Toy Story 2 映画やドラマで英語

【映画で英会話】トイ・ストーリー2(Toy Story 2) Elevator Part 2-1 (93)

ディズニー映画「トイ・ストーリー2」を使って英語+英会話の勉強をしています。利用している脚本サイトや、「トイ・ストーリー1」の記事などへのリンクは記事下にまとめてあります。

・黄色い枠内の文は後日スカイプ英会話で先生に確認してから書き直す、もしくは追加の解説を加えるかもしれません。

 

Elevator Part 2-1

 

[Back at the shaft, Utility Belt Buzz is still climbing up with the toys holding onto his line. 

場面がエレベーターのシャフトへと戻ると、バズ2は自分が渡したロープにしがみついているおもちゃたちを連れて、まだシャフトを登っている。

the shaft:エレベーターが昇降する竪穴、シャフト

Utility Belt Buzz:アクションベルトを装着した最新式のバズ、このブログではバズ2と呼んでいる

 

 

Coins start to fall out of Hamm's slot]

(ぶら下がった状態の)ハムの背中にあるコイン入れ用の細い穴からコインが落ちていく。

 

 

Hamm: Uh-oh. Hey, head's up down there!

ハム:うぉ。おい、気をつけろ、下にいるやつは!

head's up:気をつけろ、注意しろ、注意喚起や前もって知らせておく場合に使われるフレーズ、=heads up

down there:下の方で

 

 

Slinky: WHOA! Pork bellies are fallin'...

スリンキー:おっと!豚(ハム)の腹の中身が落ちていく…

whoa:おっと、うわ、ちょっと待って、馬をとめるときの掛け声、どーどー

belly:腹、腹部、胃、食欲

fallin':falling

 

 

Mr. Potato Head: Hey! How much farther, Buzz?

ポテトヘッド:なあ!あとどのくらいなんだ?バズ。

How much farther?:(行き先まで)あとどのくらい(遠いの)ですか?

 

 

Utility Belt Buzz: (strains) Half... way... there...

バズ2:(体に力を入れながら磁石で壁を登りつつ)半分…だな…目的地まで…

to strain:(体の一部を)精一杯働かせる、紐などをぴんと引っ張る

 

 

Rex: My arms can't hold on much longer!

レックス:僕の腕、もうこれ以上は(ロープに)しがみついてらんないよ!

 

 

[He starts slipping down on top of the other toys, dragging them including Utility Belt Buzz down slowly]

レックスは他のおもちゃたちの上へとずり落ちはじめ、バズ2を含めてみんなをゆっくりと引きずり降ろす。

to slip down:ずり落ちる

to drag:(重いものを)引きずる、ひっぱる

 

 

Utility Belt Buzz: Too heavy. (he got an idea, remembering something) What was I thinking? My anti gravity servos!

バズ2:重すぎる。(バズ2は何事かを思い出し、打開策を思いつく)私はなにを考えていたんだろう?反重力サーボがあるじゃないか!

anti:反対の

gravity:重力

servo:サーボモーター、モーターの一種

 

 

[He presses a button on his utility belt and at the same time, there's some whirring noises down below]

バズ2はアクションベルトのボタンを押すと、同じタイミングでずっと下の方からウィーンという音がする。

utility belt:アクションベルト、便利機能が色々ついた多機能ベルト

to whir:ヒュー・ブンブン・ブーン・ウィーンと音を立てる

down below:ずっと下に

 

 

Utility Belt Buzz: Hang tight, everyone. I'm going to let go of the wall.

バズ2:みんな、ぐっと耐えてくれ。壁から手を放すぞ。

to hang tight:しっかりつかむ、行動を起こす時期を待つ(to wait before doing anything;merriam-webster

to let go of:~から手を放す、解き放つ、忘れる、諦める

 

 

Toys: Oh! What?!

おもちゃたち:分かった!ええっ?

 

 

Mr. Potato Head: He wouldn't!

ポテトヘッド:バズはそんなことしないだろ!

 

 

Utility Belt Buzz: One...

バズ2:(カウントをしはじめて)いち…

 

 

Hamm: He would.

ハム:あいつやっちまうかも。

 

 

Utility Belt Buzz: Two...

バズ2:にぃ…

 

 

Toys: NO, DON'T, BUZZ! LET'S THINK ABOUT THIS!!!

おもちゃたち:やめろ、離すな、バズ!(この状況を)よく考えろ!!!

 

 

Utility Belt Buzz: ...Three!

バズ2:…さん!

 

 

今回の重要表現:Heads up, Hang tight

この記事の中から私が重要だと思う英単語、フレーズをひとつだけ選びました。

Hamm: Uh-oh. Hey, head's up down there!

ハム:うぉ。おい、気をつけろ、下にいるやつは!

head's up:気をつけろ、注意しろ、注意喚起や前もって知らせておく場合に使われるフレーズ、=heads up

down there:下の方で

 

Utility Belt Buzz: Hang tight, everyone. I'm going to let go of the wall.

バズ2:みんな、ぐっと耐えてくれ。壁から手を放すぞ。

to hang tight:しっかりつかむ、行動を起こす時期を待つ(to wait before doing anything;merriam-webster

to let go of:~から手を放す、解き放つ、忘れる、諦める

 

 

単語リスト

the shaft:エレベーターが昇降する竪穴、シャフト

head's up:気をつけろ、注意しろ、注意喚起や前もって知らせておく場合に使われるフレーズ、=heads up

down there:下の方で

whoa:おっと、うわ、ちょっと待って、馬をとめるときの掛け声、どーどー

belly:腹、腹部、胃、食欲

fallin':falling

How much farther?:(行き先まで)あとどのくらい(遠いの)ですか?

to strain:(体の一部を)精一杯働かせる、紐などをぴんと引っ張る

to slip down:ずり落ちる

to drag:(重いものを)引きずる、ひっぱる

anti:反対の

gravity:重力

servo:サーボモーター、モーターの一種

to whir:ヒュー・ブンブン・ブーン・ウィーンと音を立てる

down below:ずっと下に

to hang tight:しっかりつかむ、行動を起こす時期を待つ(to wait before doing anything;merriam-webster)

to let go of:~から手を放す、解き放つ、忘れる、諦める

-Toy Story 2, 映画やドラマで英語

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...