Toy Story 2 映画やドラマで英語

【映画で英会話】トイ・ストーリー2(Toy Story 2) When Somebody Loved Me-1 (78)

ディズニー映画「トイ・ストーリー2」を使って英語+英会話の勉強をしています。利用している脚本サイトや、「トイ・ストーリー1」の記事などへのリンクは記事下にまとめてあります。

・黄色い枠内の文は後日スカイプ英会話で先生に確認してから書き直す、もしくは追加の解説を加えるかもしれません。

 

When Somebody Loved Me-1

 

[He jump from the table and went over to Jessie, climbing onto the chair next to her and the window]

ウッディはテーブルからジャンプしてジェシーのいる方へ行き、椅子によじ登って窓辺にいたジェシーの隣へと行く。

to go over:行く、(反応などを)引き起こす、(詳細に)調べる

 

 

Woody: Hey. Whatcha doin' way up here?

ウッディ:なぁ、こんな高い所でなにしてるんだ?

Whatcha:"What are you"の略

doin':"going"の略

way up~:~のような高い所

 

 

Jessie: I thought I'd get one last look at the sun, before I get packed away again.

ジェシー:太陽を見るのもこれが最後なんだろうなって思ってただけよ、また、(倉庫に)しまい込まれる前にね。

to pack away:(物を箱などに)しまい込む

☆…☆…☆…☆…☆…☆

質問1:"I'd get" は get が原型なので「'd」は wouldの省略だと思うのですが、過去の時点において将来を考えたことについての言及なのでwouldなのでしょうか?

質問2:文の構造は、I thought I'd get one (last look at the sun)となりlast以下の文はoneの説明でしょうか?

 

 

Woody: Look, Jessie, I know you hate me for leaving, but I have to go back.

ウッディ:なあ、ジェシー、僕がここを去ることを君が嫌がってるのは分かってる、だけど戻らないとならないんだ。

to hate for:~を憎む、嫌がる、嫌う

to go back:戻る、帰る

 

 

Woody: I'm still Andy's toy.

ウッディ:僕はまだアンディのおもちゃだから。

 

 

Woody: Well, if you knew him, you'd understand. You see, Andy's a...

ウッディ:そうだな、もし君がアンディを知っていたら、君は(俺のこの気持を)分かってくれたと思う。分かるだろ、アンディの…

 

 

Jessie: Let me guess.

ジェシー:アタシの推測だけど。

Let me guess:私が思うに、私が推測するに

 

 

Jessie: Andy's a real special kid... and to him you're his buddy, his best friend...

ジェシー:アンディは本当に特別な子なんだ…それでアンディにとってあんたは相棒で、親友で…

buddy:仲間、親友、友達、相棒

 

 

Jessie: and when Andy plays with you it's like... even though you're not moving...

それでアンディがあんたと遊んでるときは、あんたは(人形だから)動かないんだけれど…

even though:~であるけれど、~にもかかわらず

 

 

Jessie: you feel like you're alive... because that's how he sees you.

ジェシー:あんたは自分がまるで生きてるみたいに思えて…アンディがあんたをそういう風に見てるから。

to feel like:~のように感じる、~したい気がする

alive:(形)生きていて、生存して

 

 

Woody: Whoa. How did you know that?

ウッディ:ちょっと待って。どうしてそんなこと知ってるんだ?

whoa:馬を止めるときのかけごえ、どーどー、ちょっとまって、落ち着いて

 

 

Jessie: Because Emily was just the same. She was my whole world.

ジェシー:だってエミリーもおんなじだったから。エミリーは私のすべてだった。

Emily:エミリー、女性の名前

whole world:全世界、世界全体

 

 

[A flashback begins featuring Jessie with Emily, a little girl with red hair in a ponytail and wearing a red cowgirl hat.

エミリーと一緒にいるジェシーの回想が始まる。エミリーは小さな女の子で赤毛をポニーテールにして、赤いカウガールハットをかぶっている。

flashback:フラッシュバック、過去の出来事を思い出すこと

to feature:特集する、主役にする

 

 

She picks up Jessie and carry her.

エミリーはジェシーを拾い上げて、持っていく。

to pick up:拾い上げる

 

 

She puts Jessie on a toy horse and carries them in her hand]

エミリーはジェシーをおもちゃの家に置いて、それを手で持って運んでいる。

 


 

When somebody loved me

曲の歌詞♪:誰かさんに愛されていたとき

 

 

Everything was beautiful

曲の歌詞♪:なにもかも美しかった

 

 

Every hour we spent together

曲の歌詞♪:一緒に過ごした時間は

to spent:過ごした、費やした、spendの過去・過去分詞

 

 

Lives within my heart

曲の歌詞♪:私の心の中で生きている

within:~の中に、~以内で

 

 

And when she was sad

曲の歌詞♪:彼女が悲しんでいたとき

 

 

I was there to dry her tears

曲の歌詞♪:私は彼女の涙をぬぐうために寄り添った。

to dry one's tears:~さんの涙をぬぐう

 

 

And when she was happy, so was I

曲の歌詞♪:彼女がハッピーだったら、私もハッピー

so was I:「so+動詞+主語」で同意を表すフレーズ、so do I, so have I など

 

 

今回の重要表現: so was I

この記事の中から私が重要だと思う英単語、フレーズをひとつだけ選びました。

And when she was happy, so was I

彼女がハッピーだったら、私もハッピー

so was I:「so+動詞+主語」で同意を表すフレーズ、so do I, so have I など

 

 

単語リスト

to go over:行く、(反応などを)引き起こす、(詳細に)調べる

Whatcha:"What are you"の略

doin':"going"の略

way up~:~のような高い所

to pack away:(物を箱などに)しまい込む

to hate for:~を憎む、嫌がる、嫌う

to go back:戻る、帰る

Let me guess:私が思うに、私が推測するに

buddy:仲間、親友、友達、相棒

even though:~であるけれど、~にもかかわらず

to feel like:~のように感じる、~したい気がする

alive:(形)生きていて、生存して

whoa:馬を止めるときのかけごえ、どーどー、ちょっとまって、落ち着いて

whole world:全世界、世界全体

flashback:フラッシュバック、過去の出来事を思い出すこと

to feature:特集する、主役にする

to pick up:拾い上げる

to spent:過ごした、費やした、spendの過去・過去分詞

within:~の中に、~以内で

to dry one's tears:~さんの涙をぬぐう

so was I:「so+動詞+主語」で同意を表すフレーズ、so do I, so have I など

-Toy Story 2, 映画やドラマで英語

おすすめ記事

1
2016年の私の英語っぷり!第二言語を学ぶのがどういうことなのか分かってきた気がする

さて、もう2016年の最後の日となってしまいました。 2016年の間に、3年目に ...

dog 2
勉強嫌いが英語を続ける方法①:たくさんのつながりを持つ!飽きっぽい私が英語学習を続けられている理由はたぶんコレ

ひょんなことから英語を勉強しはじめて、この秋で3年目突入。 世の中が、TOEIC ...

dog 3
勉強嫌いが英語を続ける方法 ②:英語と関係のない、より個人的な、幅広い「つながり」を持つ

  前回は、私がひょんなことから英語の勉強を始め、「なぜ自分は英語学習 ...