Toy Story 2 映画やドラマで英語

【映画で英会話】トイ・ストーリー2(Toy Story 2) Introducing Sheriff woody-2 (96)

2021/05/13

ディズニー映画「トイ・ストーリー2」を使って英語+英会話の勉強をしています。利用している脚本サイトや、「トイ・ストーリー1」の記事などへのリンクは記事下にまとめてあります。

・黄色い枠内の文は後日スカイプ英会話で先生に確認してから書き直す、もしくは追加の解説を加えるかもしれません。

 

Introducing Sheriff woody-2

 

Woody: (in Critters voices) Help us! The barn's on fire! (normal voice) I've got ya, critters.

ウッディ:(動物たちの声を真似て)助けて!小屋が火事だ!(いつもの自分の声で)おまえたち、助けるからな。

on fire:火がついて、火事になって、熱狂的になって

ya:you

I've got you:守るよ、助けるよ

 

 

[He enters the box and emerges, holding an handful of packing peanuts]

ウッディは箱の中に入り、ひとつかみの緩衝材(救助した動物たちの代わり)をかかえて現れる。

to emerge:現れる、浮かび上がる

handful:ひとつかみの

packing peanuts:隙間に詰め込む緩衝材

 

 

Woody: No need to worry. Woody saves the day again!

ウッディ:心配など必要ないのだ。ウッディがまた窮地を救ったのだ!

no need to:~する必要はない、~するには及ばない

to save the day:土壇場で勝利を収める、窮地で人を救う

 

 

Jessie: YEEE-HAH!!

ジェシー:イエ-ハッ!

 

 

Woody: Now, where's my trusty steed Bullseye? I have to ride off into the sunset... Ohh!

さて、俺の頼りになる馬のブルズアイはどこだ?俺は夕日に向かって馬に乗って去らないといけないんだが…おお!

trusty:当てになる、信用できる

steed:乗馬用の馬

Bullseye:ブルズアイ、ウッディの愛馬の馬の人形

to ride off:馬に乗って去る

 

 

[Bullseye sweeps him off his feet]

ブルズアイがウッディの足をさらって背中に乗せる。

to sweep someone off one's feet:人の足をさらう、なぎ倒す、夢中にさせる

 

 

Woody: Ride like the wind, Bullseye!

ウッディ:風のように走れ、ブルズアイ!

to ride:軽くやすやすと進む、乗馬する

 

 

[He falls off Bullseye's back with the saddle.

(ブルズアイが後ろ足で立ち上がったために)ウッディはブルズアイの背中の鞍から落ちる。

to fall off:~から落ちる

saddle:馬などの鞍、自転車などのサドル

 

 

Bullseye looks down, cover himself as if he's naked and walks off on two legs, embarrassing]

ブルズアイは(自分の体を)見下ろし、まるで裸であるかのように自分の体を(前足で)覆って、きまり悪そうに二本足で歩き去る。

to cover:覆う

as if:まるで~であるかのように

naked:裸の

to walk off:立ち去る

to embarrass:(人前で)恥ずかしい思いをさせる、ろうばいさせる

 

 

[Jessie bends down to help Woody up, accidentally tickling him]

ジェシーがかがんで(手を脇の下に入れて)ウッディを助け起こすが、うっかりウッディをくすぐってしまう。

to bend down:下に曲げる、腰を曲げる、かがむ

accidentally:偶然に、ふと、うっかりと

to tickle:くすぐる、笑わせる

 

 

Woody: W-Watch it. Wait, wait. I'm ticklish, okay?

ウッディ:気をつけて。待って、待てって。くすぐったいよ、勘弁して?

Watch it:注意しろ、危ない、気をつけろ

ticklish:くすぐったい

 

 

Jessie: Oh, you are?

ジェシー:え、くすぐったいの?

 

 

Woody: No. No, no, no. Cut it out.

ウッディ:(ジェシーにくすぐられて)いやいや、やめろ。よせったら。

to cut it out:よせ、黙れ、(望ましくないことを)やめる

 

 

[Jessie starts tickling Woody much to his protest while Stinky Pete laughs at it with a smile]

ジェシーはウッディの抗議するので盛大にくすぐりはじめ、プロスペクターはその様子を微笑みを浮かべながら声を立てて笑っている。

to protest:意義を申し立てる、抗議する、断言する

Stinky Pete:プロスペクター(Prospector:金鉱掘り、試掘者)、スティンキー・ピート(悪臭ピート)、金鉱掘りの人形

 

 

Woody: Stop it. Stop it, stop it. No, please. Please! No! No, no! Stop it! Stop it!

ウッディ:くすぐるのをやめろ、やめろってば。お願いだから!いやいや、くすぐるなって!

 

 

今回の重要表現:Cut it out.

この記事の中から私が重要だと思う英単語、フレーズをひとつだけ選びました。

Woody: No. No, no, no. Cut it out.

ウッディ:(ジェシーにくすぐられて)いやいや、やめろ。よせったら。

to cut it out:よせ、黙れ、(望ましくないことを)やめる

 

 

単語リスト

on fire:火がついて、火事になって、熱狂的になって

ya:you

I've got you:守るよ、助けるよ

to emerge:現れる、浮かび上がる

handful:ひとつかみの

packing peanuts:隙間に詰め込む緩衝材

no need to:~する必要はない、~するには及ばない

to save the day:土壇場で勝利を収める、窮地で人を救う

trusty:当てになる、信用できる

steed:乗馬用の馬

to ride off:馬に乗って去る

to sweep someone off one's feet:人の足をさらう、なぎ倒す、夢中にさせる

to ride:軽くやすやすと進む、乗馬する

to fall off:~から落ちる

saddle:馬などの鞍、自転車などのサドル

to cover:覆う

as if:まるで~であるかのように

naked:裸の

to walk off:立ち去る

to embarrass:(人前で)恥ずかしい思いをさせる、ろうばいさせる

to bend down:下に曲げる、腰を曲げる、かがむ

accidentally:偶然に、ふと、うっかりと

to tickle:くすぐる、笑わせる

Watch it:注意しろ、危ない、気をつけろ

ticklish:くすぐったい

to cut it out:よせ、黙れ、(望ましくないことを)やめる

to protest:意義を申し立てる、抗議する、断言する

-Toy Story 2, 映画やドラマで英語

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...