Em Robots:1964年にマテル社から販売された対戦型ボクシングゲーム

Pardon me:失礼ですが、すいません

either of:~のいずれかに

why:驚きを示す(おや、まあ、あら)、承諾を示す(もちろん)

to spin:回転させる、(頭が)クラクラする

to back up:後退させる、渋滞させる、逆流させる

horror:恐怖

You see:ほら、あのね、ご存知でしょう

all along:はじめから、ずっと

fortress:要塞

Got it:分かった、了解、"I have got it."の略

to take cover:(地形や物を利用して)隠れる、避難する

-Toy Story 2, 映画やドラマで英語

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...