Toy Story 2 映画やドラマで英語

【映画で英会話】トイ・ストーリー2(Toy Story 2) Pizza Planet Truck Chase-1 (111)

2021/06/04

ディズニー映画「トイ・ストーリー2」を使って英語+英会話の勉強をしています。利用している脚本サイトや、「トイ・ストーリー1」の記事などへのリンクは記事下にまとめてあります。

・黄色い枠内の文は後日スカイプ英会話で先生に確認してから書き直す、もしくは追加の解説を加えるかもしれません。

 

Pizza Planet Truck Chase-1

【これまでのお話】エレベーター内でのウッディ救出作戦がプロスペクターの妨害により失敗したバズたち。アルはウッディを連れたまま車で空港へと出発してしまう。

 

Rex: How are we gonna get him now?

レックス:ウッディをどうやって取り返す?

Rex:恐竜人形のレックス

gonna:"going to"のなまった形

 

 

Mr. Potato Head: Pizza, anyone?

ポテトヘッド:(ピザのデリバリー用トラックを見つけて)ピザ屋だ、配達員いる?

Mr. Potato Head:体がじゃがいもの人形、Mr.ポテトヘッド

anyone:(疑問文で)誰か、(否定文で)誰も・誰にも、(肯定文で)誰でも

☆…☆…☆…☆…☆…☆

質問:anyoneがなにを言っているのか分かりません。状況からして「あのトラックに今、ピザの配達員はいないよね?」的なニュアンスで使ってるのかなと思ったのですが。

 

 

[A Pizza Planet truck is nearby]

ピザレストラン「ピザプラネット」のデリバリー用トラックが、(アルのマンション)近くに停めてある。

Pizza Planet:ピザプラネット、シリーズ第一作目から登場している架空のピザレストランの名前

nearby:すぐ近くの、近所の、隣接する

 

 

Buzz Lightyear: Go, go, go!

バズ:よし、行こう!

 

 

Utility Belt Buzz: I got it!

バズ2:(ザーグがイオン・ブラスターで打ち出したボールをキャッチしながら)取ったぞ!

Utility Belt Buzz:アクションベルトを装備した最新型のバズ人形、ここではバズ2と記載

 

 

[They bump into each other]

バズとバズ2は互いにドンとぶつかる。

to bump:ドンとぶつかる、ドスンと当たる、(ガタガタと)揺れながら進む

each other:お互いに

 

 

Buzz Lightyear: Buzz, are you coming?

バズ:バズ2、君も来るんだろ?

 

 

Utility Belt Buzz: No, I... I have a lot of catching up to do with my dad.

バズ2:いや、私は…私は父上について、たくさん知らないといけないことがあるからな。

to catch up:(最新の情報などを)取り入れる、(先行するものに)追いつく、(遅れや欠点などを)補う

to do with:~と関係がある、~を扱う

dad:パパ、父さん

 

 

[He throws a ball at Zurg who turn out to have survived the fall]

バズ2はボールをザーグへと投げて、ザーグが(エレベーターシャフト内での)落下から助かっていることが判明する。

Zurg:悪の皇帝ザーグ、バズの宿敵、バズの父親であることが判明

to turn out:~という結果になる、~ということが判明する

to survive:生き残る、助かる

the fall:レックスの尻尾にぶつかってエレベーターからの落下したこと

 

 

Emperor Zurg: Good throw, son. That's my boy. Go long, Buzzy!

ザーグ:いい投球だ、息子よ。さすが私の息子だな。ロングパスいくぞ、バジー!

Go long:ロングパスを送る、強気に出る、長引く

Buzzy:バジー、バズの愛称

☆…☆…☆…☆…☆…☆

質問:この場合のGo longは、ロングパスを送るぞ!でいいのでしょうか?

 

 

[He fires another ball for Utility Belt Buzz to catch]

ザーグはバズ2がキャッチできるように(イオン・ブラスターで)別のボールを発射する。

to fire:発砲する、発射する

 

 

Utility Belt Buzz: Oh, you're a great dad. Yippee!

バズ2:ああ、なんていい父上なんだろう。わーい!

yippee:(間投詞)非常に嬉しいときや興奮したときに発する声、やったー!、わーい!、きゃあ!

 

 

Buzz Lightyear: Farewell.

バズ:さらばだ。

farewell:(間投詞)さようなら、ごきげんよう、さらば

 

 

 

 

今回の重要表現:turn out

この記事の中から私が重要だと思う英単語、フレーズをひとつだけ選びました。

[He throws a ball at Zurg who turn out to have survived the fall]

バズ2はボールをザーグへと投げて、ザーグが(エレベーターシャフト内での)落下から助かっていることが判明する。

Zurg:悪の皇帝ザーグ、バズの宿敵、バズの父親であることが判明

to turn out:~という結果になる、~ということが判明する

to survive:生き残る、助かる

the fall:レックスの尻尾にぶつかってエレベーターからの落下したこと

 

 

単語リスト

gonna:"going to"のなまった形

anyone:(疑問文で)誰か、(否定文で)誰も・誰にも、(肯定文で)誰でも

nearby:すぐ近くの、近所の、隣接する

to bump:ドンとぶつかる、ドスンと当たる、(ガタガタと)揺れながら進む

each other:お互いに

to catch up:(最新の情報などを)取り入れる、(先行するものに)追いつく、(遅れや欠点などを)補う

to do with:~と関係がある、~を扱う

dad:パパ、父さん

to turn out:~という結果になる、~ということが判明する

to survive:生き残る、助かる

Go long:ロングパスを送る、強気に出る、長引く

to fire:発砲する、発射する

yippee:(間投詞)非常に嬉しいときや興奮したときに発する声、やったー!、わーい!、きゃあ!

farewell:(間投詞)さようなら、ごきげんよう、さらば

pedal:車などのアクセル、(自転車や自動車などの)ペダル

to navigate:舵取りをする、操縦する

to operate:操作する、運転する

lever:(機械の操作や調整を行う)レバー・ハンドル、てこ

knob:ノブ、つまみ、取っ手

to hop:(片足で)軽く跳ぶ、(両足で)ぴょんぴょん跳ぶ

windscreen:フロントガラス(イギリスで主に使われる)、=windshield

to look up:見上げる

to hang:(ものを高いところに)つるす・かける

front mirror:車のルームミラー

string:ひも、糸

look like…from~:~で見た(いた)…に見える

-Toy Story 2, 映画やドラマで英語

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...