みんなでやろう!

【英語を続けるきっかけに】みんなで30分だけ勉強してみよう54!呪術廻戦の英語版コミックを読む

 

私が英語の勉強をするときに、30分だけみんなを誘ってみようという企画の第54弾。

現在、毎月第一日曜日の夜10時から30分、月イチでやっております。

英語でも他のことでもなんでもいいのですが、常日頃からやろうと思っていることを実際にやるきっかけになれば幸いです。

とりあえず30分、一緒にやってみませんか。

 

 

呪術廻戦の英語版コミックを読む

さて、本日は呪術廻戦の英語版コミックの第一巻を読んでみたいと思います。

『呪術廻戦』(じゅじゅつかいせん)

芥見下々による日本の漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2018年14号から連載中。人間の負の感情から生まれる化け物・呪霊を呪術を使って祓う呪術師の闘いを描いた、ダークファンタジー・バトル漫画。

日本語版wikipediaより

 

 

既に日本語版では読み終わっているので、その経験がきっと役に立つはず!

半年以上前に読んだので、正直怪しいところですが、まったく基礎知識がないより読みやすいはず。はずなんです。

英語版はこんなかんじ↓です。Amazonの試し読みの一部から転載させてもらいました。

 

さらっと見た感じ、今までに読んできた「僕のヒーローアカデミア」そして「鬼滅の刃」、この2作品より英語的に難しそうです。

 

うーん、文章長い。

ヒロアカは学校が舞台で登場人物も多いのもあって、擬音のニュアンスをとるのが難しい漫画でした。

それに比べると鬼滅はシンプルな英語で読みやすかったです。

両方とも1巻目だけの印象ですが、おそらく鬼滅のほうが読みやすいのではないかと思います。

そして呪術廻戦は、文章長いし、なんかペラっと見るだけで難しそうなんですよねー。

大丈夫かなぁ。

 

ではまた22:30過ぎにブログ更新しますね。

以下、私の過去記事よりの転載です。

今日から、私が英語を勉強するときにTwitterやブログを通して、みなさんも一緒に勉強しませんか?とお誘いすることにしました。

私は英語をやりますが、英語でなくても大丈夫!

家事や読書でもいいですよ。

同じ時間帯にやらなくても、このブログやTwitterを見た段階から始めてもOKですし、あとからやったっていいんです。

30分だけやってみましょう。

 

 

半分読んだ…嘘です…No can do!

はぃ。30分お疲れ様でしたー!

今日は呪術廻戦を16ページほど読んでみました。

30分で、ガッツリ半分くらい読んでみたいものですが…

No can do!(そいつは無理だな!)

さっそく新たに仕入れたNew!フレーズを使ってみました。

For real?(まじで?)

まじでまじで。

30分で半分読むとか、まじで無理です。

分からない単語とか調べながらなんで16ページくらいがいいとこかな。

呪術廻戦は割と登場人物の「心の声」や「考えていること」が書かれているので、そのぶん文章が多く、やっぱり英語的にはヒロアカや鬼滅よりも難しめかなと思います。

英語の難易度もそうですが、文章量が多い。

高校が舞台なのでそれ関連の英単語もでてきます。

ちょっとショックだったのは、1回読んだとこなのにストーリー全然覚えてないっていう…。

まだ高校のオカルト部での話で、陸上部のコーチと砲丸投げで競い合うあたりのお話なのですが、ぜんぜん覚えてない!

このあとの戦闘シーンとか登場人物とかは覚えてるんですけどね。

ぬぬぬぬぅ。

ということで、今回は終わりです。

次回は7月4日(第一日曜日)の夜10時からです。

ではまた!!

 

 

呪術廻戦!英単語リスト

for real?:本気か?、まじか?、本当か?

Home economics:家政学、家庭科

school council president:生徒会長

hmph:ふん、はぁ、もー、へへん、憤りやいらだちやため息を表す間投詞

Paranormal Activity :超常現象

rugby:ラグビー

to close off:(道路などを)閉鎖・封鎖する、(流れなどを)遮断する、(人を)隔離する

come in:現れる、中にはいる、~の形で売られる

commotion:(突然起こる)騒音・騒動、(社会的な)混乱・動揺

lingering:(形)(苦痛を伴うものが)延々続く・なかなか消えない、ぐずぐずした

tick borne:ダニ媒介の

to hypothesize:仮説を立てる、~と仮定する

sketchy:おおざっぱな、スケッチ風の、挙動不審で

No can do:そんなことはできない、そいつは無理だ

cursed:(形)呪われた

to retrieve:(失ったものを)取り戻す・回収する

as though:まるで~であるかのように、あたかも~するかのように

at this rate:この調子でいけば、この分では

pointless:つかみどころのない、要領を得ない、先のない

to expel:追い出す、退学させる、免職させる

every(each) nook and cranny:ありとあらゆる場所

nook:人目につかないところ、隠れ場所、避難所、部屋の片隅

cranny:(岩などの)割れ目

to take on:獲得する、(仕事や責任などを)引き受ける、仲間に入れる

shot put:(スポーツの)砲丸投げ

 

「みんなでやろう!」 記事一覧

Image by Юрий Сидоренко from Pixabay

-みんなでやろう!
-

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...