Toy Story 2 映画やドラマで英語

【映画で英会話】トイ・ストーリー2(Toy Story 2) Introducing Sheriff woody-1 (95)

2021/05/12

ディズニー映画「トイ・ストーリー2」を使って英語+英会話の勉強をしています。利用している脚本サイトや、「トイ・ストーリー1」の記事などへのリンクは記事下にまとめてあります。

・黄色い枠内の文は後日スカイプ英会話で先生に確認してから書き直す、もしくは追加の解説を加えるかもしれません。

 

Introducing Sheriff woody-1

 

[Woody and The Roundup Gang are having fun doing their cowboy things. 

ウッディと仲間たちは、カウボーイごっこをして楽しんでいる。

The Roundup Gang:ウッディのテレビ番組に出てくる仲間のこと

things:好きなこと、得意なこと、状況、事態、物事

※ここでは"cowboy things"を「カウボーイごっこ」としました。

 

 

Woody peeks out of a box]

ウッディは、箱の中に入って外をちらっと見ている。

to peek:ちらっとみる、(隠れて)こっそりみる

 

 

Woody: How about givin' me a little intro there, Jessie?

ウッディ:ジェシー、そこで俺をちょっと紹介してくれないか?

How about~?:~はいかがですか?、~してはどうですか?

intro:introductionの略、紹介

Jessie:ジェシー、赤毛のカウガール人形

☆…☆…☆…☆…☆…☆

質問:thereは場所でしょうか?紹介するタイミングでしょうか?

 

 

Jessie: Introducing the high-ridin'-est cowboy around...

ジェシー:ご紹介しましょう、(馬に乗るのが最高に上手なほど優れた)最高のカウボーイ…

ridin':riding、乗ること、乗馬

 

 

Woody: (from inside the box) You forgot "rootin'-tootin'-est"!

ウッディ:(箱の中から)忘れてるぞ「超カッコイイ」を!

rootin'-tootin':昔のアメリカ西部地域で使われた言葉、カウボーイのスラング、前向きな感情や状態などを強調する言葉、活気のある、ワクワクする、爽快な、上出来の、rooting-tooting

参考サイト:rootin'-tootin' とはどういう意味ですか?(HiNative)rooting-tooting(The Free Dictimnary)rootin tootin(Urban Dictionary)

 

 

Jessie: The high-ridin'-est, rootin'-tootin'-est cowboy hero of all time... Sheriff Woody!

ジェシー:最高に優秀で、超かっこいい空前絶後のカウボーイ・ヒーロー…ウッディ保安官!

of all time:空前の、史上~の、いかなるときでも

 

 

[Woody walks out of the box, wearing a kooky smile on his face.

ウッディが箱から歩み出てくるが、変な微笑みを顔に浮かべている。

kooky:ばかげた、変な、気の狂った

 

 

He tilt his hat and walks over to Jessie]

ウッディは帽子を(格好をつけて指ではじいて)傾けて、ジェシーのほうへと歩いてくる。

to tilt:傾ける、斜めにする、突撃する

 

 

Woody: Say, little missy, you notice any trouble around these parts?

ウッディ:やあ、可愛らしいお嬢さん、この地域でなにかトラブルはあるかい?

say:(間投詞)ねえ、なあ、ところで

missy:若い娘、お嬢さん

these parts:(イギリス)この地域、この地方

 

 

Jessie: Nary a bit, not with Sheriff Woody around.

ジェシー:トラブルなんて全然ないわ、ウッディ保安官がいるもの。

Nary a bit:=not a bit、(方言)少しも~ない

☆…☆…☆…☆…☆…☆

質問:notはウッディが質問した「問題があるか、ないか」に対する返答で「問題はない」と言っていると思うのですが、with以下は説明的な文章でしょうか?

 

 

Woody: Wait, wait, wait, wait, wait! I got it! I got it! This is great! Okay!

ウッディ:待って、待って!ひらめいた!こうアイデアは最高だと思う!言うよ!

I got it:分かった、ひらめいた、まかせて

 

 

Woody: The bandits got the critters tied up in the burning barn, and now for the best part!

ウッディ:山賊たちが動物たちを燃える小屋に閉じ込めてて、それでここからが見せ場!

bandit:山賊、盗賊

critter:生き物、動物、やつ

to tie up:縛り付ける、拘束する

barn:納屋、物置小屋

now for:さて次は、ところで

 

 

 

今回の重要表現: I got it!

この記事の中から私が重要だと思う英単語、フレーズをひとつだけ選びました。

Woody: Wait, wait, wait, wait, wait! I got it! I got it! This is great! Okay!

ウッディ:待って、待って!ひらめいた!こうアイデアは最高だと思う!言うよ!

I got it:分かった、ひらめいた、まかせて

 

 

単語リスト

things:好きなこと、得意なこと、状況、事態、物事

to peek:ちらっとみる、(隠れて)こっそりみる

How about~?:~はいかがですか?、~してはどうですか?

intro:introductionの略、紹介

ridin':riding、乗ること、乗馬

of all time:空前の、史上~の、いかなるときでも

kooky:ばかげた、変な、気の狂った

to tilt:傾ける、斜めにする、突撃する

say:(間投詞)ねえ、なあ、ところで

missy:若い娘、お嬢さん

these parts:(イギリス)この地域、この地方

Nary a bit:=not a bit、(方言)少しも~ない

I got it:分かった、ひらめいた、まかせて

bandit:山賊、盗賊

critter:生き物、動物、やつ

to tie up:縛り付ける、拘束する

barn:納屋、物置小屋

now for:さて次は、ところで

-Toy Story 2, 映画やドラマで英語

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...