Toy Story 2 映画やドラマで英語

【映画で英会話】トイ・ストーリー2(Toy Story 2) Woody Hangs out with Roundup Gang-7 (47)

2021/03/31

ディズニー映画「トイ・ストーリー2」を使って英語+英会話の勉強をしています。利用している脚本サイトや、「トイ・ストーリー1」の記事などへのリンクは記事下にまとめてあります。

最終更新日:2021/03/31

 

Woody Hangs out with Roundup Gang-7

【前回までのお話】おもちゃ屋アルの部屋でウッディはジェシーたちと出会い、自分をモチーフにしたたくさんのグッズを目にして大喜びする。

 

Woody: Oh, wow! Hey, what's this thing do?

ウッディ:(乗馬用のブーツを模したおもちゃに近づいて)ん、わお!ちょっと、これはなにをする物なんだ?

what's:"what is"の略

 

 

[He push down the spur with his boot and a toy snake pops out of it]

ウッディが自分の履いているブーツで(おもちゃのブーツについている)拍車を押し下げると、おもちゃの蛇がブーツの外へとポンと飛び出てくる。

spur:拍車(はくしゃ、乗馬靴のかかちに取り付ける金具、馬の腹に刺激を与えて速度を加減するためのもの)

to pop:(音を立てて)破裂する・飛び出す、ポンと音を立てる、(素早く、または突然)現れる・動く

 

 

Woody: (laughs) I get it. There's a snake in my boot. 

ウッディ:(笑って)分かったぞ。(俺のキメ台詞の)「俺のブーツの中に蛇がいるぞ」だな。

(laughs):漫画の吹き出してきな使い方、笑う、ウッディの行動なのでsがついて三人称単数現在形

I get it.:分かった、理解した、納得した、電話にでる

 

 

Woody:Hey, Bullseye, go long. Go long!

ウッディ:さぁ、ブルズアイ、(蛇をブーツから飛び出させるので)もっと遠くへ離れろ!もっともっと!

Bullseye:ブルズアイ、ウッディの愛馬の馬の人形

Go long:(物を投げて取ってこさせる遊びやキャッチボールなどをするときに)もっと遠くにいけ!、もっと離れて!

 

 

[He shoots the snake out of the boot and Bullseye chases it, jumping onto a record player which starts playing it, making Bullseye going around on the record, sitting on it]

ウッディは(おもちゃの)蛇を(おもちゃの)ブーツの外へと撃ち出し、馬のブルズアイはそれを追いかけてレコードプレーヤーの上に飛び乗り、レコードプレーヤーは回転を始める。ブルズアイはレコードの上に座ったまま、くるくると回っている。

to shoot:(銃や武器などから弾丸を)撃つ・発射する、(釣り糸などを)放る

to chase:(人や物事などを)追う・追跡する

record player:レコードプレーヤー

to go around:周回する、ひとまわりする、周りを回る

 

 

Woody: A record player! Ha! Haven't seen one of these in ages.

ウッディ:レコードプレーヤーじゃないか!ハッ!長い間こういうのって見てないな。

in ages:長い間、長期間、久しぶりに

 

 

[He climb up to join Bullseye on the record player and starts walking it in one place.

ウッディはブルズアイと一緒にくるくる回ろうとレコードプレーヤーの上によじ登り、レコードプレーヤーの一箇所の上にとどまって歩き始める。

to climb up:登る、階段を上がる

to join:(人や集団と)合流する、(組織などに)加入する

※円形のルームランナーを使っているような動きです。

 

 

Jessie walk over and laugh at this antic]

ジェシーは(レコードプレーヤーの方へと)歩み寄ってきて、(ウッディたちの)滑稽な動きを見て笑う。

Jessie:ジェシー、赤毛のカウガール人形

to laugh at~:~を笑う、~を見て笑う

antic:ふざけた仕草・態度、滑稽な態度、妙な行動

 

 

Woody: OK, now, slow.

ウッディ:よし、お次はゆっくりとだ。

 

 

[He and Bullseye start walking slowly on the record, making Jessie laugh even more]

ウッディとブルズアイはレコードの上をゆっくりと歩き始め、笑っていたジェシーをさらにいっそう笑わせる。

even more:さらにいっそう、さらに

 

 

Jessie: Oh, that's funny, Bullseye!

ジェシー:ああ、ブルズアイ、あんたの動きが面白いわ!

funny:おかしい、おかしな、ユーモアのある、変な

 

 

 

今回の重要表現:

この記事の中から私が重要だと思う英単語、フレーズをひとつだけ選びました。

※選定中です。しばらくおまちください。

 

 

Woody Hangs out with Roundup Gang-7 の単語リスト

what's:"what is"の略

spur:拍車(はくしゃ、乗馬靴のかかちに取り付ける金具、馬の腹に刺激を与えて速度を加減するためのもの)

to pop:(音を立てて)破裂する・飛び出す、ポンと音を立てる、(素早く、または突然)現れる・動く

(laughs):漫画の吹き出してきな使い方、笑う、ウッディの行動なのでsがついて三人称単数現在形

I get it.:分かった、理解した、納得した、電話にでる

Go long:(物を投げて取ってこさせる遊びやキャッチボールなどをするときに)もっと遠くにいけ!、もっと離れて!

to shoot:(銃や武器などから弾丸を)撃つ・発射する、(釣り糸などを)放る

to chase:(人や物事などを)追う・追跡する

record player:レコードプレーヤー

to go around:周回する、ひとまわりする、周りを回る

in ages:長い間、長期間、久しぶりに

to climb up:登る、階段を上がる

to join:(人や集団と)合流する、(組織などに)加入する

to laugh at~:~を笑う、~を見て笑う

antic:ふざけた仕草・態度、滑稽な態度、妙な行動

even more:さらにいっそう、さらに

funny:おかしい、おかしな、ユーモアのある、変な

-Toy Story 2, 映画やドラマで英語

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...